マリオVSブラッキー! 「レッキングクルー'98」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

今回は「レッキングクルー'98」。前回取り上げた「レッキングクルー」とは違って、対戦型落ちものパズルになっています。最初はニンテンドウパワー専用ソフトでしたが、後に通常のスーパーファミコン用ソフトとして販売されました。

» 2008年11月17日 12時30分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

ブラッキーにすっごく共感した

 前回取り上げた任天堂の「レッキングクルー」の敵は、このゲームにしか出てこないユニークなキャラクターばかりだが、中でも異彩を放っているのがブラッキーである。

 マリオ同様、ヘルメットをかぶってハンマーを持った男。壁の裏側にいるためか、ブラッキーとマリオが接触してもミスにはならない。しかしブラッキーは、裏側から壁やハシゴをたたいて、マリオを落とそうとする。逆にマリオが壁を壊して、ブラッキーを下へ落とすこともできる。

 PHASEによっては、ハシゴのない場所にマリオが落とされたり、壁を壊す前にそこへ通じるハシゴを壊されたりして、クリア不可能になってしまうこともある。要はマリオの近くに寄ってハンマーを振るだけなのだが、そのタイミングが絶妙で、憎たらしい。存在感の大きな敵キャラクターだ。

photo マリオがいる壁を裏側からブラッキーに壊されると、マリオはいちばん下まで落ちていく
photo 4ステージごとに出てくるボーナスステージでは、壁に隠されたコインを、マリオとブラッキーが探す。ブラッキーが先に見つけてしまうとボーナス点なし

 にもかかわらずブラッキーは、後のマリオシリーズに登場すらしなかった。

 そのことが、某ゲーム誌に連載されていたマンガでネタにされた。ゲームを映画に、ゲームキャラクターを俳優に見立てた世界の中で、ブラッキーは“レッキングクルーにマリオの敵役として出演したが、その後まったく売れていないゲーム役者”として描かれている。

 ファミコン創生期のキャラクターが集まる同窓会に招待されたものの、誰にも思い出してもらえなかったり、ルイージに皮肉られたりすることを想像して、結局行かなかった。この話が描かれたのが、レッキングクルー発売から8年後の1993年だ。

 それからさらに4年後。同じゲーム誌のマンガで、同じようなシチュエーションの話が描かれた。こちらは前の時とは違って、かなりシリアスなストーリーになっている。

 当時、プレイステーションに押されていた任天堂の勢いを盛り返すべく、ファミコン時代のゲームをリメイクさせようと、各キャラクターたちに提案するルイージ。それに端を発し、ゲーム業界の外側から業界の変化を冷静に見つめてきたブラッキーと、業界の内側で時代に翻弄(ほんろう)されながら、自分の居場所を見つけだそうとするルイージとの、激しい論戦が展開される。このシーンは今見ても秀逸だ。

 また、ブラッキー自身も単に売れない役者ではなく、来たるべき時に備えてトレーニングを欠かさない、仕事に対して真摯(しんし)に取り組む男として描かれている。

 ちなみにルイージの提案した企画、今ではWiiのバーチャルコンソールという形で実現しているのが面白い。レッキングクルー自体もバーチャルコンソールでダウンロードできる。

 ちなみついでにもうひとつ。ブラッキーが住んでいるという設定になっていた場所は、新宿区百人町の線路沿い。百人町の東側には山手線・埼京線・西武新宿線が、西側には中央線・総武線が通っているが、黄色い電車のほか、黄緑の電車も通っていることから、東側の線路沿いと思われる。

photo 百人町の山手・埼京・西武新宿線沿いには、東京グローブ座がある。新大久保駅から近い
photo 現在では線路沿いに高層マンションが建っているが、少し離れた所には、昔ながらの一戸建てや、小さなアパートが残っている

ニンテンドウパワーでブラッキー復活

 さて、このマンガが任天堂を動かしたかどうかは知らないが、1998年に「レッキングクルー'98」が、“ニンテンドウパワー”で発売されることになる。

 ニンテンドウパワーとは、1997年に全国のローソンで始まったゲーム配信サービス。店内の端末・Loppiにスーパーファミコンのカートリッジを入れる端子が設けられており、ここに書き換え専用のSFメモリカセットを差し込むと、Loppiを介してゲームをダウンロードできた。後にゲームボーイ用ソフトも配信されている。

 スーパーファミコンの全盛期ではなかったため、ここで配信されるゲームは懐かしの作品が中心。中古でしか手に入らないようなソフトを、品切れを気にせずに安く買えるというのが売りだった。

 だが、ニンテンドウパワーでのみ販売されたゲームも何本かある。メーカーにとっては現在のWiiウェアと同じで、小品で本数のあまり見込めない作品を、低コストで発売でき、在庫を抱えなくて済むというメリットがあった。ファミコンゲームのリメイクがほとんどだったものの、発売されていたソフトは20本以上。意外に多い。

 1997年の「平成 新・鬼ヶ島」「同級生2」に続いて、レッキングクルー'98の配信は1998年1月1日に始まった。当初はニンテンドウパワーの書き換え専用だったが、後に平成 新・鬼ヶ島とともに、通常のROMカートリッジ版も発売されている。

 店頭でソフトの書き換えができたディスクシステム、衛星放送を使ってゲームを配信したサテラビュー、そしてこのニンテンドウパワー。任天堂はたびたび、パッケージを介さずソフトウェアのデータのみを売る方法を模索してきた。それがWiiウェアとバーチャルコンソールで、遂に結実したと言えるだろう。

photo SFメモリカセット。32メガビット(4メガバイト)分のプログラムを記録できる
photo 複数のゲームを1本のSFメモリカセットに入れられる。メニュー画面で、遊ぶゲームを選ぶ
photo レッキングクルー'98はもともとダウンロード専用だったから、非常に丁寧なルール説明モードがついている

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評