連載
» 2008年11月17日 12時30分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:マリオVSブラッキー! 「レッキングクルー'98」 (1/2)

今回は「レッキングクルー'98」。前回取り上げた「レッキングクルー」とは違って、対戦型落ちものパズルになっています。最初はニンテンドウパワー専用ソフトでしたが、後に通常のスーパーファミコン用ソフトとして販売されました。

[ゲイムマン,ITmedia]

ブラッキーにすっごく共感した

 前回取り上げた任天堂の「レッキングクルー」の敵は、このゲームにしか出てこないユニークなキャラクターばかりだが、中でも異彩を放っているのがブラッキーである。

 マリオ同様、ヘルメットをかぶってハンマーを持った男。壁の裏側にいるためか、ブラッキーとマリオが接触してもミスにはならない。しかしブラッキーは、裏側から壁やハシゴをたたいて、マリオを落とそうとする。逆にマリオが壁を壊して、ブラッキーを下へ落とすこともできる。

 PHASEによっては、ハシゴのない場所にマリオが落とされたり、壁を壊す前にそこへ通じるハシゴを壊されたりして、クリア不可能になってしまうこともある。要はマリオの近くに寄ってハンマーを振るだけなのだが、そのタイミングが絶妙で、憎たらしい。存在感の大きな敵キャラクターだ。

photo マリオがいる壁を裏側からブラッキーに壊されると、マリオはいちばん下まで落ちていく
photo 4ステージごとに出てくるボーナスステージでは、壁に隠されたコインを、マリオとブラッキーが探す。ブラッキーが先に見つけてしまうとボーナス点なし

 にもかかわらずブラッキーは、後のマリオシリーズに登場すらしなかった。

 そのことが、某ゲーム誌に連載されていたマンガでネタにされた。ゲームを映画に、ゲームキャラクターを俳優に見立てた世界の中で、ブラッキーは“レッキングクルーにマリオの敵役として出演したが、その後まったく売れていないゲーム役者”として描かれている。

 ファミコン創生期のキャラクターが集まる同窓会に招待されたものの、誰にも思い出してもらえなかったり、ルイージに皮肉られたりすることを想像して、結局行かなかった。この話が描かれたのが、レッキングクルー発売から8年後の1993年だ。

 それからさらに4年後。同じゲーム誌のマンガで、同じようなシチュエーションの話が描かれた。こちらは前の時とは違って、かなりシリアスなストーリーになっている。

 当時、プレイステーションに押されていた任天堂の勢いを盛り返すべく、ファミコン時代のゲームをリメイクさせようと、各キャラクターたちに提案するルイージ。それに端を発し、ゲーム業界の外側から業界の変化を冷静に見つめてきたブラッキーと、業界の内側で時代に翻弄(ほんろう)されながら、自分の居場所を見つけだそうとするルイージとの、激しい論戦が展開される。このシーンは今見ても秀逸だ。

 また、ブラッキー自身も単に売れない役者ではなく、来たるべき時に備えてトレーニングを欠かさない、仕事に対して真摯(しんし)に取り組む男として描かれている。

 ちなみにルイージの提案した企画、今ではWiiのバーチャルコンソールという形で実現しているのが面白い。レッキングクルー自体もバーチャルコンソールでダウンロードできる。

 ちなみついでにもうひとつ。ブラッキーが住んでいるという設定になっていた場所は、新宿区百人町の線路沿い。百人町の東側には山手線・埼京線・西武新宿線が、西側には中央線・総武線が通っているが、黄色い電車のほか、黄緑の電車も通っていることから、東側の線路沿いと思われる。

photo 百人町の山手・埼京・西武新宿線沿いには、東京グローブ座がある。新大久保駅から近い
photo 現在では線路沿いに高層マンションが建っているが、少し離れた所には、昔ながらの一戸建てや、小さなアパートが残っている

ニンテンドウパワーでブラッキー復活

 さて、このマンガが任天堂を動かしたかどうかは知らないが、1998年に「レッキングクルー'98」が、“ニンテンドウパワー”で発売されることになる。

 ニンテンドウパワーとは、1997年に全国のローソンで始まったゲーム配信サービス。店内の端末・Loppiにスーパーファミコンのカートリッジを入れる端子が設けられており、ここに書き換え専用のSFメモリカセットを差し込むと、Loppiを介してゲームをダウンロードできた。後にゲームボーイ用ソフトも配信されている。

 スーパーファミコンの全盛期ではなかったため、ここで配信されるゲームは懐かしの作品が中心。中古でしか手に入らないようなソフトを、品切れを気にせずに安く買えるというのが売りだった。

 だが、ニンテンドウパワーでのみ販売されたゲームも何本かある。メーカーにとっては現在のWiiウェアと同じで、小品で本数のあまり見込めない作品を、低コストで発売でき、在庫を抱えなくて済むというメリットがあった。ファミコンゲームのリメイクがほとんどだったものの、発売されていたソフトは20本以上。意外に多い。

 1997年の「平成 新・鬼ヶ島」「同級生2」に続いて、レッキングクルー'98の配信は1998年1月1日に始まった。当初はニンテンドウパワーの書き換え専用だったが、後に平成 新・鬼ヶ島とともに、通常のROMカートリッジ版も発売されている。

 店頭でソフトの書き換えができたディスクシステム、衛星放送を使ってゲームを配信したサテラビュー、そしてこのニンテンドウパワー。任天堂はたびたび、パッケージを介さずソフトウェアのデータのみを売る方法を模索してきた。それがWiiウェアとバーチャルコンソールで、遂に結実したと言えるだろう。

photo SFメモリカセット。32メガビット(4メガバイト)分のプログラムを記録できる
photo 複数のゲームを1本のSFメモリカセットに入れられる。メニュー画面で、遊ぶゲームを選ぶ
photo レッキングクルー'98はもともとダウンロード専用だったから、非常に丁寧なルール説明モードがついている

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2006/02/news025.jpg 娘のおもちゃを落として「ごめんごめん」、娘の反応は…… 「親の方が正しいわけじゃない」と気付かされる漫画にドキッとする
  2. /nl/articles/2006/01/news106.jpg バンダイの技術力は化け物か! 最新の初心者向けガンプラが超技術の結晶 しかもお値段770円
  3. /nl/articles/2006/01/news083.jpg 「幸せにしてあげられるよう頑張ります」 Dream Amiに“新しい家族”、E-girls・鷲尾伶菜も「めちゃくちゃ可愛い」と反応
  4. /nl/articles/2006/01/news014.jpg 「泣きました」「愛犬を思い出した」 漫画“ギャルが犬を飼った話”が予想外の展開で目頭があつくなる
  5. /nl/articles/2006/01/news011.jpg 猫「すごくねむいけど下僕になでさせてあげないと……」 飼い主を思いやる猫さまが優しくてかわいい
  6. /nl/articles/2006/02/news095.jpg 怖い動画「もぺもぺ」がYouTubeにより“子ども向け”へ強制的に設定変更され作者困惑 「子ども泣く」「公式エルサゲート」
  7. /nl/articles/2006/02/news021.jpg 3分では作れない「1/1 カップヌードルプラモデル」爆誕 “疎密麺塊構造”や“中間保持機構”まで完全再現!
  8. /nl/articles/2006/02/news083.jpg 違う、そうじゃない セクシー女優・深田えいみ「なんでも教えてあげる」が期待の斜め上を突き抜けてしまう
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2005/27/news111.jpg 「永久機関がムリなのはエネルギー保存則が成り立たないから」はちょっとおかしいから、実際に作って考えてみた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた