連載
» 2008年11月17日 12時30分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:マリオVSブラッキー! 「レッキングクルー'98」 (2/2)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

対戦型落ちものパズルの隠れた名作

 レッキングクルー'98は、時代を反映した落ちものパズルになっている。ひとり用のストーリーモードと、対戦モード、トーナメントモードがある(ファミコン版レッキングクルーも収録されている)。ストーリーモードも敵キャラクターとの対戦になるあたり、コンパイルの「ぷよぷよ」を多分に意識して作られたようだ。

 フィールド内にある4色のパネルを、たたいて壊したり、ハンドルで横にずらしたりして、同じ色のパネルを3枚以上並べると消せる。連鎖消しに成功したり、同色を一度に4枚以上並べたりすると、相手フィールドに変化を起こして妨害ができる。

 妨害の内容は、そろえた色によって異なっていた。赤だと相手のフィールドにモンスターを送り込める。モンスターは真上から踏めば倒せるが、左右や下から接触すると、マリオなどのキャラクターが少しの間、操作不能になる。

 青を並べると、相手フィールドの下からパネルがせり上がる。その枚数は消した青パネルの2倍。例えば横4列に並べて消すと、相手の横4列が2枚ずつせり上がる。縦に並べて消すと、相手の縦1列に集中してパネルを送り込める。

 緑は相手のパネルを壁ブロックに変える。ブロックは1回たたくとパネルに戻るが、色は別の色に変化する。基本的には横2列のパネルがブロックに変わるが、消した数や連鎖次第では、変わるパネルはもっと増えた。

 だが最も強烈な妨害は、黄色のパネルを消した時に現れる“鉄板”。たたいても壊せない。鉄板を壊せるのは、フィールド内のパネルを追加する時、2列に1個出てくる爆弾だけだ。ただし鉄板が増えると、パネルを消しづらくなってフィールドが埋まってくるので、パネル追加のボタンは押しにくい。鉄板が自分のフィールドに現れたら、早めに消すのが鉄則だ。

photo 赤パネルで相手に送り込むモンスターは、消した枚数が多いほど強くなり、連鎖数が多いほど数が増える
photo 黒いパネルが鉄板。じわじわ効いてくるので、黄色いパネルは積極的に連鎖か4枚消しで消していこう
photo パネルを追加すると連鎖を作りやすくなるが、追加しすぎると自滅する危険性もはらむ

 パネルが消えている間にもマリオを操作できるのが、このゲームの特徴。パネルを壊すこともできるので、状況によっては連鎖中に連鎖を伸ばすことも可能だ。

 フィールド上端のラインより上にパネルが積み上がると警告音が鳴る。3秒以内にパネルを壊したり移動させたりして、ライン上のパネルを引っ込められればセーフだ。それができないと負けになる。

 1回のプレイが、落ちものパズルにしては比較的長く、5分以上かかることも多い。とはいっても、とりあえず同じ色のパネルを4枚以上消すことさえ考えれば良く、あまり複雑な連鎖を必要としないので、つい、まったりと長時間プレイしてしまう(あまり連鎖を考えていないから、長時間かかるのかもしれないが)。

 私はストーリーモードやトーナメントモードで、敵キャラとの対戦を延々数時間、ひたすらやってしまうくらいハマった。

photo 青パネルの縦攻撃を受けて1列だけパネルがせり上がる。急いでその列に行って、パネルをたたきまくろう
photo 同じ色のパネルを一度に9枚以上消すと、相手フィールドに看板が落ちて一本勝ちとなる
photo 全消しボーナスもあった。パネルを全部消すと、次の攻撃の威力が上がる

ナスビ仮面もスパナゴンも登場

 ストーリーモードでは、クッパが勝手に建てた秘密のアジトのせいで、日照権を奪われたマリオが、クッパの手下と戦ってアジトを破壊していく。

 ステージ数は、クッパとの戦いを含めても全5ステージと少ない。だがそれぞれの敵を、指示された時間以内に倒すと隠しステージが現れる。4つの隠しステージで新たな敵と戦って、最後にクッパを倒すと真のエンディングが見られるのだ。

photo 戦う前、敵がマリオに何か言ってくる。ぷよぷよで言うところの漫才デモだが、ギャグの要素はあまりない

 今回はナスビ仮面やスパナゴン、そしてブラッキーが、各ステージでのマリオの対戦相手として登場する。一方、隠しステージの敵は、おにぎりとオヤジと幽霊の少女と土偶。ちょっとシュールだ。対戦やトーナメントでは、これらの敵や、ルイージ、ピーチ姫でもプレイできる。

 レッキングクルー'98が発売されると、某ゲーム誌のマンガでもブラッキーの話の続編が描かれた。ここでのブラッキーは、ゲームの中で芝居をする役者という設定なので、レッキングクルー'98で使われる映像を撮影するストーリーになっている。

 ゲームの製作風景は、ブラッキーがレッキングクルーに出演した13年前とはまったく違っていた。広いスタジオに巨大なセットが組まれ、大勢のスタッフが忙しく立ち働く。最初はブラッキーも圧倒されたが、ルイージの作戦が功を奏し、本来の動きを取り戻していく。

 当時は、まさに映画のようにゲームの開発現場が巨大化し始めた時期。だから、ゲームを映画に、ゲームキャラクターを俳優に見立てた世界観は、現実のゲーム業界の変遷を表現するのにぴったりだった。


photo レッキングクルー'98のブラッキー。このシーンの撮影風景(あくまで、ゲームを映画に見立てた世界観の中での)が描かれている
photo “ドンキーコングは?”というツッコミはナシでお願いします

 2001年、ブラッキーはゲームボーイカラー用ソフト「モバイルゴルフ」にも登場。ケータイを通してダウンロードできるゴルファーのひとりだったが、ゲームに出演したのこれが最後だった。

 ブラッキーが初めて描かれた1993年には、既にワリオが存在していたし、その後、ワルイージというキャラクターも現れた。したがって、仮に今ブラッキーが復活したとしても、活躍できるポジションを見つけるのは難しいかもしれない。

 でもブラッキーには、マンガによって“単純なアイデア勝負でゲームが作れた時代を象徴する人物”“ゲームで悪役を演じることに、人一倍まじめに取り組む人物”という、ワリオやワルイージにはないキャラクターを与えられた。任天堂が勢いを取り戻した今だからこそ、再び何らかの形でカムバックしてほしいと思う。

 それから、レッキングクルーに続いて、レッキングクルー'98もバーチャルコンソールで出してほしい。私は今回この記事を書くために、あらためてプレイしてみたら、あらためてハマってしまい、原稿の完成がまる1日遅れてしまった(すみません……)。

 同じニンテンドウパワーの書き換え専用ソフトだった「ファミコン探偵倶楽部PART II うしろに立つ少女」のリメイク版や、「ファイアーエムブレム トラキア776」「はじまりの森」もバーチャルコンソールで出ているのだから、レッキングクルー'98もぜひ!

photo 隠しステージでマリオと戦うおにぎり。なぜ、おにぎりが……
photo 対戦モードではハンデもつけられる。対人・対COMどちらも可
photo ハマるとついつい何回も繰り返してしまうトーナメントモード

●取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた