12月3日はプレイステーションの日――「PlayStation Awards 2008」発表&授賞式

初代プレイステーションが12月3日に発売されてから15年。この記念すべき日にソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンは、「PlayStation Awards 2008」を開催。5つのゴールドプライズと1つのダブルプラチナプライズを発表した。

» 2008年12月03日 22時56分 公開
[加藤亘,ITmedia]

ダブルプラチナプライズはもちろんあのタイトル

会場はいくつかに分けられており、すべてライブ中継でつながっている

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(以下、SCE)は、日本国内でヒットしたタイトルを表彰する「PlayStation Awards 2008」を東京都港区の青山迎賓館において華やかに開催された。12月3日は記念すべき初代プレイステーションが発売された日。SCEは以後、事あるごとにこの「123」という数字にあやかって、ハードの発売日などを設定していた。そんな記念すべき12月3日をSCEは、「PlayStationの日」と制定している。

 「PlayStation Awards 2008」は、発売から2008年10月31日までの累計出荷数に贈られる賞で、今年はゴールドプライズ(累計出荷本数50万本以上100万本未満のタイトル)が5本、ダブルプラチナプライズ(累計出荷枚数200万枚以上300万枚未満のタイトル)が1本が受賞した。受賞タイトルは以下のとおり(フォーマット/社名50音順)。

ゴールドプライズ

タイトル機種発売日メーカー
METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTSPS32008年6月12日コナミデジタルエンタテインメント
CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-PSP2007年9月13日スクウェア・エニックス
PHANTASY STAR PORTABLEPSP2008年7月31日セガ
ワールドサッカーウイニングイレブン2008PS22007年11月22日コナミデジタルエンタテインメント
スーパーロボット大戦ZPS22008年9月25日バンダイナムコゲームス

ダブルプラチナプライズ

タイトル機種発売日発売元
モンスターハンターポータブル 2nd GPSP2008年3月27日カプコン

ショーン・レーデン氏は独特の言い回しで「たくさんいますが、みんな仲がいいから大丈夫ですね?」と和ませる

 冒頭、あいさつに立ったソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンプレジデントのショーン・レーデン氏は、たくさんの来場者を前に感謝を述べるとともに、12月3日が「プレイステーションの日」であることを告げる。前回の「PlayStation Awards 2007」が7月に開催されており、多少ズレこんだことにレーデン氏は、「夏は暑いし、やはり1年の終わり、しかも記念すべき日にお祝いするのが適切だと思って」と、会場を和らげる。レーデン氏は、「1、2、3の数字は我々プレイステーションフォーマットにとって意味のある数字です。12月3日が初代プレイステーションの誕生日であり、この日から15年間でゼロからプレイステーションビジネスを皆さんとともに作ってきたと考えています。こらからも日本から全世界へとプレイステーションでのビジネスを展開していきましょう」と締めくくった。


平井一夫氏。平井氏は、「PlayStation Awards」のプレゼンターも兼ねていた

 また、SCEグループCEOの平井一夫氏は今回の受賞者に祝辞を延べるとともに、「モンスターハンターポータブル 2nd G」がPSP初のダブルプラチナプライズに輝いたことや、PS2、PS3、PSPと3つのプラットフォームで受賞作品が登場したことに触れる。「今後は、この3つのプラットフォームのほか、ネットワークという4つ目のプラットフォームの充実に向け、クリエイターと協力して作品を全世界に向けて発信していきたいと思います。これから年末商戦に入り、1年で盛り上がる時期となります。我々もハードをなるべく多くのユーザーに届けるべく努力しますので、皆様も新たなチャレンジとサポートをお願いします」と、来場者にメッセージを送り総括とした。


「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」プロデューサーの今泉英樹氏は受賞について「この作品はご存じのとおり11年前に発売された『FFVII』の設定を元に、新たな試みとして開発されました。実際発売されるまでプレッシャーを感じていましたが、こうして苦労が報われました。皆さんの協力があっての受賞だと思っています」とコメント
「ワールドサッカーウイニングイレブン」からはプロデューサーの寺田敏之氏、アートディレクター田仲達也氏と永井亨氏が登壇。代表して寺田氏は「皆さんにシリーズを育ててもらい、こうして世界で戦えるタイトルになりました。しかし、この日本がホームと思っています。皆さんのためにも、PS3で帰ってこないとと感じています。(受賞したことで)いいスタートがきれたと思っています」とあいさつ
「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS」からはもちろん、監督の小島秀夫があいさつに立つ。「PS3オンリーで4年間開発してきて、結果が出せたと安堵しています。100年に一度の景気の悪さと言われていますが、こういう時こそ夢を届けられるようがんばっていきたいと思います」(小島氏) ほかにも統括プロデューサーの今泉健一郎氏とアートディレクターの新川洋司氏が登壇

「PHANTASY STAR PORTABLE」の受賞では、セガからは開発部副部長の見吉隆夫氏とプロデューサーの酒井智史氏が、アルファ・システムからは開発プロデューサーの佐々木哲哉氏が登壇。代表して酒井氏が「シリーズは20周年を迎え、まもなく21周年となろうとしています。そんな節目の年に受賞できうれしく思います。関係各位に感謝を述べたいと思います」とあいさつした
ゴールドプライズ最後の受賞は「スーパーロボット大戦Z」。バンプレストのチーフプロデューサー・寺田貴信氏は、「バンダイナムコゲームスとして2本目の作品。スパロボはプレイステーションよりは先輩で、そろそろ18年目です。今後も頑張っていきたいと思います」と常連の余裕を感じるコメントを残した。なお、バンダイナムコゲームスからは渡部隆氏と吉羽将一氏も登壇し、副賞と花束が贈られた
ずらりと並ぶゴールドプライズとダブルプラチナプライズの盾

 今回、200万本以上を販売したとしてダブルプラチナプライズに輝いた「モンスターハンターポータブル 2nd G」の受賞では、プロデューサーの辻本良三氏のほか、ディレクターの一瀬泰範氏、メインプランナーの江口勝博氏、プランナーの小嶋慎太郎氏が登壇。辻本氏は、「このような大きな賞をいただきありがとうございます。本作は約1年という短い期間で開発したこともあり、スタッフ関係者に多大な協力をいただきました。ユーザーたちが友人を誘うなど自らアピールしてくれたこと、忙しい方でも時間を割いてくれたということが自信につながりました。シリーズは5年弱と歴史は浅いのですが、こうして多くの方の支持を受けたのは、PSPに出会えたことが幸運だったと考えています」と発言。フラワーアーティストの東信氏が作り出した巨大な花のモンスターの前で記念撮影となった。

PSPでは初となる200万本を突破し、ダブルプラチナプライズを受賞した「モンスターハンターポータブル 2nd G」の発表では、斜幕の向こうで大きな生け花をするというサプライズ演出が。バイオリンによる「モンスターハンター」楽曲の生演奏の中、シルエットが徐々にモンスターへと変化していく!
フラワーアーティストの東信氏によるライブ生け花で誕生したフラワーモンスター。東氏は自身も「モンスターハンターポータブル 2nd G」のファンで、植物を200種類使い、東氏なりのモンスターを想像したと語る。いずれ機会があればこういったモンスターをゲーム中に登場させてほしいとの要望も。なお、東氏はゴールドプライズで受賞者に贈られた5つの花束アレンジも担当している

フラワーモンスターはこんな感じ。4足歩行ができるらしく、全身が花や植物に覆われている。確かに出現してもおかしくない迫力

会場となった青山迎賓館は普段はブライダル関連の施設として使われている場所。当日は、「PlayStation Awards 2008」ということで、外壁にはフラッグがはためき、内装もいたるところにPSの象徴ともいえる「○×△□」をあしらったタペストリーやテーブルカバーが。細かい遊び心も忘れていない

「PlayStation Awards 2008」の途中には、INO hidefumiによるライブや、DJによるパフォーマンスも
会場には前代表取締役の久夛良木健氏の姿も。受賞者と談笑する姿も

フラワーモンスターの足元のプレートには、久夛良木氏や平井氏、レーデン氏のお祝いのコメントが記念に残されていた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」