魅惑の太ももをとくとご賞味あれ――歴代イラストレーターが描いた、10人の「春麗」イラスト日々是遊戯

昨日に引き続き、今日も「春麗の変遷」企画をお送りします。今回はいよいよ、歴代イラストレーターによる設定イラストを一挙紹介! 昨日の投票結果も発表しちゃいます!

» 2009年02月10日 17時00分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

それぞれ誰がイラストを描いているか分かりますか?

 前回の記事では、ゲーム中のキャラクターイラストで春麗の変化を追ってみましたが、今回はお待ちかね、歴代イラストレーターが描いた春麗の設定イラストを一挙公開。すべての原点となった「AKIMAN」氏による春麗から、それを受け継いでさらに発展させた「西村キヌ」氏の春麗、さらには墨絵風のタッチを取り入れた最新の「ストIV」春麗まで、シリーズ18年間の歴史と歩み、ついでに熊とかも余裕で蹴り殺せそうなムチムチの太ももをたっぷりとお楽しみください。

 では、ややこしい前置きは抜きでさっそくどうぞ!

AKIMAN氏(安田朗氏)による「ストリートファイターII」の春麗。すべての歴史はここから始まった
西村キヌ氏にバトンタッチした「ストリートファイターII ダッシュ」。ピンクのアイシャドウが衣装によく合ってます

少しタッチが変わった「ストリートファイターII ダッシュターボ」の春麗。イラストは前作に続き西村キヌ氏が担当

こちらは水戸椎土氏による「スーパーストリートファイターII」の春麗。キリリとした目つきが素敵です
躍動感のあるアングルとポーズが印象的な「スーパーストリートファイターII X」。イラストレーターはイケノ氏

服装デザインが一新された「ストリートファイターZERO」。こちらは水戸椎土氏がふたたびイラストを担当
イケノ氏による「ストリートファイターZERO2」の春麗。こちらのコスチュームの方が好き、という人も少なくないはず

珍しく穏やかな表情で描かれている「ストリートファイターZERO3」。水戸椎土氏はこれで3作品目の担当
こちらはイケノ氏による「ストリートファイターIII 3rd Strike」の春麗。首まわりがちょっとタイトになっているものの、基本的な衣装デザインは初代を踏襲

最後はもちろん最新作「ストリートファイターIV」。墨絵風のタッチを取り入れているが、デザインについては「ストII」時代の春麗を忠実に再現

 ――ということで以上、シリーズ10作品の歴代「春麗」イラストをざざっと並べてみました。

 こうして見ると基本的なデザインは初代からほとんど変わってはいないものの、代を重ねるにつれ、また次のイラストレーターへとバトンを渡すにつれて、同じキャラクターでも描き方、見せ方としてはぐっと洗練されてきていることが分かります。あと、心なしか作品が進むにつれてますます太もものたくましさが増してきているような……。

 思えば初めて春麗がゲームファンの前に登場したのが1991年。今ではゲームキャラの中でもすっかり古参になってしまった春麗ですが、これからもその魅惑の太ももで我々を魅了し続けてほしいものです。


最後はわりと貴重な、笑顔のカットをどうぞ。出展は「ストリートファイターII」で、イラストはもちろんAKIMAN氏

「あなたの好みの春麗はどれ?」投票結果発表

image

 9日掲載の「あなたの好みの春麗はどれ?」投票結果を発表いたします!

 見事1位に輝いたのは「スーパーストリートファイターII」の春麗でした。ちなみにワタクシもこの春麗に1票を投じました。2位は予想以上に人気を集めた「ストリートファイターIII 3rd Strike」。3位はアニメっぽい「ストリートファイターZERO3」でした(棒グラフ右のカッコ内数字は投票数)。みなさんのお気に入り春麗は何位だったでしょうか。

 ご投票いただいたみなさん、ありがとうございました。今度はこのキャラで!などといったリクエストがございましたら編集部までお願いします。(実写映画版の春麗にもおダンゴヘアにしてもらいたかった+D Games編集部M)


(C)CAPCOM CO., LTD./Based on Capcom's Street Fighter Video Games


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」