あの言葉にそんな意味が! 海外ユーザーが選ぶ「本当に下品なゲームタイトル11選」日々是遊戯

一見普通のタイトルでも、ちょっと深読みすると下品に見えてしまう――。海外ニュースサイト「The BBPS」において、そんな不幸なタイトルをつけられてしまった11本のタイトルが紹介されています。

» 2009年07月29日 19時29分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

言葉にはいろんな意味があるものです

このゲームがなぜ「下品なタイトル」に!?

 日本人にとっては何てことのない言葉でも、国が変わると途端にお下品な言葉になってしまう――。ゲームに限らず、世界規模で商品・コンテンツを展開する場合にはよくあることですが、アメリカのニュースサイト「The BBPS」では不幸にもそんな“下品なタイトル”をつけられてしまったゲームタイトルをリストアップし、「11 Downright Dirty Video Game Titles(本当に下品なゲームタイトル11選)」として紹介しています。

 あくまで海外の反応ということで、日本未発売のタイトルもいくつか含まれていたりしますが、日本でも発売されているタイトルについては、タイトル名の後にカッコ書きで日本名を表示しておきました。さて、一体どんなタイトルが選ばれているのでしょうか?

11:Vagrant Story(ベイグラントストーリー)

 直訳すれば「放浪者の物語」。“vagrant”という言葉には「路上生活者」といった意味もあり、記事内では「すばらしいゲームだけどタイトルはすばらしくない」と評されています。

10:Sexy Parodius(セクシーパロディウス)

 「パロディウスというゲームについてはよく知らないが、このゲームがすごくセクシーなことは分かる」(元記事)。日本では“sexy”ってわりと普通に使われてますけどね。

9:GOLF Magazine Presents 36 Great Holes Starring Fred Couples(ゴルフマガジン プレゼンツ 36グレイトホールズ スターリング フレッド・カプルス)

 プロゴルファーのフレッド・カプルス出演が登場するゴルフゲームですが、どうやら「36 Great Holes」あたりがひっかかった模様。英語圏の人はとにかく「hole」という単語からいやらしいモノを想像しすぎだと思います。

8. Booby Kids(ブービーキッズ)

 これはもうそのまま「ばかな子供」。日本人のイメージではファンキーでかっこよさそうな印象さえ受けますが、そう言われるとひどいタイトルです。

7:Tongue of the Fatman(ファットマン※)

 直訳すれば「太った人の舌」でしょうか。きっと太った人がベロで敵をなぎ倒していくゲームなんだと思います。

6:Nuts & Milk(ナッツ&ミルク)

 これは有名。かわいいキャラクター設定とは裏腹に、“nuts”にはマニア、変人、キ○タマといった別の意味もあり、海外では昔からよくネタにされてきました。

5:Wargasm(日本未発売)

 これもそのまんま、性的快感を表す“Orgasm”とかけてあるんでしょう。「僕も『Call of Duty 4』で遊ぶ時はよく感じてるよ」(元記事)

4:Big Mother Truckers 2: Truck Me Harder(日本未発売)

 これもたぶん「狙ってやってる」系。「Truck」の最初の二文字を「Fu」に変えると大変なことに。

3:Wild Woody(日本未発売)

 “Woody”には「木製の、木のような」といった意味のほか、「勃起したペ○ス」といった意味もあるとか。元記事内でも「公の場ではプレイしないでください」と注意を促しています。

2:Sticky Balls(日本未発売)

 直訳すれば「ネバネバするボール」。まあ、言わんとしていることは分かりますが、単にこの記者の妄想力が豊かすぎるだけのような気も。

1:Leather Goddesses of Phobos 2: Gas Pump Girls Meet the Pulsating Inconvenience from Planet X!(日本未発売)

 ここまで来るともう、タイトルからゲーム内容を想像することが一切不可能なレベル。直訳は「フォボスの革の女神2:ガスポンプ少女は惑星Xからの脈動する不自由と出会う」――?? ええと、とりあえず意味はよく分かりませんが、“Leather Goddesses”とか“Gas Pump Girls”とか、下品そうなイメージだけは間違いなく伝わりました。


 ――ということで上位はほとんどが「日本未発売」タイトルという結果になりましたが、「ナッツ&ミルク」や「ベイグラントストーリー」といった、日本では普通に受け入れられているタイトルも含まれており、驚いた人も多かったのではないでしょうか。インターネットの普及によって世界はぐっと狭くなりましたが、それでも依然として言葉や文化の壁は大きいということがよく分かりますね。

 ちなみに最近では各社とも海外展開をかなり重視するようになってきており、このような「不幸なすれ違い」を避けるため、最初から海外展開を意識したタイトルをつけたり、海外ではタイトルを変えて発売するようなケースが多くなってきているようです。

※追記:「Tongue of the Fatman」は当初、日本未発売と記載していましたが、日本でもメガドライブでリリースされているとのご指摘をいただきました。ちなみに日本でのタイトルは「ファットマン」、ジャンルは2D対戦格闘ゲームで、ファットマンというのは敵のボスの名前だそうです。言われてみれば「ファットマン」というタイトルには聞き覚えがあったのですが……不覚でした。ご指摘ありがとうございました。慎んでお詫びいたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評