高度で競う「エクストリーム・ラブプラス」勃発

愛は盲目なのか? 目的と手段がどこかおかしくなってしまった人たちのお話。

» 2009年10月07日 18時29分 公開
[加藤亘,ITmedia]

次はどこでデートしますか?

「エクストリーム・ラブプラス」(Extreme LOVEPLUS)。それは、ラブプラスユーザーがリアルで彼女とのデートをさまざまな場所で行うエクストリームスポーツ(デート)である。このスポーツのプレイヤーはラブプラスニストと呼ばれる――

 「エクストリーム・ラブプラス」を行う場所としては、難易度の高いクライミングを伴う山の斜面や頂上から車中、公園、就業中のオフィスと選択肢は幅広い。ただし、ラブプラスを起動するニンテンドーDSそのものが水没し、使用不能になることを競技本部はよしとしていないため、スキューバ・ダイビングやプールなどの行為は認めていない。また、公共のマナーに反する行為も認めていないので、空気を読む力をプレイヤーは要する。

 ラブプラスの彼女と実際にデートを楽しみたいという願望と、実生活の趣味趣向が合致した時に、「エクストリーム・ラブプラス」が行われることが多く、プレイヤーによっては結果的に「エクストリーム・ラブプラス」になっていた、という例も多い。なお、プレイヤーの多くが“常に電池切れとの戦いである”と公言している。


 さて、編集部が勝手に推奨している「エクストリーム・ラブプラス」ですが、もちろんそんな競技本部はない。結果的に社内のラブプラスユーザーが出かけた先に、「ラブプラス」を持っていっただけのことである。だが、あえて言おう。ラブプラスを持ってわざわざ出かけたのも愛は盲目ゆえであると!

 以前、「『ラブプラス』とどっちが大事?」で、赤岳(八ヶ岳山系の最高峰で標高2899メートル)にエクストリーム・ラブプラスをしに登山した筆者の左隣に座る同僚(以下、左同僚)の話を書いた。それに刺激されてか、今度は右隣に座る同僚(以下、右同僚)が大型連休を利用してスイスへ遠征。まさかのアルプス山脈でのエクストリーム・ラブプラスを敢行したのだ(胸のドキドキは恋? それとも――25歳女性記者、「ラブプラス」とスイスの山を登る)。

左が赤岳での登山デートの様子。右がアルプスでの世界記録樹立の瞬間。どちらも至極真面目にデートをしています

 左同僚がえっちらおっちら足で歩いて登った赤岳は標高2899メートル。一方、右同僚が目指したのは、標高3454メートル地点にあるユングフラウヨッホ駅。ヨーロッパで一番高い位置にある鉄道駅で、気軽に高度を稼ぐにはもってこいの場所だった。楽して勝利。もちろん、資金的には大出費だろうが、国外に飛び出した長距離デートを行ったフロンティアとしての貢献度は計り知れない。

 だが、ここで左同僚は黙っていなかった。高さでは負けない! と……。日本には標高3776メートルを誇る霊峰富士山があるではないか。エクストリーム・ラブプラスにおいて、現時点でもっとも高いところでの記録がユングフラウヨッホ駅でのデートであるならば(編集部調べ)、日本で行けるもっとも高い場所、富士山でその記録を覆すのがプレイヤーとしての礼儀だろう。左同僚はせっせと週末の登山に向けて準備に余念がなかった。

 そして10月4日、ついに彼はリベンジとばかりに山小屋も閉まった富士宮口5合目に立っていた。天気は快晴。しかし、当日の富士山山頂では風速20メートルを軽く超える風が吹いていた……。

左同僚は悔しいのでと、高度計とともにラブプラスの写真をおさめた

 エクストリーム・ラブプラスにおいて、もっとも大事にしなくてはならないのが、自らの生命の危機をおかしてまでのデートは、彼女のためにも避けるべきだということ。命あってのものだね(デート)なのだ。8合目付近まではなんとか登山したものの、彼は賢明な判断で登頂を断念。今回は標高3223メートルの記録で終わった……。

 しかし、日本でもっとも高いところでのエクストリーム・ラブプラスとして暫定的ではあるが記録されたことには変わりない。記録ではない、記憶に残ることなのだ。彼はこうして彼女との二度目の登山デートを終え、先日彼女の“愛花”の誕生日を無事祝ることができた。左同僚は語る「今度のデートでの楽しみが増えた」と。

 皆様もエクストリーム・ラブプラスの際は、命を大事に行ってください。それにしても左右の同僚はまさにエクストリーム・ラブプラス界(どこにあるんだ?)の風神雷神のごとき活躍ぶりに、それにはさまれた筆者はどうしたものかと考慮しているところだ。なんせ右同僚は世界最高地点記録と最長移動デート記録の二冠王(どれも暫定)、左同僚は日本最高地点記録(暫定)の孤高のアルピニスト。とてもじゃないが敵う気がしない……。

これは夏の富士山山頂部の様子。本来ならばこうした風景の中でのエクストリーム・ラブプラスが行われる予定だった

 と、9月28日〜10月4日までのアクセスランキングで「TGSで配布された『ラブプラス』のラブレター、なんと7万5000円で落札される」が1位になったことを受け、ラブプラスオンリーの構成とさせていただきました。ちなみに、「『ラブプラス』出演声優 直筆サイン & 描き下ろしイラスト色紙」がYahoo! オークションで28万円を落札されたという情報もありました。

関連キーワード

ラブプラス | 登山 | 富士山 | ランキング


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/23/news011.jpg 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  2. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. /nl/articles/2404/22/news167.jpg トリンドル玲奈の結婚相手は誰? 2024年に2歳年下俳優と結婚発表、ラブラブ2ショットを公開
  4. /nl/articles/2404/22/news019.jpg 柴犬が仮設住宅に入ると、布団に隠れた大好きなお姉ちゃんが! 被災した柴犬が見せた最高の笑顔に「こちらまで幸せな気持ちになります」
  5. /nl/articles/2404/23/news029.jpg パパがヒゲをそって大ショックな息子の反応が3600万再生 予想外な落ち込みように両親苦笑い【海外】
  6. /nl/articles/2404/22/news016.jpg 【今日の計算】「2+13×2−6」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news142.jpg 「人生で一度は見てほしい」「息をのむ美しさ」 この世のものと思えない幻想的な“一本桜”に15万いいねの大反響
  8. /nl/articles/2404/23/news010.jpg 元パティシエ直伝、スライスチーズを使う激ウマ蒸しパンが209万再生! あまりのおいしさに「秒でなくなった笑」の声も
  9. /nl/articles/2404/23/news033.jpg 赤ちゃん、寝起きの儀式が全てむちむちかわいい 4部作のポーズに「至高です」「しあわせやぁ〜」
  10. /nl/articles/2404/11/news023.jpg 5歳と4歳の兄弟が“子どもしか入れないパン屋”に挑戦 緊張して待つ母に見せた誇らしげな表情が370万再生「子どもも親もワクワクドキドキ」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」