まさにSense of wonderなアイデアを発掘。ゲームの伝統に縛られない、個性的な9作品を一挙紹介!TGS2010【センス・オブ・ワンダーナイト 2010】(4/5 ページ)

» 2010年09月19日 12時54分 公開
[山本大樹,ITmedia]

社会的メッセージの表現として──「Ulitsa Dimitrova」

 Lea Schonfelder氏とGerard Delmas氏は、2人ともにドイツからの来日で、今回は社会へのメッセージ表現としてのゲームを発表する。そのタイトル名は「Ulitsa Dimitrova」だ。タイトル名は、ロシアのサンクトペテルブルグにある、道の名前だそうだ。主人公はこの町に住むピョートルという名の7歳の少年で、典型的なホームレスの少年が、メルセデスベンツのマークを盗んだりしている。そしてその盗んだものを使って、町の人々と物々交換をする。アル中の娼婦が立っていたり、7歳だけどタバコを買えたり、ずいぶんと荒んだ「Ulitsa Dimitrova」の模様を描いている。

 プレイヤーはこの道をずっと歩いていくことができ、主人公ピョートルの生活を見ることができる。しかし何もアクションをせず放置すると、ピョートルは疲れ、その場に眠ってしまう。次第に雪が積もっていき、最後には凍死する。プレイをやめた時点で、このゲームは終わりなのだ。

 Gerard Delmas氏によるとこれはあたかも現実のようであるという。「これは無限ループのようなもので、今の社会というものを反映しているわけですが、そのキャラクターというのは、ずっと努力をし続けなければならない。もし努力をやめたら、現実同様にお終いということになってしまいます」Gerard Delmas氏はそう解説する。

 またLea Schonfelder氏は「このゲームのコンセプトは、実際の体験に基づいています。私の弟が、サンクトペテルブルグにおいて、市民活動をしていました。そして私がたまたま弟を訪ねたところ、いろいろとロシアの印象を受けたわけです。弟が言うには、ホームレスの子供は街頭で凍死することがある、ということでした。それがソースとなったわけです」と語る。生々しいロシアの現実、さらにロシアは最近、ゲームというものを抑えるような動きがあるというのも、印象的な動きだったとのこと。先ほどGerard Delmas氏が言ったように、現実同様、何もしなければピョートルは死んでしまう。生き残るためには盗みを働いたりして、生活の糧を得なければならない。

 話を聞く限りでは、何か強いメッセージ性を秘めているように感じたが、「このゲームで、サンクトペテルブルグの現状を、改善しようとか、そのような目的があるのか?」という質問に対してLea Schonfelder氏は「私はただ単に、ピョートルという少年が、生きるための行動、生活を示したかっただけです。何もしなければ死んでしまう悲しい結果になりますが、彼は生活の中で、楽しいことも経験できるのです。私はこの作品を、プロパガンダのようには思っていません」と答えた。

ドイツからの参加となるLea Schonfelder氏とGerard Delmas氏。ゲームプレイよりも「Ulitsa Dimitrova」という通りの現状を、今の社会の縮図として詰め込んでいる
ゲームのデザインは白地に青色の線のみで描かれている。参加者からは「シュールだなあ」という声もあった

ギリシャ神話をモチーフに、ハープで感情を表現する「Orfeo: a Game in music」

 シンガポールの大学で助教授をしているRoberto Dillon氏は音楽ゲームとしての実験的なものとして、「Orfeo: a Game in music」を作ったそうだ。ギリシア神話のオウィディウスの「転身物語」から基づく物語を元に作られている。オルフェオは妻エウリディーチェを黄泉の国から取り戻すため、自ら黄泉の国に降りる事を決意する、というストーリーだ。

 プレイヤーは、オルフェオの竪琴を奏でることで、復習の神や地獄の門番などを静め、エウリディーチェの元へと進んでいく。プレイヤーは竪琴を演奏するわけだが、竪琴の弦の位置で音量を変えたり、弦を弾くスピードを変えたり、スタッカートを用いると、現在奏でている音はどの感情を表せているのかというのが、ゲームのインターフェースに表示される仕組みになっている。

 感情の分類は「幸福」、「悲しみ」、「怒り」、「恐怖」で分類されている。レベルごとに必要な感情を竪琴で表せれば、次のステージに進むことができるのだ。ただ、筆者の聞いた感想だと、演奏する音楽の内容が露骨に変わるわけではなく、わかる違いといえば、弦を弾く早さと音量くらいであった。なので、自分であたかも悲しい音楽を演奏するとか、楽しい音楽を演奏するなどは、ゲーム内ではそのような感情で処理しているだけで、耳に入る曲調は変わらない。

 あくまでも、「音楽で感情を表現し、プレイするゲーム」として、「Orfeo: a Game in music」が作られている。「普通音楽ゲームというのは、リズムにあわせるとか、正確に演奏することを求められるが、これは凄く新しい」とのコメントもあった。

Roberto Dillon氏はシンガポールの大学で助教授を務めている。音楽ゲームで感情を表すという、かなり特殊な目的に挑んだ
竪琴についての説明。弦は4本、マウスクリックで弦をはじく。その箇所によって音の大きさなどが変わり、4つの感情に作用する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評