ニュース
» 2011年06月28日 10時40分 公開

奇才・飯田和敏の次回作は「アナグラのうた」。プラットフォームはまさかの……日々是遊戯

「巨人のドシン」や「ディシプリン」などで知られる飯田和敏氏が、日本科学未来館の展示プロジェクトに関わっていることが判明。その内容とは……?

[池谷勇人,ITmedia]

あなたの情報が資源になる?

「アナグラのうた」の展示イメージ模型。展示面積は150平方メートルとかなり広め

 「巨人のドシン」や「アクアノートの休日」「ディシプリン*帝国の誕生」など、アバンギャルドな作品を数多く手がけてきたゲームクリエイターの飯田和敏氏が、この夏新たなエンターテイメントを世に送り出します。

 プラットフォームはPS3でもXbox 360でもなく、東京・お台場にある「日本科学未来館」。8月21日よりリニューアルオープンする常設展示のひとつ「アナグラのうた 〜消えた博士と残された装置〜」の演出を、飯田氏が手がけているのだそうです。「アナグラのうた」の展示ストーリーは以下のとおり。


展示ストーリー

 今から1000年後、ここはかつて空間情報科学の博士たちの研究所だった場所「アナグラ」。足を踏み入れると、自分の情報が「ミー」という影に似た姿で足元に現れます。アナグラでの行動はすべて情報となり、情報がミーを変化させていきます。そして、アナグラに残された5つの「装置」との対話を通して、空間情報科学の重要な技術が明かされていきます。最後の装置との対話を終えると、自分の情報は音楽となって、アナグラに響きわたるのです――。


 この展示のテーマとなっている「空間情報科学」とは、特に場所やヒトに関連づけられた情報を扱う科学分野のこと。私たちの身の回りでもすでに、携帯電話や電子マネーの使用履歴など様々な場面で個人情報が取得されていますが、ここからさらに一歩進めて、こうした情報を社会的資源として役立てよう、というのが「空間情報科学」の基本理念です。

 「情報が資源になる」と言われてもすぐにはピンとこないかもしれませんが、この「アナグラのうた」では参加者の行動に合わせて「ミー」が変化し、それに伴って音楽が生成されていくことで、参加者自身の情報が「資源」として役立てられていくさまを体験できるのが特徴。開発には飯田氏のほか、eスポーツプロデューサーとして知られる犬飼博士氏も関わっており、参加者の足下にリアルタイムで情報を投影するなど、インタラクティブな見せ方も見どころとなっています。

 6月25日に開催され、飯田氏も講師のひとりとして出演したイベント「夜のゲーム大学6」のなかで、飯田氏は「アナグラのうた」について次のように語りました。

「結論から言うと、今はまだ情報が資源になる、というには早すぎる。でもあと10年、20年したら、あなたの名前が貴重な情報になり、そこに価値がある世界がきっとやってくる。これまでは石油が主な資源だったけど、情報化社会の新しい資源を発見しよう、というのがこの展示のテーマ」(飯田氏)

「夜のゲーム大学6」で「アナグラのうた」について説明する飯田氏

 イベントには、共同で開発にあたったeスポーツプロデューサーの犬飼博士氏、日本科学未来館の島田卓也氏らもゲストとして登場。島田氏によれば、もともと空間情報科学をテーマにした展示にすることは固まっており、どうすれば「なぜ情報が資源になるのか」を参加者に分かりやすく体験してもらえるか――と考えた結果、エンターテイメントの専門家である飯田氏に相談することにしたのだそう。また当初はもっとほのぼのとした「ジブリ的」な世界観を考えていたものの、飯田氏に「もっと強い表現でないとエンターテイメントとして生き残れない」と反対され現在のストーリーになったとのこと。

 最初に飯田氏に相談したのが昨年4月とのことなので、準備に費やした期間は1年以上ということになります。「一緒に仕事をしたことでゲームが好きになった。ゲームの底力を学びました」と島田氏。果たしてどんな展示に仕上がるのか、今から公開が楽しみですね。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  6. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」