「RoboGames2012」に日本からドリームチームが参加した!! バトル編ロボットのオリンピック(2/2 ページ)

» 2012年08月17日 19時57分 公開
[種子島健吉,ITmedia]
前のページへ 1|2       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

動かなくなるまで破壊する、驚愕の競技「ComBots」

 「ComBots」を大雑把にいうと、相手のロボットが動かなくなるまで破壊しあう競技だ(タイムアップで判定という場合もあるが)。これだけ分かりやすいルールもないと思うのだが、実際の迫力というか過激さというか余計な説明が不要というかなんというか、そういった点でも非常にアメリカンな競技といえるだろう。

当たるの前提、壊すの前提、参加しているのはもはやロボットというより戦闘マシーンと呼ぶに相応しい「ComBots」に特化した機体である。機体重量は、100キログラム級だ(映像は、Robots Dreamsの許可を得て紹介)


こちらは戦闘フィールドの様子が分かる、ちょっと離れた観客席からの映像。これだけ当たりのある競技だと、アクシデントにより炎が上がることも。こういった点からも、日本では実現しにくいアメリカならではの競技であろう


 普通のロボット競技だとバトルで相手を壊してしまうと、勝利したほうが心配して、申し訳なさそうに「大丈夫ですか?」と声をかけるシーンを良く見かけるが、「ComBots」では自分の機体が壊れてしまっても、ガッカリしたり恨みに思ったりするという感じではなく「良くやったな!」「お前もな!」というふうに健闘をたたえ合う感じなのだそうだ。過激な競技だが、一種のスポーツマンシップのようなものが根底にあるらしい。

 ちなみにこの競技、一戦ごとにレースのピットストップのごとくパーツ交換と応急修理を行い、次の闘いに備えるため、参加には大型のロボット本体だけでなく大量のスペアパーツ、例えばタイヤなどが必要となり、各チームはトレーラーで会場にやってくる。その光景は、まさにカーレースか映画「リアル・スティール」のような世界。日本チームからも「参加してみたいね!」という話が出るそうなのだが、過激なロボット本体や大量のスペアパーツの確保などなど参加へのハードルが高く、どこから見てもアメリカ仕様な競技なため、強力なスポンサーが付いてアメリカに拠点でもできない限り参加するのは絶望的だという。

海外と日本のロボットに対する感情は違うのか?

 筆者は、欧米ではロボットは奴隷だと思っているとか、映画などでロボットが反乱を起こして人間を支配するような内容が多いとか、そういったことを良く耳にするのだが実際のところはどうなのだろうか。丸氏によると「年配の人はともかく、子供たちのキングカイザーを見る目は日本とまったく違わないと思った」そうで、アメリカ人の子供がキングカイザーの体験操縦で感激し、身体全体で喜びに打ち震えているのを見て、丸氏も感激してしまい「参加して本当に良かった!」と思ったそうだ。shibata氏も、「基本的にロボット好きは万国共通」と感じてたそうで、「日本に比べて子供の反応が、喜ぶにしても、怖がるにしてもとても素直だった」そうだ。

 そのほか「RoboGames2012」に参加して、トコトコ丸の網野氏は「お客さんがロボット慣れしていないので、何をやっても喜んでもらえる」のが新鮮に感じたそうで、トコトコ丸の演舞をはじめた頃のことを思い出したと振り返る。

 来年への課題として、やはり“言葉の壁”を問題とする参加者が多かった。ロボットのデザインや動き、パフォーマンスに関しては言葉の違いを超越した魅力が大いに来場者に伝わったと思われるのだが、来場者から質問されたときなどなかなか明確に回答することができなかったり、技術的なことは説明できてもいわゆる世間話になったときにうまく話題に混じることができないことがあったという。また、言葉以外でも、観客全員参加型デモを行うなど工夫のしどころはまだまだあるという。

 最後に海外とのコラボレーションも含め、開催期間のみならず開催前から「RoboGames2012」に精力的に参加したshibata氏にコメントをもらったので、本稿のまとめとさせていただく。

 ロボットを持って、さらに持ち出しで海外の競技会に参加するのはとても大変なことです。「Team Robot Japan」は、多くの日本とアメリカと世界の仲間たちの協力で「RoboGames2012」へ参加できました。それらすべての人々に感謝を送ります。去年と今年と「Robogames」に行って私が確信したのは「世界の人々は日本のロボットを待っている!」ということ。ロボットビルダーにとって、日本に閉じこもっていては見られない景色が海外に用意されているのです。この記事を読んで、ひとりでも多くの人に「RoboGames」に興味をもってもらえる、そして、「一緒に行こう!」と手を挙げてくれる仲間が増える、ということがあれば本望です。

画像 画像提供:Robots Dreams

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」