ニュース
» 2011年09月28日 18時27分 公開

日々是遊戯:面白いゲームってどういうこと? ゲームの「面白さ」をもしも数値化できたら――という試み

ゲームを面白いと感じるかどうかは、人によって大きく異なるもの。仮にもし、その「面白さ」を数値で測ることができたら……?

[池谷勇人,ITmedia]

そのゲーム、本当に「面白い」ですか?

 世の中には面白いゲームもあれば、そうでないゲームもあります。しかし一口に「面白い」といっても、その基準は個人の主観によってまちまち。例えば誰もが納得できるような形で、ゲームの面白さを計測することはできないのでしょうか?

 そんな疑問に答えを出すべく作られたのが、今回紹介する「RippleMusic」というWebゲーム。内容自体はシンプルなリズムアクションゲームですが、面白いのはこのゲームが「ゲームの面白さを測る」という実験のために作られたという点です。

 遊び方は、画面に現れる大きな円が、小さな円と重なった時にタイミングよくクリックしていくだけ。最初はベースとバスドラムだけですが、ミスせずに続けているとピアノやハイハットといったほかの楽器が加わっていき、どんどんBGMが豪華になっていきます。

 ゲームは4回1セットになっており、ランダムに「確実につまらないゲーム」か「もしかしたら面白いかもしれないゲーム」が選ばれる形となっています。それぞれどのように違うのかは伏せておきますが(実験結果に影響を与えてしまうため)、プレイするにあたって特にどちらかを意識する必要はなく、面白くなかったり、途中で飽きてしまったりしたら「次の試行へ」ボタンを押してしまえばOK。すべての試行が終わると、プレイ中のマウスやキー入力が結果として送信され、実験に役立てられるという仕組みです。

徐々に小さくなっていく大きな円が、小さな円と重なったタイミングでクリック! ちゃんと円にカーソルを合わせる必要があるので注意

 制作者は以前、ゲーム制作雑誌「がまぐ!」の編集長として紹介した、ゲームクリエイターの土本強さん。ゲームは9月26日に公開されたばかりですが、土本さんによれば、今のところ「“飽きた”もしくは“諦めた”瞬間はかなり露骨に現れています」とのこと。特に、急激に難易度が上昇し、ゲームにまったく対応できなくなってしまった場合に、そのままゲームオーバーになるのを待つか、もしくは「次の試行へ」ボタンを押してしまう人が多いのだそうです。

「うまくいけば、『面白いゲーム』の数値化ができるかも」と土本さん。これが実現すれば、面白いゲームの開発に役立つのはもちろんのこと、例えばゲームを作る前にその面白さを測ったり、また作っている最中の迷走を防いだりすることも可能になるのではとしています。

 土本さんは現在、放送大学の卒業研究用に「ゲームの面白さ」について調査しており、この実験もその一環として行われているもの。記録の内容については十分に精査し、今後論文もしくは、それを応用した新ゲームとして発表していきたいとのことです。

ゲーム制作雑誌「がまぐ!」の最新号。電子書籍形式となっており、サイトから無料でダウンロードして読むことができます

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた