マジシャン泣かせなネット配信だけど――伝統芸能「手妻」の若き継承者はニコ動で羽ばたく実はニコ厨(2/2 ページ)

» 2011年11月29日 11時00分 公開
[笹山美波,ITmedia]
前のページへ 1|2       
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 実際、会場には一般客用の250席が埋まるほど人が詰めかけていた。公演前に藤山さんが「許可の無い写真撮影、スマフォやタブレットなどでの動画視聴はどんどんやってください。Twitterでつぶやく際のハッシュタグは〜」と案内すると、笑ったりスマートフォンを取り出したりする人が半分ほどいた。公演の合間には、プロジェクターでニコ生の画面を映しながらトークしたり、ニコ生のアンケート機能を使ってネットの視聴者と掛け合いしたりする時間もあった。

 ニコ生の来場者数は3758人、コメント数は8367件に上り、大いに盛り上がった。藤山さんはニコ生について、コメントで盛り上がりを可視化できるのが魅力だと、熱く語る。公演を会場で見ると楽しいのは「みんなで一緒に見て、一緒に拍手をして盛り上がるから」。同じような環境をニコ生でなら再現できると感じている。


画像 会場には満席に近いほどの来場者が詰めかけた
画像 藤山さんは公演前の挨拶で「たばこ吸われる方、シーシャ吸われる方は外へ行ってくださいね」と笑いを誘い、会場も視聴者も大喜びだった
画像 公演は三味線演奏家の杵家七三さんと共同で開催。2部構成で、第1部を杵家さんが務め、「剣の舞」や日本の民謡を演奏した。杵家さんも藤山さんの影響でニコニコ動画に演奏の動画を投稿している


画像 演目の合間のトークでは、舞台に設けたプロジェクターでニコ生の放送を投影。藤山さんが「ぬるぽ」と言うと、動画には「ガッ」とたくさんのコメントが流れた。“ニコ厨”である藤山さんならではのパフォーマンス
画像 第2部では杵家さんらの演奏に合わせ、藤山さんが手妻を披露。紙が卵やひよこに変化する手品「慶紙の扱い」をはじめ、お客さんとコミュニケーションしながらトークマジックを披露
画像 全ての演目が終わり、ほっとした表情の藤山さんと杵家さん。藤山さんは「演出、広報、チケット、照明、表方から裏方まで全てやってまいりました」と制作秘話を明かす

動画が取得できませんでした

4色の砂を水を入れた器に全て入れて、別々に取り出す手品「四色砂」

動画が取得できませんでした

複数の金属の輪っかで知恵の輪のような演技をする「金輪切」

動画が取得できませんでした

ニコ動でも有名な「ダブルラリアット 回ってみた」こと「金輪舞」!

「動画配信は本来マジシャン泣かせなものでございます」

画像 藤山さんは動画の再生回数が伸びるほど「困る」そう。なぜなら「次の動画でそのPVを抜けるかなぁと不安になるから」

 藤山さんいわく、手妻は今「人気も認知度もない」状態だ。手妻を盛り上げるためには、動画配信などの手段で手妻を見たことのない人との接点を広げることが重要だと考えている。だが、動画配信は本来「マジシャン泣かせ」なもの。繰り返し視聴したり、コマ送りしたりできるため、見れば見るほど手品への驚きが減る上、タネがばれる可能性もある。それでもニコ厨な藤山さんは、手品師として動画配信にどう向きあうか考え続けてきた。

 解決のヒントとなったのは、「新世紀エヴァンゲリオン」や「攻殻機動隊」など、藤山さんが何度見ても飽きないというアニメたち。ストーリーにたくさん盛り込まれた伏線が「繰り返し見るほどに魅力を発見できる」という面白さを引き出していると気づいた。そして手妻にも同じように伏線の要素「見立て」があることを思い出したとき、この特徴を生かせば手妻も「時代に適応できる」と確信したという。

 見立てとは、手妻を繰り返し見ると発見できる細かな仕掛けのことをいう。例えば「蝶のたはむれ」という演目は、扇子で紙切れを落ちないように飛ばしているだけに見えるが、紙切れを花に乗せることで蝶をイメージさせている。2枚になった紙切れが、雄と雌の蝶だとすると、2枚の扇子で重ね合わされた型は「蝶の結婚」にも見える。そして、演目の最後にまかれる紙吹雪は2匹の蝶の子供たちを示す、といった具合に描写が奥深いのだ。

 藤山さんは、手妻を繰り返し見ていくうちに「何かの見立てに気づくことが面白く、その見立てに気づくことで別の見立ての型が見えてくる。その気づきこそが魅力」と語る。記者もそう言われると「そういえば」と演目を思い出し、もう1度見てみたくなった。もちろん、型や所作の美しさも「何度見ても飽きない手妻の魅力」の1つだ。

 ネットでの動画配信は「テレビで自分の特番を組まれるのと同じくらいの価値がある」と話す。今後もにぎわい座でライブ配信できるよう働きかけるつもりだ。ほかの手品師に対しては「(ネタがばれるのを)怖がらずにどんどんやるべき」とエールを送る。これからは「ネットに対応した芸を育てる」という目標も掲げている。

「皆さんもっと僕で遊んでください」

 “よきニコ厨”として、伝統芸能・手妻の継承者として、手妻を「現代に生かすため」にニコ動を利用し奔走する藤山さん。インタビューの最後にニコ動の視聴者や、ねとらぼ読者にメッセージをお願いしますと言うと、「皆さんもっと僕で遊んでください」とお決まりのドヤ顔で、芸人らしくオチをつけてくれた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」