ニュース
» 2011年11月29日 11時00分 公開

実はニコ厨:マジシャン泣かせなネット配信だけど――伝統芸能「手妻」の若き継承者はニコ動で羽ばたく (2/2)

[笹山美波,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 実際、会場には一般客用の250席が埋まるほど人が詰めかけていた。公演前に藤山さんが「許可の無い写真撮影、スマフォやタブレットなどでの動画視聴はどんどんやってください。Twitterでつぶやく際のハッシュタグは〜」と案内すると、笑ったりスマートフォンを取り出したりする人が半分ほどいた。公演の合間には、プロジェクターでニコ生の画面を映しながらトークしたり、ニコ生のアンケート機能を使ってネットの視聴者と掛け合いしたりする時間もあった。

 ニコ生の来場者数は3758人、コメント数は8367件に上り、大いに盛り上がった。藤山さんはニコ生について、コメントで盛り上がりを可視化できるのが魅力だと、熱く語る。公演を会場で見ると楽しいのは「みんなで一緒に見て、一緒に拍手をして盛り上がるから」。同じような環境をニコ生でなら再現できると感じている。


画像 会場には満席に近いほどの来場者が詰めかけた
画像 藤山さんは公演前の挨拶で「たばこ吸われる方、シーシャ吸われる方は外へ行ってくださいね」と笑いを誘い、会場も視聴者も大喜びだった
画像 公演は三味線演奏家の杵家七三さんと共同で開催。2部構成で、第1部を杵家さんが務め、「剣の舞」や日本の民謡を演奏した。杵家さんも藤山さんの影響でニコニコ動画に演奏の動画を投稿している


画像 演目の合間のトークでは、舞台に設けたプロジェクターでニコ生の放送を投影。藤山さんが「ぬるぽ」と言うと、動画には「ガッ」とたくさんのコメントが流れた。“ニコ厨”である藤山さんならではのパフォーマンス
画像 第2部では杵家さんらの演奏に合わせ、藤山さんが手妻を披露。紙が卵やひよこに変化する手品「慶紙の扱い」をはじめ、お客さんとコミュニケーションしながらトークマジックを披露
画像 全ての演目が終わり、ほっとした表情の藤山さんと杵家さん。藤山さんは「演出、広報、チケット、照明、表方から裏方まで全てやってまいりました」と制作秘話を明かす

4色の砂を水を入れた器に全て入れて、別々に取り出す手品「四色砂」

複数の金属の輪っかで知恵の輪のような演技をする「金輪切」

ニコ動でも有名な「ダブルラリアット 回ってみた」こと「金輪舞」!

「動画配信は本来マジシャン泣かせなものでございます」

画像 藤山さんは動画の再生回数が伸びるほど「困る」そう。なぜなら「次の動画でそのPVを抜けるかなぁと不安になるから」

 藤山さんいわく、手妻は今「人気も認知度もない」状態だ。手妻を盛り上げるためには、動画配信などの手段で手妻を見たことのない人との接点を広げることが重要だと考えている。だが、動画配信は本来「マジシャン泣かせ」なもの。繰り返し視聴したり、コマ送りしたりできるため、見れば見るほど手品への驚きが減る上、タネがばれる可能性もある。それでもニコ厨な藤山さんは、手品師として動画配信にどう向きあうか考え続けてきた。

 解決のヒントとなったのは、「新世紀エヴァンゲリオン」や「攻殻機動隊」など、藤山さんが何度見ても飽きないというアニメたち。ストーリーにたくさん盛り込まれた伏線が「繰り返し見るほどに魅力を発見できる」という面白さを引き出していると気づいた。そして手妻にも同じように伏線の要素「見立て」があることを思い出したとき、この特徴を生かせば手妻も「時代に適応できる」と確信したという。

 見立てとは、手妻を繰り返し見ると発見できる細かな仕掛けのことをいう。例えば「蝶のたはむれ」という演目は、扇子で紙切れを落ちないように飛ばしているだけに見えるが、紙切れを花に乗せることで蝶をイメージさせている。2枚になった紙切れが、雄と雌の蝶だとすると、2枚の扇子で重ね合わされた型は「蝶の結婚」にも見える。そして、演目の最後にまかれる紙吹雪は2匹の蝶の子供たちを示す、といった具合に描写が奥深いのだ。

 藤山さんは、手妻を繰り返し見ていくうちに「何かの見立てに気づくことが面白く、その見立てに気づくことで別の見立ての型が見えてくる。その気づきこそが魅力」と語る。記者もそう言われると「そういえば」と演目を思い出し、もう1度見てみたくなった。もちろん、型や所作の美しさも「何度見ても飽きない手妻の魅力」の1つだ。

 ネットでの動画配信は「テレビで自分の特番を組まれるのと同じくらいの価値がある」と話す。今後もにぎわい座でライブ配信できるよう働きかけるつもりだ。ほかの手品師に対しては「(ネタがばれるのを)怖がらずにどんどんやるべき」とエールを送る。これからは「ネットに対応した芸を育てる」という目標も掲げている。

「皆さんもっと僕で遊んでください」

 “よきニコ厨”として、伝統芸能・手妻の継承者として、手妻を「現代に生かすため」にニコ動を利用し奔走する藤山さん。インタビューの最後にニコ動の視聴者や、ねとらぼ読者にメッセージをお願いしますと言うと、「皆さんもっと僕で遊んでください」とお決まりのドヤ顔で、芸人らしくオチをつけてくれた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた