ニュース
» 2013年01月29日 10時13分 UPDATE

ちょっとこの世の地獄に行ってきた (2/2)

[廣渡朝子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

鬼山地獄

ah_jigoku18.jpg 鬼がお出迎え

 別名「ワニ地獄」とも呼ばれている鬼山地獄。温泉熱を利用してワニを飼育している。約70匹のワニを飼育しているそうで、一面ワニ・ワニ・ワニ。地獄という言葉の響きにワニの凶暴なイメージはよく似合う……と思ったが、ワニはでろっと寝ていた。

ah_jigoku19.jpgah_jigoku20.jpg 思いの外のんびりしておられたワニのみなさん

白池地獄

 白池地獄には青みを帯びた白色の池がある。こんな色になるのは、噴出時は透明なお湯が、池に落ちたときに温度と圧力の低下により青白く変化するからだそう。濁り湯温泉のように見えて思わず浸かりたくなるが、温度は95度。大変なことになるので入ってはいけない。

ah_jigoku21.jpgah_jigoku22.jpg こんな温泉あるよね〜(入れません)
ah_jigoku23.jpg 熱帯魚館もあり、人食い魚ピラニアやアマゾンの大王魚ピラルクなどが飼育されている。ピラルクはでかかった

龍巻地獄

 別府市の天然記念物にも指定されている間欠泉。一定の間隔で地中の熱水が豪快に噴出する様子はなかなかの迫力で、ちょっとしたショーだ。屋根で止められているが、50メートルほど噴き出す力があるという。

ah_jigoku24.jpg ドドっと噴出するお湯

血の池地獄

 最後に紹介するのは最も地獄らしい地獄「血の池地獄」。酸化鉄や酸化マグネシウムなどを含んだ赤い熱泥のため池一面が赤く染まっている。もうもうと煙を上げる赤い熱泥は、亡者がうようよしていてもおかしくない風情。まさに昔話に出てくるような地獄の雰囲気あふれる光景だった。

ah_jigoku25.jpg まさに地獄!
ah_jigoku26.jpgah_jigoku27.jpg

おまけ:地獄グルメ

 地獄めぐりでは温泉の熱を利用したグルメも味わうこともできる。ゆで卵や蒸しパン、名物「地獄蒸焼プリン」など、味は極楽だ。

ah_jigoku28.jpgah_jigoku29.jpgah_jigoku30.jpg 温泉といえば卵(左)。蒸しパン(中央)に地獄蒸焼プリン(右)も美味

 いくつかの地獄には足湯を楽しめるスポットもある。いかにも地獄という光景を堪能しつつも、ちょっとした極楽も楽しめるところだった。

別府地獄めぐり

入場料(共通観覧券):大人2000円

営業時間:午前8時〜午後5時


関連キーワード

温泉 | たまご | プリン | 観光


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.