ニュース
» 2013年12月05日 15時55分 公開

文化庁メディア芸術祭、マンガ部門の大賞に「ジョジョリオン」

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」がアニメーション部門優秀賞に。

[ねとらぼ]

 第17回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が12月5日、発表された。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」「ジョジョリオン ―ジョジョの奇妙な冒険Part8―」などが受賞作に名を連ねた。

 文化庁メディア芸術祭はアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するというもの。マンガ部門では「ジョジョリオン ―ジョジョの奇妙な冒険Part8―」(荒木飛呂彦)が大賞に。優秀賞は「昭和元禄落語心中」(雲田はるこ)、「それでも町は廻っている」(石黒正数)、「ちいさこべえ」(望月ミネタロウ/原作:山本周五郎)、「ひきだしにテラリウム」(九井諒子)となっている。

ジョジョリオン

 アニメーション部門では「はちみつ色のユン」(ユン/ローラン・ボアロー)が大賞を受賞、優秀賞は「有頂天家族」(吉原正行)、「ゴールデンタイム」(稲葉卓也)、「サカサマのパテマ」(吉浦康裕)、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」(庵野秀明)となっている。

はちみつ色のユン

 エンターテインメント部門は、1989年のF1日本グランプリ予選でのアイルトン・セナの走行データをもとにエンジン音を再現したホンダの「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」が、アート部門は電磁波を使ったメディアインスタレーション「crt mgn」(Carsten NICOLAI)が大賞を受賞。またジャーナリストの津田大介さんによるネット投票サイト「ゼゼヒヒ」がエンターテインメント部門新人賞、コミティア実行委員会代表の中村公彦氏が功労賞に選ばれている。

crt mgn
Sound of Honda / Ayrton Senna 1989

 2014年2月5日からは国立新美術館や東京ミッドタウンなど複数の会場で受賞作品展を開く予定。受賞作の一覧と詳細は公式サイトで見られる。

「昭和元禄落語心中」の作者名が間違っておりましたのでお詫びして訂正いたします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響