ニュース
» 2015年01月27日 13時32分 公開

カリフォルニア大学、ゆで卵を“生卵”に戻す新しい方法を発明

白いのが透明に……戻る……だと?

[太田智美,ねとらぼ]

 アメリカ合衆国のカリフォルニア大学アーバイン校(以下、UCI:University of California, Irvine)とオーストラリアの化学者らは1月23日(米国時間)、ゆで卵を“生卵”に戻す方法を発明したと雑誌「ChemBioChem」で発表した。


画像 Steve Zylius / UC Irvine

 卵は熱を加えると、たんぱく質が固まって光が乱反射し白く見える。これを再び生卵のように透明に戻すには、これまでの方法では分子レベルでの透析(とうせき)を約4日間行わなければならなかった。

 しかし今回発表された方法は、固まったたんぱく質に尿素を加えて液化し、その後機械で圧力をかけて小さなタンパク質の塊をバラバラにするというもの。この方法であれば多くの時間や費用を費やさなくても、ゆで卵を生卵のような透明な液状に戻すことが可能になる。


画像 プレスリリース

 UCIは特許を申請。これらの技術を応用すれば大腸菌などのタンパク質を安価に速く作り替えられ、癌治療などの医療にも応用できるとしている。

 「私たちは卵の加工に興味があるわけではない。それは1つのデモにすぎない」(UCI ワイス教授)。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/08/news030.jpg 「子猫がとうとうトイレまでついてくるようになった」 甘えん坊な子猫ちゃんが“絵画のように美しい”と話題に
  2. /nl/articles/2105/09/news005.jpg まだ生後5カ月の子犬が……人間サイズでデカモフ! ホワイトシェパードの成長っぷりが想像を超えてくる
  3. /nl/articles/2105/09/news021.jpg 「シュール笑いの構成が完璧」 滑り台を撮影した5秒の動画に50万“いいね”、「違う、お前じゃない」のツッコミ続出
  4. /nl/articles/2105/09/news020.jpg 在宅勤務中、玄関から物音が→まさかの犯ニャンに驚愕! 必死にドアを開けようとする近所の猫ちゃんが目撃される
  5. /nl/articles/2105/09/news006.jpg 「秋葉原駅で降りると思われた屈辱!」 オタクな殺人犯の動機が繊細過ぎる漫画が一部の人の心に刺さる
  6. /nl/articles/2102/04/news101.jpg 「女優さんかと思った」「卓球界のシンデレラ」 石川佳純、プロが仕上げた“ガチ美人”ショットに絶賛の声
  7. /nl/articles/2105/08/news035.jpg 「良い味出してる」「すんごい欲しい」 目を離したら「うわぁっ!」っとなるカップ麺の蓋ストッパーが話題に
  8. /nl/articles/2105/09/news031.jpg 藤田ニコル、23歳で約700万のメルセデス・ベンツGLBを購入 2000万円の予算に比べ「安く感じてる」
  9. /nl/articles/2105/09/news023.jpg オリラジ藤森、“笑顔のかわいいマネジャー”とびちゃんに高級車を購入 ファンは「絶対彼女より大切になってる」
  10. /nl/articles/2105/07/news100.jpg スタバやドトールの「コーヒー1杯の値段に対する気持ち」を表した図に共感の声 味にこだわらない人はこう思ってる?