ニュース
» 2015年01月23日 11時00分 公開

卵の黄身が濃厚でモッチモチに たった一手間加えるだけの「冷凍卵」が衝撃的なウマさだったねとめし

ネットで話題の「冷凍卵」。卵を冷凍庫に入れるなんて……と驚くなかれ。衝撃的なウマさになるから!

[池田園子,ねとらぼ]

 昨年末からネット上でじわじわ話題になっていた「冷凍卵」。NHKの情報番組「あさイチ」で取り上げられるや否や、注目度は急上昇。何でも生卵をフリーザーバッグなどに入れて冷凍すると、黄身がモチモチプリプリになっておいしいのだと言う。SNS上でも「作ってみた」といった投稿が目立つ。

 最初に「冷凍卵」というフレーズを耳にしたとき、正直脳内で一瞬の間を置いて「へっ?」「はいっ?」となった。冷凍に適さない食材は数あれど、卵なんてその最たるものなのでは……と考えていたのだ。

 しかし、そんな固定観念を壊すのが、この冷凍卵。ここまで話題になっているのだから、ぜひ挑戦してみなければ、と思い「【あさイチ】凍らせるだけでモチモチの食感に!? “冷凍卵”が話題」(Togetter)の情報を参考に、いつぞやも挑戦した「卵の黄身漬け」を、冷凍卵で作ってみることにした。


画像 完成した「冷凍卵の黄身漬け」。黄身が立ってる!


ヒビ割れは気にしなくてOK! 丸1日冷凍庫へ

 材料は卵と「黄身漬け」用のしょうゆとみりん。まず卵を冷凍するため、表面を軽く洗い流して(雑菌が気になるため)、フリーザーバッグにそっと入れて冷凍庫へ。冷凍庫に並ぶほかの食材の中で、明らかに異彩を放っている。


画像 卵をフリーザーバッグに入れて……

画像 冷凍庫へイン!

 なぜか猛烈に心配になった。凍らせると割れるんじゃないか、割れてグチャグチャになっていたらどうしよう……など不安が募り、3時間後に冷凍庫を開けた。すると、大きなヒビが入っている。


画像 3時間後。なんかヒビが……

 やはり卵を凍らせるのは、肉や魚、野菜を凍らせるのとはワケが違うのだろう。それから待つこと丸1日。ようやく冷凍庫から出せるときがやってきた。


画像 丸1日冷凍したのがこちら

 昨日よりもヒビが大きくなっていて、隙間から黄身が見える状態だ。ここで2度目の不安に襲われる。割ったときに黄身がドロッと出てきたらどうしよう……と。冷凍した卵を調理するなど、人生初の経験なのでついそわそわしてしまう。

 まずフリーザーバッグから取り出した卵に、軽く流水を当てながら、ヒビ割れ部分からそっとむきはじめる。ゆで卵をむくときと同様、ただ普通にむくよりも、流水があるおかげでむきやすくなる。しばらくむいていくと、薄黄色をした氷の塊が中から出てきた。


画像 殻をむくと表面は薄黄色


20分漬け込むだけ! クリーミーな黄身漬けが完成

 これが冷凍卵か……。3個すべてをむいて、ボウルに入れて自然解凍させる。だが、このときも気が気でなかった。「変に解凍しすぎると、黄身がドロッと形を崩してしまうのではないか」「白身と分離できないのではないか」など、慣れないことのため、いろいろな心配が次々と頭に浮かんでしまうのだ。


画像 コラーゲンボールのような見た目

 40〜50分ほどかけて自然解凍させた後は、半透明な白身と黄身を分離すべく、手でシャリシャリした白身をむいていく。卵黄膜部分を中心としたぬるっとした感触が「あぁこれは卵なんだ」と思い出させてくれる。


画像 白身と黄身を分離する

画像 黄身だけを取り出した状態

 取り出した黄身はボールのようにころんとした触感で固かった。こんな黄身、いまだかつて持ったことがない。続いてしょうゆとみりんを混ぜ合わせたつゆに黄身を漬けて、20分ほど置く。その間に一度黄身を裏返して、まんべんなく味が付くようにした。


画像 しょうゆとみりんで漬け込む

画像 途中で一度ひっくり返す

 黄身漬けを作るには通常2日ほどかかるが、冷凍卵の場合わずか20分程度で完成する。その原理はブログ「テレビ番組☆最新・お得情報☆紹介ブログ」で説明されている。

「黄身の周りにある薄い卵黄膜は冷凍して解凍することで、ダメージを受けます。するとその組織がゆるみ、膜にすき間が生まれるので、しょうゆなどの調味料の成分が中に入りやすくなります」(「テレビ番組☆最新・お得情報☆紹介ブログ」より引用)


画像 完成! 黄身がでろーんとならず、球形のまま立っている

画像 ハシを入れるとモッチモチ! いただきまーす

 さっそく完成した黄身漬けを食べてみる、つゆの味がしっかり染み込んでいるのはもちろん、高級チーズのような濃厚さやモチモチ感に衝撃を受けた。表面はひんやりしているが、歯ごたえはもっちり、それが口の中でとろ〜りとまろやかに溶けていく……。まだちょっと凍っているのではと心配したが、ちゃんと溶けていて一安心。何個も食べたいと思うほどクセになる味わいで、思わず3個すべて平らげてしまった。

 簡単に作れて時短にもなり、しかも高級なお味になる「冷凍卵の黄身漬け」。一度挑戦してみてはいかがだろうか。


池田園子



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/20/news021.jpg 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  2. /nl/articles/2402/20/news025.jpg 9歳娘、パパへの“謎のお願い”が「今だけのかわいさ」と260万再生 その後ママの思わぬオチにも笑ってしまう
  3. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  4. /nl/articles/2402/20/news026.jpg 赤ちゃんの目の前で、パパとママが寝たふりをしてみたら……? もん絶級の“検証結果”に「かわいすぎ!」と共感の声【海外】
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/20/news014.jpg メカブを持ち帰ろうと思ったら…… 予想外の展開とおいしいオチが460万件表示「海老で鯛を釣るならぬ…」
  7. /nl/articles/2402/20/news154.jpg 「肉の万世」秋葉原本店の閉店で「パーコー麺どうなるの?」と不安広がる もう食べられないのか聞いた
  8. /nl/articles/2401/17/news044.jpg 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  9. /nl/articles/2402/20/news135.jpg マドンナ、ワールドツアー中にステージで盛大に転倒 さすがの神対応に「まさにスーパースター」「これがプロってもの」
  10. /nl/articles/2402/19/news035.jpg 猫の飼育に猛反対していた雷親父が今では…… オチ完璧な現在の姿に6万いいね「もはや猫と一体化」「見事に懐柔されて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」