ニュース
» 2014年10月03日 09時00分 公開

重曹がキーマン! インスタント麺をちゅるんちゅるんの「打ちたて生麺」風に大変身させる裏ワザレシピねとめし

「重曹」をちょい足しするだけで、インスタント麺が驚きの食感に……!

[池田園子,ねとらぼ]

 秋が深まるにつれ、徐々に高まってくる「ラーメン欲」(筆者だけ?)。まさに今こそ熱々のラーメンが欲しくなる季節だ。ラーメンといえば、街中で豚骨臭を嗅いだときはもちろん、自宅で夜中に小腹が空いたときに、なぜか猛烈に食べたくなるメニュー。

 でも家にはインスタント麺しかない……。インスタント麺もそれはそれでウマいが、もっと「お店クオリティ」に近づけられたらいいのにと日々感じていた。

 そこでネット上で情報を探してみると、NHKの「ためしてガッテン」で「即席ラーメンを打ちたて生麺のように変身させる魔法ワザ」が放送されていたらしい。


画像 仰天!食卓の魔法SP(「ためしてガッテン」番組サイト)

 その魔法ワザとはなんとも簡単で、インスタント麺をゆでるときに重曹を入れるだけでOKだというのだ。重曹!? 鍋が焦げたときや湯のみの茶渋を取るときのために常備しているけど! 食べ物にも使えるの? 使っちゃっていいの? 重曹=お掃除グッズとしか認識していなかったおバカな筆者だが、「これは使える!」と確信した。

 同放送は非常に話題になったようで、Togetterにも「【仰天!食卓の魔法】 即席ラーメンを打ちたて生麺のように変身させる技」として、実践した人の声が数多く集まっている。

 Twitter上では、実際に作ってみた人から「麺が結構もちもちになってる」「モチモチっていうか、モチャモチャっていうか」「すげぇ〜とてもいつも食べている安いインスタントラーメンとは思えん」など感動の声がいくつも寄せられている。

 これはやってみるしかない! そこで今回はTogetterの情報を参考に作ってみた。




沸騰した湯に重曹を入れるだけ

 用意する食材は、インスタント麺(スープ付き)、お好みでチャーシューやメンマ、ネギ、スイートコーンなど。そして今回のキーマンとなる重曹。我が家にある100均で購入した重曹の裏側をあらためて見ると、掃除や洗濯の用途のほか、「お料理やお菓子作り」にも使えるという。


画像 インスタント麺と重曹。100均で3つ100円だったインスタント麺を使う

画像 お好みでトッピングを用意しよう

 野菜をゆでてアク抜きしたいときやオムレツをふんわりさせたいとき、肉や魚をやわらかく仕上げたいときなど……最強すぎる粉だなと認識した。

 さっそく作っていくことにしよう。まずはゆで湯として、500ミリリットル程度の水を沸騰させた後、大さじ半分の重曹を入れて、湯を軽くかき混ぜる。


画像 沸騰させた湯に重曹を入れる

画像 インスタント麺投入

 そこへインスタント麺を投入。数秒後に重曹効果なのか(?)、ボコボコと勢いよく泡立ってくる。この強力な泡が生麺風に仕上がる秘訣なのか!?

 続けて麺をほぐすと、泡立ちがより一層強まった気がしないでもない。3分たったところで麺を器にあげたところ、見た目はツヤツヤでテカテカ。妙に艶があるのだ。おいしそう。


画像 泡立ちがハンパない

画像 麺をほぐすとさらにスゴいことに


「ちゅるんちゅるん」「モチモチ」な生麺風に仕上がった

 同時に別の鍋で作っておいたスープを注ぎ、具材をトッピングして完成(麺が見えなくなってしまった)。ちなみに重曹を含んだゆで湯は少し苦みが出るそうで、スープ用のお湯には使えないという。見た目的にも白濁して、ドロドロなので使わないほうがよいだろう。


画像 モチモチ感、伝わるだろうか……?

画像 スープを投入

画像 具材を入れて完成

 さて、気になる麺の質感は「つるんつるん」「ちゅるんちゅるん」といった印象だ。口の中で勢いよく跳ねる感じとしっとり感が両立している。

 見た目の通り、表面がつるつるしているのはもちろん、インスタント麺とは思えないほどコシが生まれている。生麺特有のモチモチ感までも楽しめる。


画像 つるんつるんの麺を見よ

 家族にも「今日はインスタント麺で手抜きしてます」とは言わず、「今日はラーメンです」と告げて出したところ、「おいしい」「コシがある」との感想をもらった。後で「実はインスタント麺だった」と伝えると、意外な表情をしていた。いい反応!

 重曹をひとつまみ入れるだけで、インスタント麺が劇的に変わる裏ワザ……手軽にできるのでぜひ皆さんも試してみてはいかがだろうか。


池田園子



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  4. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  5. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  6. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  7. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙