ニュース
» 2014年11月07日 11時47分 公開

めんつゆに半日浸け込むだけ! 超簡単に作れる煮卵レシピが完全に「ラーメン屋で食べる味」だったねとめし

煮卵といえばラーメン屋で食べるもの――そんな“常識”が覆る! めんつゆを使った簡単煮卵を作ってみた。

[池田園子,ねとらぼ]

画像 とても自宅で作ったとは思えないデキ!

 卵を買っても持て余してしまうのが常だ。「鍋料理の雑炊に使おう」「ホットケーキを作ろう」などと思い立つたびに、6個入りまたは10個入りのパックを買うのだが、賞味期限ギリギリになっても3〜4個残っていて困惑する。

 そんなおり、レシピブログ「コスパ最強!!一人暮らしの簡単節約料理レシピ」の記事「世界で1番美味しい煮卵の作り方」が話題になっていたのを発見した。なんと2200ブックマーク越え! これはウマいに違いない!

 煮卵なら単体でおいしく食べられるのはもちろん、ラーメンの具材にも使えるし、食卓に一品として並べれば、家族も「おっ! 煮卵だ!」と喜んでくれそうだ。今まで28年間一度も煮卵を作った経験はないし、この機会に挑戦してみることにした。


画像 参考にさせていただいた「世界で1番美味しい煮卵の作り方


「お湯からゆでる」のがポイント

 用意する食材は卵4個、めんつゆ150cc、以上! 準備するものは鍋とキッチンペーパーのみ。うれし涙が出るくらい簡単に作れるのだ。

 まず、鍋で沸騰させたお湯の中に卵を入れていく。普通のゆで卵は水からゆでるが、今回は「お湯からゆでる」よう注意してほしい。


画像 材料は卵とめんつゆだけ

画像 まずは沸騰したお湯で6分間ゆでる

 6分ほどゆでた後、お湯から卵を取り出し、氷水に3分ほど漬ける。「研究の結果、この数値なら誰が何度作っても確実に半熟卵になります」(ブログから引用)とあるため、この時間も厳守していただきたい。

 続いて、流水を当てながら卵の殻をむいていく。殻と白身との間に水が入り、膜が綺麗にはがれ、殻が気持ちいいくらいつるりとむける。今までゆで卵をむくのが下手だった筆者も、流水のおかげでキレイにむけて感動したほどだ。


画像 氷水で3分間冷やす

画像 流水を当てながら殻をむく


ほどよくドロッ……半熟加減&こっくり味がたまらん

 殻をむいた卵はタッパーなどの容器に入れ、まずはめんつゆを100ccだけかける。これで卵の大部分が漬かった状態になるが、さらにこの上にキッチンペーパーをかぶせ、残り50ccのめんつゆをかける。


画像 容器に卵を入れる

画像 まずはめんつゆ100ccを入れ……

画像 その上からキッチンペーパーをかぶせる

画像 さらにめんつゆ50ccを上からかけて、あとは冷蔵庫で半日おけば完成!

 「キッチンペーパーを使うことで、少量の麺つゆでしみ込むためめんつゆの節約になる上、より卵に味がしみこみやすくなります」(ブログから引用)とのこと。下準備はこれでおしまいで、あとは冷蔵庫に半日ほど入れて冷やせば完成!


画像 いい色ついてます!

 そして出来上がったのがこちら。表面が茶色く染まった煮卵は、確実にウマいであろう雰囲気を漂わせている。ドキドキしながら半分に切ると、ドロッとした半熟の黄身が登場。あぁ、これは絶対においしいやつだ。


画像 中もとろっとろ!

 口の中に入れると、半日漬け込んだせいか味がしっかり染みた、ラーメン屋で出されるような濃い煮卵そのものだった。こっくりした薫製のような味わいもある。とても自分で作ったとは思えない味だが、これは既成品のめんつゆと絶妙なゆで時間のおかげだろう。

 このレシピをマスターしたからには、もう卵を持て余したりなんてしない! 今日ここに決意したい。簡単すぎるのに激ウマな煮卵、皆さんも一度試してみてはいかがだろうか。


池田園子


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  4. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  5. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  6. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙