ニュース
» 2014年10月29日 22時30分 公開

蜜のような甘さとねっとり感! 土鍋で作る絶品「黄金」焼き芋が感動的なおいしさだったねとめし

もう石焼き芋屋さんを追いかけなくていい!

[池田園子,ねとらぼ]

画像 この色! この輝き! これが自宅で作れるんです

 秋といえば、焼き芋が美味しい季節。「石焼き芋〜お芋〜」と街を軽トラックで走る、石焼き芋屋さんから漂うおいしそうな香りに心奪われ、ついつい買いそうになってしまう今日このごろ。

 ただ、昔買ったときは意外と高く、2本で500円くらいした記憶が……(編注:たぶんもうちょっと高いです)。スーパーでさつま芋は1本100円程度で売られているので、自分で作ったほうが明らかにおトクだと思ってしまう。

 毎年そんな考えに到るケチな筆者は、結果的に自宅で焼き芋を作るわけだが、何らかの本またはテレビ番組で見た、「新聞紙でサツマイモを包んでレンジでチン」方式を採用してきた。レンジで5〜8分ほどチンするだけで作れるので、簡単といえば簡単。でも正直、あまりねっとり感がなく、むしろパサパサしてしまうので、出来栄えに不満を感じていた。

 時間をかけてもよいので、もうすこし美味しくできないものか。そして欲を言えば、家にある道具だけで簡単にねっとり感を出せるのが理想。さらに付け加えるなら、後片付けが面倒なのもご免こうむりたい。そんな要望を掲げながら、ネット上でレシピを探すことに。

 するとマイナビニュースの記事「土鍋でつくる『焼き芋』、ねっとり甘くて絶品!」がヒット。レシピブログ「四万十住人の簡単料理ブログ!」を運営する「みやちゃん」さんが紹介する同レシピは、とても分かりやすく簡単なので、さっそくこれにならって作ってみることにした。




アルミホイルに包んで土鍋で焼くだけ

 用意する食材はさつま芋、以上! 準備するものは土鍋(空焚きしても大丈夫な材質のもの)とアルミホイル。非常にシンプルな工程が想像できる。

 まず、さつま芋を軽く水洗いし、キッチンペーパーで水気を拭き取った後、アルミホイルでしっかり包む。さつま芋がすっぽり隠れるよう丁寧に、丁寧に……。


画像 必要なのはさつま芋とアルミホイル、あと土鍋だけ

画像 アルミホイルでさつま芋を包む

 ちなみにこの「アルミホイルで包み込む」方法のほかに、「土鍋内にアルミホイルを数枚敷き、その上にさつま芋をのせて加熱する」方法もあるという。

 記事内でみやちゃんさんは「アルミホイルで包んだほうが黄色の色合いが強くなり、ねっとりとした舌触りになります」(同記事から引用)と補足している。

 できるだけねっとりした仕上がりにしたいので、今回はアルミホイルで包み込む方法を採用したい。そこで、アルミホイルに包んださつま芋を土鍋に入れ、フタをしてとろ火で焼き始める。土鍋の性質上、決して強火にしないようご注意を。あくまでも一番弱い火加減で焼こう。


画像 土鍋に並べて入れる

画像 あとはフタをしてとろ火でじっくり焼いていく


ねっとり、ホクホク、密のような甘さ……3つの感動がここに

 1時間20分程度で焼き上がるそうなので、アラームが1時間20分後に鳴るようセットする。それと同時にタイマーが20分後に鳴るようセット。というのも、さつま芋を途中で何回かひっくり返しながら全体をまんべんなく焼く必要があるためだ。


画像 20分おきにひっくり返してあげよう

 タイマーが鳴る20分おきにキッチンに行っては、土鍋のフタをあけてさつま芋を菜箸でひっくり返す。そのたびに「これは確実に美味しいだろう」と確信を持てる「良焼き芋」な匂いが立ちのぼり、思わず幸せな気持ちになった。

 この香ばしく甘い匂いは、これまで筆者が続けてきた電子レンジ調理では、決して発生することはなかった。かなり本格派な匂いなのだ。

 さて、1時間20分の経過を告げるアラームが鳴ったので、ふたたびキッチンへ向かう。竹串(なかったのでつまようじで代用)をさつま芋に刺し、スッと通れば完成! 気持ちいいくらいスムーズに貫通したので、早速いただくことにしよう。


画像 竹串がスッと通ればできあがり!

 アルミホイルをめくっていくと、ほどよく焦げた跡を発見。ドキドキしながらさつま芋をふたつに割ると、目が覚めるような黄金色の断面にクラクラする。これはおいしそう!


画像 こんなの絶対おいしいよ

画像 見よ、この美しい黄金色を!

 食べてみると、ねっとり感とホクホク感、さらには長時間ゆっくり火を通したからこそ出る、こっくりした蜜のような甘みが口の中に広がる。自宅で作ったとは思えないような、見事な焼き芋になっていたのだった。

 土鍋さえあれば簡単に作れる本格派焼き芋。1時間20分程度と時間はかかるが、簡単なのでぜひ試してみてはいかがだろうか。


画像 この感動、誰かにおすそわけしたい



「ねとめし」過去記事一覧




池田園子


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい