ニュース
» 2015年03月26日 21時00分 公開

アニメに出会ってロシアから日本へ ロシア人声優・ジェーニャさんインタビュー海外オタク見聞録

ロシアよりアニメに愛をこめて(Из России с любовью к аниме.)。

[松岡洋,ねとらぼ]

 これまで海外からやってきたさまざまな人を紹介してきた本コラム「海外オタク見聞録」に、ついにロシア人声優・ジェーニャさんの登場です。

念願かなって、ジェーニャさん登場!(10周年記念ライブ会場の阿佐ヶ谷ラピュタにて)

 日本で声優、歌手、タレントとして活動しているジェーニャさん。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」に声優として出演したり、押井守総監督の「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」にロシア語監修として参加するなど多方面で活躍しています。日本のアニメが好きでロシアからやってきて、日本で活動するようになって今年で10周年を迎えました。

 ジェーニャさんが日本に興味を持ったのは、ロシアで放送されていた「美少女戦士セーラームーン」を見たことがきっかけ。吹き替えではなく、もとの映像にロシア語をかぶせるボイスオーバーで放送されていました。そこから聞こえてくる日本語の響きにとても興味を持ち、ロシアで日本語の教室に3年間通ったそう。

 日本人にとってはロシア語はかっこよく聞こえ、筆者もそれで高校時代にロシア語を学びました。今思い返すと完全な中二病でしたが、ジェーニャさんにとっては日本語がそうだったと話します。「私からは日本語がとてもかっこよかったんです。人と違うものを学びたい、ということでは私もそう(中二病)でした」(ジェーニャさん)。

コミックマーケットで艦これの愛宕コスプレを披露

 ジェーニャさんは来日前の2000年ごろから「秋葉いつき」の名前でWebで日本のアニメや文化を紹介していました。それまでロシアではアニメは男の子のものというイメージが強かった中で、女の子にもなじみやすい日本のかわいいアニメや文化を紹介して、「かわいい」という言葉をロシア語に流行させました。またアニソンをロシア語に翻訳して歌ったり、日本語で歌って音声をアップしていました。

 こうした活動が2ちゃんねるなどで話題となり、テレビ局の取材として2002年に日本に招待されました。その後2005年に日本に移住し、プロを目指して本格的な活動を開始することに。

 来日前から日本語でブログをつづり、アニソンを日本語で歌うなど日本語が堪能だったジェーニャさん。来日してからは独学でさらに磨きをかけています。語学が得意だったことに加え、「本当に日本に行きたいという強い願望があった」という情熱が日本語をマスターできた原動力と話しています。「声優になるのが夢だったので完璧を目指しています」と向上心はとどまるところを知りません。

 そしてついに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009年)のオペレーター役で声優デビューを果たします。「翻訳家の兼光ダニエル真さんの紹介で役がいただけました。知らせを聞いた時は信じられませんでした、大ファンだったエヴァンゲリオンにまさか自分が参加できるなんて。そしてそれが声優としての初仕事になるなんて」

 エヴァと言えば、大好きだったセーラームーン役の三石琴乃(葛城ミサト)さんも出演しています。残念ながら収録で三石さんと会う機会はなかったそうですが、エヴァに参加できたことがとてもうれしかったとジェーニャさんは語ります。

 声優だけでなく、ロシア語監修の立場で作品に携わることも。「ラストエグザイル-銀翼のファム」(2011年10月〜)や、実写映画「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」(2014年)にも参加しています。

 「ラストエグザイル」では、ウィオラ(ジェーニャ)とディアン(ゆかな)が架空のグラキエス語で会話していましたが、グラキエス語は実はロシア語。日本人の話すロシア語としてはとても自然に聞こえました。ジェーニャさんが日本語の台詞をロシア語に翻訳して稽古用のボイスサンプルを作り、ゆかなさんに猛特訓してもらったのだそう。「もともと英語ができるゆかなさんだったので、少し英語なまりのロシア語になっていますが、とても努力していただいた結果です」

 「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」でも、作中に出てくるロシア語の表記、セリフなどすべて翻訳し、日本人俳優向けにボイスサンプルを作成。またジェーニャさんがロシアから取り寄せた小道具なども撮影に使われました。ロシアからの研修生・カーシャ役の太田莉菜さんは、お母さまがロシア人で家ではロシア語で話しているため、セリフの細かな修正くらいで済んだとのこと。

 こうした声優・ロシア語監修のほか、4月からはNHKの海外向けラジオNHK Worldで、ロシア向けにジェーニャさんの日本語講座が始まります。これまでの道のりは順調というわけではなく、ロシア人役を取れなくて悔しい思いをしたこともあるというジェーニャさん。それでもがんばり続け、少し上向いてきたといいます。この10年間を振り返ってこう語ってくれました。

 「4月からテレビアニメ『怪盗ジョーカー』の2期も始まり、私が演じているレディダウト(が活躍する)回もあります。これまで仕事の波が大きくてつらいこともありましたが、昨年から少し上向いてきてこれからが楽しみです」

 10周年記念ライブでは、1月に亡くなったロシア人歌手Origaさんをしのんで「Inner Universe」(Origaさんが歌っていた「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の主題歌)を熱唱。アニメなどでロシア人が登場することも多くなってきており、日本語・ロシア語・英語を操るジェーニャさんにはパトレイバーの押井守総監督も注目しています。ロシアと日本の架け橋になりたいという彼女のこれからの活躍に期待しましょう。

ジェーニャさんと同じく、ラブライバーで歌手の影山一郎さんとエリーチカ(絢瀬絵里)に扮(ふん)してライブ
Origaさんを偲んでInner Universeを熱唱

「ジェーニャ」プロフィール

ロシア出身。タレント・歌手・声優として、日本で活動中。出演作品は「チェブラーシカ」「怪盗ジョーカー」など。3月からケイハイブに所属。


松岡洋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」