アニメに出会ってロシアから日本へ ロシア人声優・ジェーニャさんインタビュー海外オタク見聞録

ロシアよりアニメに愛をこめて(Из России с любовью к аниме.)。

» 2015年03月26日 21時00分 公開
[松岡洋ねとらぼ]

 これまで海外からやってきたさまざまな人を紹介してきた本コラム「海外オタク見聞録」に、ついにロシア人声優・ジェーニャさんの登場です。

念願かなって、ジェーニャさん登場!(10周年記念ライブ会場の阿佐ヶ谷ラピュタにて)

 日本で声優、歌手、タレントとして活動しているジェーニャさん。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」に声優として出演したり、押井守総監督の「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」にロシア語監修として参加するなど多方面で活躍しています。日本のアニメが好きでロシアからやってきて、日本で活動するようになって今年で10周年を迎えました。

 ジェーニャさんが日本に興味を持ったのは、ロシアで放送されていた「美少女戦士セーラームーン」を見たことがきっかけ。吹き替えではなく、もとの映像にロシア語をかぶせるボイスオーバーで放送されていました。そこから聞こえてくる日本語の響きにとても興味を持ち、ロシアで日本語の教室に3年間通ったそう。

 日本人にとってはロシア語はかっこよく聞こえ、筆者もそれで高校時代にロシア語を学びました。今思い返すと完全な中二病でしたが、ジェーニャさんにとっては日本語がそうだったと話します。「私からは日本語がとてもかっこよかったんです。人と違うものを学びたい、ということでは私もそう(中二病)でした」(ジェーニャさん)。

コミックマーケットで艦これの愛宕コスプレを披露

 ジェーニャさんは来日前の2000年ごろから「秋葉いつき」の名前でWebで日本のアニメや文化を紹介していました。それまでロシアではアニメは男の子のものというイメージが強かった中で、女の子にもなじみやすい日本のかわいいアニメや文化を紹介して、「かわいい」という言葉をロシア語に流行させました。またアニソンをロシア語に翻訳して歌ったり、日本語で歌って音声をアップしていました。

 こうした活動が2ちゃんねるなどで話題となり、テレビ局の取材として2002年に日本に招待されました。その後2005年に日本に移住し、プロを目指して本格的な活動を開始することに。

 来日前から日本語でブログをつづり、アニソンを日本語で歌うなど日本語が堪能だったジェーニャさん。来日してからは独学でさらに磨きをかけています。語学が得意だったことに加え、「本当に日本に行きたいという強い願望があった」という情熱が日本語をマスターできた原動力と話しています。「声優になるのが夢だったので完璧を目指しています」と向上心はとどまるところを知りません。

 そしてついに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009年)のオペレーター役で声優デビューを果たします。「翻訳家の兼光ダニエル真さんの紹介で役がいただけました。知らせを聞いた時は信じられませんでした、大ファンだったエヴァンゲリオンにまさか自分が参加できるなんて。そしてそれが声優としての初仕事になるなんて」

 エヴァと言えば、大好きだったセーラームーン役の三石琴乃(葛城ミサト)さんも出演しています。残念ながら収録で三石さんと会う機会はなかったそうですが、エヴァに参加できたことがとてもうれしかったとジェーニャさんは語ります。

 声優だけでなく、ロシア語監修の立場で作品に携わることも。「ラストエグザイル-銀翼のファム」(2011年10月〜)や、実写映画「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」(2014年)にも参加しています。

 「ラストエグザイル」では、ウィオラ(ジェーニャ)とディアン(ゆかな)が架空のグラキエス語で会話していましたが、グラキエス語は実はロシア語。日本人の話すロシア語としてはとても自然に聞こえました。ジェーニャさんが日本語の台詞をロシア語に翻訳して稽古用のボイスサンプルを作り、ゆかなさんに猛特訓してもらったのだそう。「もともと英語ができるゆかなさんだったので、少し英語なまりのロシア語になっていますが、とても努力していただいた結果です」

 「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」でも、作中に出てくるロシア語の表記、セリフなどすべて翻訳し、日本人俳優向けにボイスサンプルを作成。またジェーニャさんがロシアから取り寄せた小道具なども撮影に使われました。ロシアからの研修生・カーシャ役の太田莉菜さんは、お母さまがロシア人で家ではロシア語で話しているため、セリフの細かな修正くらいで済んだとのこと。

 こうした声優・ロシア語監修のほか、4月からはNHKの海外向けラジオNHK Worldで、ロシア向けにジェーニャさんの日本語講座が始まります。これまでの道のりは順調というわけではなく、ロシア人役を取れなくて悔しい思いをしたこともあるというジェーニャさん。それでもがんばり続け、少し上向いてきたといいます。この10年間を振り返ってこう語ってくれました。

 「4月からテレビアニメ『怪盗ジョーカー』の2期も始まり、私が演じているレディダウト(が活躍する)回もあります。これまで仕事の波が大きくてつらいこともありましたが、昨年から少し上向いてきてこれからが楽しみです」

 10周年記念ライブでは、1月に亡くなったロシア人歌手Origaさんをしのんで「Inner Universe」(Origaさんが歌っていた「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の主題歌)を熱唱。アニメなどでロシア人が登場することも多くなってきており、日本語・ロシア語・英語を操るジェーニャさんにはパトレイバーの押井守総監督も注目しています。ロシアと日本の架け橋になりたいという彼女のこれからの活躍に期待しましょう。

ジェーニャさんと同じく、ラブライバーで歌手の影山一郎さんとエリーチカ(絢瀬絵里)に扮(ふん)してライブ
Origaさんを偲んでInner Universeを熱唱

「ジェーニャ」プロフィール

ロシア出身。タレント・歌手・声優として、日本で活動中。出演作品は「チェブラーシカ」「怪盗ジョーカー」など。3月からケイハイブに所属。


松岡洋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」