ニュース
» 2015年03月26日 21時00分 公開

アニメに出会ってロシアから日本へ ロシア人声優・ジェーニャさんインタビュー海外オタク見聞録

ロシアよりアニメに愛をこめて(Из России с любовью к аниме.)。

[松岡洋,ねとらぼ]

 これまで海外からやってきたさまざまな人を紹介してきた本コラム「海外オタク見聞録」に、ついにロシア人声優・ジェーニャさんの登場です。

念願かなって、ジェーニャさん登場!(10周年記念ライブ会場の阿佐ヶ谷ラピュタにて)

 日本で声優、歌手、タレントとして活動しているジェーニャさん。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」に声優として出演したり、押井守総監督の「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」にロシア語監修として参加するなど多方面で活躍しています。日本のアニメが好きでロシアからやってきて、日本で活動するようになって今年で10周年を迎えました。

 ジェーニャさんが日本に興味を持ったのは、ロシアで放送されていた「美少女戦士セーラームーン」を見たことがきっかけ。吹き替えではなく、もとの映像にロシア語をかぶせるボイスオーバーで放送されていました。そこから聞こえてくる日本語の響きにとても興味を持ち、ロシアで日本語の教室に3年間通ったそう。

 日本人にとってはロシア語はかっこよく聞こえ、筆者もそれで高校時代にロシア語を学びました。今思い返すと完全な中二病でしたが、ジェーニャさんにとっては日本語がそうだったと話します。「私からは日本語がとてもかっこよかったんです。人と違うものを学びたい、ということでは私もそう(中二病)でした」(ジェーニャさん)。

コミックマーケットで艦これの愛宕コスプレを披露

 ジェーニャさんは来日前の2000年ごろから「秋葉いつき」の名前でWebで日本のアニメや文化を紹介していました。それまでロシアではアニメは男の子のものというイメージが強かった中で、女の子にもなじみやすい日本のかわいいアニメや文化を紹介して、「かわいい」という言葉をロシア語に流行させました。またアニソンをロシア語に翻訳して歌ったり、日本語で歌って音声をアップしていました。

 こうした活動が2ちゃんねるなどで話題となり、テレビ局の取材として2002年に日本に招待されました。その後2005年に日本に移住し、プロを目指して本格的な活動を開始することに。

 来日前から日本語でブログをつづり、アニソンを日本語で歌うなど日本語が堪能だったジェーニャさん。来日してからは独学でさらに磨きをかけています。語学が得意だったことに加え、「本当に日本に行きたいという強い願望があった」という情熱が日本語をマスターできた原動力と話しています。「声優になるのが夢だったので完璧を目指しています」と向上心はとどまるところを知りません。

 そしてついに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(2009年)のオペレーター役で声優デビューを果たします。「翻訳家の兼光ダニエル真さんの紹介で役がいただけました。知らせを聞いた時は信じられませんでした、大ファンだったエヴァンゲリオンにまさか自分が参加できるなんて。そしてそれが声優としての初仕事になるなんて」

 エヴァと言えば、大好きだったセーラームーン役の三石琴乃(葛城ミサト)さんも出演しています。残念ながら収録で三石さんと会う機会はなかったそうですが、エヴァに参加できたことがとてもうれしかったとジェーニャさんは語ります。

 声優だけでなく、ロシア語監修の立場で作品に携わることも。「ラストエグザイル-銀翼のファム」(2011年10月〜)や、実写映画「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」(2014年)にも参加しています。

 「ラストエグザイル」では、ウィオラ(ジェーニャ)とディアン(ゆかな)が架空のグラキエス語で会話していましたが、グラキエス語は実はロシア語。日本人の話すロシア語としてはとても自然に聞こえました。ジェーニャさんが日本語の台詞をロシア語に翻訳して稽古用のボイスサンプルを作り、ゆかなさんに猛特訓してもらったのだそう。「もともと英語ができるゆかなさんだったので、少し英語なまりのロシア語になっていますが、とても努力していただいた結果です」

 「THE NEXT GENERATION -パトレイバー」でも、作中に出てくるロシア語の表記、セリフなどすべて翻訳し、日本人俳優向けにボイスサンプルを作成。またジェーニャさんがロシアから取り寄せた小道具なども撮影に使われました。ロシアからの研修生・カーシャ役の太田莉菜さんは、お母さまがロシア人で家ではロシア語で話しているため、セリフの細かな修正くらいで済んだとのこと。

 こうした声優・ロシア語監修のほか、4月からはNHKの海外向けラジオNHK Worldで、ロシア向けにジェーニャさんの日本語講座が始まります。これまでの道のりは順調というわけではなく、ロシア人役を取れなくて悔しい思いをしたこともあるというジェーニャさん。それでもがんばり続け、少し上向いてきたといいます。この10年間を振り返ってこう語ってくれました。

 「4月からテレビアニメ『怪盗ジョーカー』の2期も始まり、私が演じているレディダウト(が活躍する)回もあります。これまで仕事の波が大きくてつらいこともありましたが、昨年から少し上向いてきてこれからが楽しみです」

 10周年記念ライブでは、1月に亡くなったロシア人歌手Origaさんをしのんで「Inner Universe」(Origaさんが歌っていた「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の主題歌)を熱唱。アニメなどでロシア人が登場することも多くなってきており、日本語・ロシア語・英語を操るジェーニャさんにはパトレイバーの押井守総監督も注目しています。ロシアと日本の架け橋になりたいという彼女のこれからの活躍に期待しましょう。

ジェーニャさんと同じく、ラブライバーで歌手の影山一郎さんとエリーチカ(絢瀬絵里)に扮(ふん)してライブ
Origaさんを偲んでInner Universeを熱唱

「ジェーニャ」プロフィール

ロシア出身。タレント・歌手・声優として、日本で活動中。出演作品は「チェブラーシカ」「怪盗ジョーカー」など。3月からケイハイブに所属。


松岡洋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」