ニュース
» 2014年04月10日 10時00分 公開

海外の若者に浸透するボカロ・アニメ――ファン交流活動「みらいのねいろ」主宰に聞く海外オタク見聞録

VOCALOIDを海外に紹介するファン交流プロジェクト「みらいのねいろ」主宰に、現地で見た日本のコンテンツの人気について聞いてみました。

[松岡洋,ねとらぼ]
正木良明さん

 今や持ち歌10万曲を超えるとも言われる初音ミク、世界各地のアニメイベントでも初音ミクをはじめとするVOCALOIDのコスプレが定番となっています。海外のアニメイベントに出かけてVOCALOIDを紹介しているプロジェクト「みらいのねいろ」主宰・正木良明さんに海外でのVOCALOIDやアニメの人気についてうかがってきました。

 正木さんはアメリカの大規模アニメイベントAnime Expoのスタッフで、2011年にロサンゼルスで開催された初音ミクのライブ「MIKUNOPOLIS」を実現に導いたキーパーソンでもあります

 今年もすでに2月に南米チリで開催されたAnime Expo Santiagoに、ボカロPのZANIOさん、ダンサー・振付師のYumikoさんとともに招かれ、DJパフォーマンスや日本のVOCALOIDファンの活動などを紹介しています。

ZANIOさんとダンスを披露するYumikoさん

―― 「みらいのねいろ」を始めたきっかけは?

正木 初音ミク現象と呼ばれる創作の連鎖が海外でも話題になり始めたころ、この現象は日本人自らが語るべきと2009年にAnime Expoでパネルディスカッションを行ったのが最初です。

―― どのような活動を?

正木 「ZANIOさんやかごめPなどのボカロP、YAMAHAの剣持さん(VOCALOID生みの親、剣持秀紀さん)、AHS(VOICELOID結月ゆかりなどを手掛ける企業)の尾形友秀社長などVOCALOIDの関係者に海外のイベントでの講演などをお願いしています。そのほかにもアミッドPなどにアミッドスクリーン(網戸を使った透過スクリーン)やMMD動画の作成で協力していただいています。これまでにアメリカ、ドイツ、スイス、デンマーク、メキシコ、チリ、台湾の7カ国のイベントやコンベンションに参加し、アメリカ、ドイツ、チリにはアミッドを持ち込み、メキシコでは現地で制作されたアミッドでMMD動画を披露しています。

―― 海外への旅費などは持ち出しだそうですが。

正木 今年招待されたチリ以外はすべて自費です。法人化してどこかに援助していただくという方法もあるとは思いますが、お金が動くとさまざまな権利問題など制約がきつくなるため、あくまでも個人的なファン活動にとどめています。

 招待を受けたAnime Expo Santiagoは、チリの首都サンティアゴで開催され、日本からの直行便がなくカナダで乗り継いだため2日かかったとのこと。ほかの南米諸国でもアニメコンベンションが開催されていますが、日本からの往復だけで4日かかるため、日程的に日本からアニメ監督や声優さんを招くことが難しいのだそうです。

正木 南米でもさまざまな国でアニメコンベンションが開催されていますが、チリのAnime Expoが最も人気があります。お世話していただいたスタッフはチリのことを『南米の日本』と呼んでおり、その意味を聞いたところ、ラテンな気質の南米にあって真面目で日本のような優等生なのだと自負していました。

―― 日本が優等生の代名詞となっているのは興味深いですね。当日、記事冒頭の写真などがTwitterで流れてきて現地の熱気を感じました。

正木 会場に来ているのはローティーンから大学生まで幅広く、男女比は少し女性のほうが多いようでした。VOCALOIDについてはネット経由で見ており、日本の様子を時差なくよく知っていました。パネルセッションにはアニメファンも多く来ており、10代の少女がカゲロウデイズについての質問をしてきました。

―― (記者が)来日したさまざまな国の方と話して感じたのが、10代をターゲットとした娯楽が海外では日本に比べて圧倒的に少なく、特に少女向けのものに飢えているようです。カゲロウデイズの質問をした少女のように、そこがメインターゲットとなっているボカロが海外で人気になるのも、需要と供給としてとらえると必然のように思います。

正木 海外でなぜ日本のコンテンツが若い世代に人気になっているのか、これまで漠然と感じていたものが『需要と供給』でとても明快に理解できました。

―― その世代が自分で自由に使えるお金が少ないために、消費者とはみなされずコンテンツ自体も少ないということらしいです。

正木 現地ではカラオケ大会も催されており、アニソンをみんな日本語で歌っていましたし、ボカロのイラストなども展示されていましたが、日本の女の子が描くのと同じ絵柄で、日本の文化が浸透しているなあと感じました。

―― 商売としては厳しいですが、文化の浸透具合でみるとやはりすごいですね。日本政府がクールジャパン戦略に力を入れているのも、この文化の浸透が背景にあるからですね。

正木 サンティアゴの街を案内してもらいましたが、コミックやBlu-ray Disc、それにグッズなどを扱う店があり、(アメリカでは実店舗を廃業した)タワーレコードも健在でした。海外では店舗の廃業などで販路が減っていましたが、日本のコンテンツは下げ止まって回復している印象があります。

ドイツでも日本のコンテンツは人気

 「みらいのねいろ」は、先に紹介したように正木さんを中心にさまざまな人が協力しています。世界各地にアミッドスクリーンを運んだり、現地のイベント側との調整を行っていますが、欧州のイベントではドイツ留学中のKatahoさん(ねとらぼではドイツのファンによる実写版「進撃の巨人」を取材しています)がドイツチームとして活動しています。一時帰国したKatahoさんによるドイツチーム報告会からも、海外での日本のコンテンツの人気ぶりが見られます。

ドイツチーム報告会の様子
報告会終了後に質問攻めにあうKatahoさん

 ドイツではConnichi(コンニチ)というアニメコンベンションが毎年開催されており、2010年からみらいのねいろも参加。2012年からは毎月のように開催されている欧州各地のコンベンションにも参加しています。

Connichiへの参加
各地のイベントへの参加の様子

 ドイツの「進撃の巨人」ファンが制作した実写動画が話題になりましたが、徐々にファン活動も活発になってきており、昨年の夏コミにはドイツ人ボカロPのニコラスさんもサークル参加し、大洗をはじめ日本各地のアニメの舞台を聖地巡礼していました。

ドイツから夏コミに参加したボカロPのニコラスさん

 「進撃の巨人」ファン動画に出演している方や「ドイツの島風」を名乗るコスプレイヤーも今年の世界コスプレサミットや夏コミに参加とのことなので、今年の夏もさらに熱くなりそうな予感!

「進撃の巨人」ファン動画に出演のアンシーさん
同じくサンチさん
「ドイツの島風」ステファニーさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」