日本に「モテ期」がやってきた? 「ジャパン・パッシング」でも留学生がやってくる理由海外オタク見聞録

「ジャパン・パッシング」でも日本への留学生は増えています。ゲームやアニメが海外から学生を引きつけ、日本に「モテ期」をもたらしているようです。

» 2013年03月04日 16時43分 公開
[松岡洋,ITmedia]

 近年経済産業省が「クールジャパン」で日本を世界にアピールする動きがあります。「クール」とはかっこいいとかイケてる、と言う意味ですが、それよりも「モテ期」という表現のほうが今の海外の日本ブームを素直に表しているのではないかと思います。

 日本はバブル崩壊後20年ほど経済的に停滞し、「ジャパン・パッシング」と言われるほど国際的に存在感が薄くなってしまいましたが、逆にこの時期に日本への留学生は増加しています。独立行政法人・日本学生支援機構の調査によれば、1989年(平成元年)に3万1251人だった留学生総数は1999年には5万1047人、2011年には13万8075人へとこの約20年間で4倍以上に増えています(留学生数の推移より引用)。

 Wiredというアメリカのニュースサイトでゲーム関連の記事を紹介しているクリス・コーラーさんも、日本のゲームが大好きで留学した一人です。留学した金沢大学の学食でカレーのとりこになり、その後東京ゲームショウ取材からの帰りの飛行機で書いた記事が話題となりました(参考:「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』)。

 学生時代に日本のゲームに夢中になり、その後ゲームライターとして東京ゲームショウのたびに取材で来日しているクリスさん。彼の来日に合わせて「クリスさんとカレーを食べる会」も催されています。2011年の会では任天堂のバーチャルボーイのゲーム全種をコンプリートしたことが明らかにされ、「さすがゲームオタク」と参加者もそのマニアックさに驚いていました。

クリス・コーラーさん

 東京都内のある研究所は海外からのインターンも多く受け入れており、ある年MIT(マサチューセッツ工科大学)からインターンがやって来ました。MITはこれまでにノーベル賞受賞者を77人輩出している世界でもトップクラスの研究教育機関ですが、アメリカ国内で早い時期にアニメクラブが生まれたことでも知られています。インターンが研究所に提出するプロフィールには通常は研究分野などを列挙するのですが、こともあろうにMITからやってきたインターンのプロフィールの一番上には「アニメクラブ会長」と書かれており、プロフィールを見た人たちは「ああ、研究よりもアニメ見る方が優先順位が上なのね」と思ったそうです。

 また、昨年の慶応義塾大学の稲見教授の取材において、研究室の3分の1を占める海外留学生の留学の動機において、電子部品とマンガやアニメの集積地である秋葉原が決め手となっているとうかがいました(関連記事:きっかけは「攻殻機動隊」 “透明プリウス”の稲見教授が語るアニメと科学の関係)。日本のマンガやアニメ、ゲームといったポップカルチャーのとりこになり、あこがれの日本へ留学する人たちが増えているのです。

 筆者が出会う外国人はほぼ全員オタクですが、2012年の正月に秋葉原のGUNDAMカフェで出会ったアメリカ人女性との出会いもまた衝撃的でした。「けいおん!」の舞台・豊郷小学校でのキャラの誕生日会にムギちゃん(琴吹紬)のコスプレで参加した方で、コスプレ姿で豊郷小学校に現れたとき、あまりのそっくりな雰囲気に会場がどよめいたそうです。彼女はアメリカの大学の日本校で学んでいますが、大学ではあまりオタクな話ができないため、日本にやってきて日本人とヲタ話できたのは私が初めてだったそうで大変喜んでいました(関連記事:自宅警備隊も参上 コミックマーケット81フォトリポート「おまけ」欄)。

 日本への海外留学生は、経済成長してきた中国や韓国からが多いのですが、それでもアニメコンテンツエクスポで出会ったスペインからの留学生や、ワンフェスで出会ったイタリアからの留学生など、さまざまな国から「日本に行くしかない」とやってきています(関連記事:嵐の中でも大盛況! アニメコンテンツエクスポ会場リポート幕張メッセに「山の神」降臨!? 美女も宇宙人もワンフェスのコスプレをどーんとリポート)。

左:スペインからの留学生 右:イタリアからの留学生

 このような光景を目の当たりにすると「クールジャパン」と言うよりは「モテ」ていると言ったほうが適切なように思えてきます。

 日本はこれまで仏教が伝わってきた隋、唐に始まり、近代化の先生となったイギリス、ドイツやフランス、そしてアメリカに恋焦がれてきました。しかしそれは一方的な片思いであって、なかなか相手から振り向いてもらえませんでした。それがここ20年ほどでこれらの国々の人たちから「モテ」ている状況は、それまでの長い片思いのためにわかに信じられない人も多いようです。

 1980年代から世界に輸出されたアニメなどの文化が日本という国の存在感を、そして日本文化全般への入り口となって日本に「モテ期」をもたらしたのは間違いないのではないかと思います。

筆者紹介

松岡洋は日本のポップカルチャー情報を発信するONETOPI「日本のポップカルチャー」のキュレーター。海外で起きている日本ブームについて「なぜ日本に魅せられたのか」を調査し、ONETOPIで紹介している。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」