ニュース
» 2015年11月11日 15時05分 公開

Googleの機械学習は「ルール作り」から「例から学ぶ」モデルへ 米GoogleリサーチサイエンティストCorrado氏が考える機械学習と22のレイヤー

Gmailのスパム判定やSmart Replyはどのように行われているのか。

[太田智美,ねとらぼ]

 機械学習とAIの違いは何か。米GoogleのリサーチサイエンティストのGreg Corrado氏はこう区別する。「AIは、機械にインテリジェンスを持たせること。機械学習は、データから読み取ること。重なる部分はあるが、われわれがやっているのは機械学習である」(Corrado氏)。


Google機械学習 11月10日六本木ヒルズで開催されたイベント「Google APAC」にて。Googleリサーチサイエンティスト Greg Corrado氏

 Googleの機械学習は今、「ルール作り」から「例から学ぶ」モデルへと変化している。例えば、学生の勉強時間から成績を予測するには、とてもシンプルな方程式で表せる。式で書くと「y=Wx+b」。この「W」と「b」が何なのかを導き出すのがCorrado氏らの仕事だという。


Google機械学習

Google機械学習

 膨大な「例」から何時間勉強したらどれくらいの点数を取るかという予測と結果の間の「エラー」を小さくする、これが今Googleがやっている機械学習。辞書のように明示的なルールを作りそれに当てはまるかどうかではなく、多くの例から学習し予想したその結果との差を埋める。

 Googleはこの機械学習を、多くの製品に取り込んでいる。例えば、Gmailのスパム判定や返信文候補を提示する「Smart Reply」、先日オープンソース化した機械学習ライブラリ「TensorFlow」もその1つである。そして、中でもGoogle PhotosはGoogleの機械学習の成果を最もよく表したプロダクトだという。


Google機械学習

 Google Photosは、画像の共有・格納・整理整頓ができる写真アプリ。時間別・人別・場所別・物別に写真を自動でフォルダ分けしてくれる。さらに「ねこ」と検索すればねこの写真だけを抽出・種類まで判別してくれるほか、建物や崖・川などの検索にも対応している。

 この仕組みは、脳の考え方を模倣したニューラルネットワークによるもの。画像分析には22のレイヤーが用意され、その1つ1つが学習している。例えば、各レイヤーは「色」「ライン」「ここに物体がある」などの要素をそれぞれに分析・推測して(1レイヤーが1要素の分析に特化しているわけではない)、フォルダに振り分ける。しかしこの時点ではまだフォルダに分類しただけでその物体を「ねこ」とは認識していない。それとは別の「検索データ」や「SNSの投稿」などのデータと組み合わせて、初めて「これはねこである」と紐づく。別の例で、10月末にいつもと異なる服を着ていたらハロウィン、3月にドレスアップかつWebの卒業イベント情報と一致すれば卒業式、のようなロジックができる。


Google機械学習

 「機械学習は魔法ではない。ツールの1つに過ぎない」――Corrado氏は繰り返し言う。その言葉のとおり、機械は何度もトレーニングすることで少しずつ学び、急成長することはない。

 よく、「ヒトの判断とコンピュータの判断、どちらが正しいか」という問いがある。ヒトの判断がこれまでの経験からきているのであれば、「例」から長時間学び続けているコンピュータの判断の方がよりエラーを起こさない結果に近い予測をするということになる。

 Googleが機械学習に大きな投資をしたのは7、8年前。「例」には既に、ヒトの経験の一部も含まれている。

太田智美

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声