ジョン・レノンの命日に寄せて レノンを偲び、ニューヨークの聖地を巡る

12月8日はジョン・レノンの命日なんです。

» 2015年12月07日 23時21分 公開
[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

画像 ニューヨーク・セントラルパーク内にあるストロベリー・フィールズの案内板

 明日(12月8日)はジョン・レノン(John Lennon)の命日です。

 言わずと知れたビートルズの元メンバーであり、偉大な詩人として、数々の名作を生みだしたレノン。1980年12月8日、NYの自宅前で撃たれるという衝撃的なニュースが世界中を駆け巡ったのは、今から35年も前のことでした。

 レノンが生きていたら75歳。ポールのように歌っていたでしょうか。レノンの命日にちなみ、彼を偲ぶNY巡りにご案内します。



レノンを偲ぶスポット ストロベリー・フィールズ

 ストロベリー・フィールズ(Strawberry Fields)は、ニューヨークの72ndストリートの入り口からすぐのセントラルパークの中にある、レノンのメモリアル広場です。

 レノン亡き後、生きていれば45歳の誕生日である1985年10月9日に、“Strawberry Fields Forever”の曲から名づけられました。

 上から見ると、涙のしずくのようなドロップ形の地形で、向かいにはレノンの自宅であり、射殺現場ともなったダコタ・ハウス(The Dakota Apartments)が建っています。

 数年前、セントラル・パークにはオーディオ・ガイドとして、主な名所に緑色のボードが設置されました。表示されている番号に電話をかけると、名所を紹介するアナウンスが流れるというしくみ。ストロベリー・フィールズを案内してくれるのは、ジョン・レノンのパートナーだったオノ・ヨーコです。



命日にはイマジン・サークルに近づく前から聞こえる大合唱

画像 プレゼントやろうそくで埋め尽くされたイマジン・サークル

 案内板に沿って行くと、地面に「IMAGINE」がはめ込まれた円形の記念碑が見えてきます。

 白と黒のモザイクのデザインはイタリアのアーティストによるもので、ナポリ市から寄贈されたもの。

 傍にはベンチが置かれていて、普段は静かな場所ですが、命日には世界中の老若男女がこぞって訪れる聖地となりました。人が寝転んでも余るぐらいの大きな記念碑が、レノンの命日には花やろうそく、似顔絵やプレゼントなど、思い思いの品々で埋め尽くされ「IMAGINE」の字がかろうじて読めるくらいに。

 さまざまな言語が飛び交い、次から次へとレノンの歌を大合唱する輪が膨らんでいきます。レノンを慕い敬愛する人たちが夜遅くまで歌い、語らい、ギターを弾く姿も少なくありません。「IMAGINE」の文字を探す人々。写真を撮る人に順番に場所を譲り合う姿。世界の平和を願う優しい気持ち。

 レノンの音楽は色褪せることなく、民族や世代を超えて輝き続けていることが実感できます。12月の厳しい寒さの中でも、命日の大合唱は毎年絶えることはないのです。



ダコタ・ハウスは入居基準が厳しくて有名

画像 ジョン・レノンの自宅がある、お城のような外観のダコタ・ハウス

 NYにもパリのような公園が欲しいと造られたセントラル・パーク。そんな公園を眺めて暮らしたいという要望に基づいて設計されたのがダコタ・ハウスでした。

 当時は雑木林のようなセントラル・パークの脇にポツンと建っていたため、まるでアメリカ西部にある僻地のダコタのようだと、この名が付いたと言われています。1880-1884年にかけて建築され、アメリカ合衆国の歴史建造物に指定されています。

 凝った装飾や意匠など、まるでフランスのシャトーのようにゴージャスな雰囲気。はて、どこかで見たことがあると思ったら……セントラルパークの南東、五番街に面して建つNY一豪華なホテル「ザ・プラザ」にそっくりです。それもそのはず、設計者は両方とも同じ、ヘンリー・ハーデンバーグという建築家でした。

 ここに入居するにはかなり厳格な審査があり、財産があるというだけでは住む許可が下りないのだとか。入居を拒否された人も少なくないと聞きます。

 ちなみに、過去に暮していた著名人は、指揮者のレナード・バーンスタイン、バレエダンサーのルドルフ・ヌレエフなど。ジョージ・クルーニーの叔母である女優、ローズマリー・クルーニーも住んでいたようですから、幼いジョージも遊びに来たことがあるかもしれませんね。

 マンハッタンに次々と高層ビルが建てられる中、ダコタ・ハウスは今や高級住宅地となったアッパー・ウエスト・サイドに竣工時と変わらずに佇んでいます。夫人であるオノ・ヨーコは今もここで暮しているそうです。

画像 ダコタ・ハウスの中庭に飾られたクリスマスツリー

 ──命日の12月8日はホリデー・シーズン。

 ニューヨークの街中はクリスマス・ムードで賑わい最も華やかな季節です。

 ダコタ・ハウスの中庭に飾られたツリーが、教会に灯されたろうそくのように見えませんか。

 ジョン・レノンを静かに追悼しているかのように。



関連リンク


Copyright (C) 日本気象協会 All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  2. /nl/articles/2406/15/news010.jpg 生活難易度MAX トイレも簡単に行けない“謎すぎる間取り”の都内マンションがシンプルに変な家で「癖強すぎ」「どんな部屋やねん」
  3. /nl/articles/2406/15/news064.jpg “未発売”のはずの新商品がフリマアプリに流出…… スノーピークが謝罪「心よりお詫び」
  4. /nl/articles/2406/15/news027.jpg 6カ月赤ちゃん、生まれて初めての体験に思わず「かあちゃんたすけてー!」 SOSの理由に「感情が迷子になってる感じが最高に可愛い」
  5. /nl/articles/2406/14/news020.jpg 爆弾岩のようなイカつい見た目の生き物を茹でてみたら…… ありえない変化に反響「何回見てもおもろい」「ダンジョン飯っぽさがw」
  6. /nl/articles/2406/14/news030.jpg 【今日の計算】「9+4×5−8」を計算せよ
  7. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  8. /nl/articles/2406/14/news013.jpg 深夜2時に響き渡る鳴き声→見ると隣家の物置に紐で繋がれている子猫が…… 仰天する当時の状況と意外なワケが胸に迫る
  9. /nl/articles/2406/11/news013.jpg 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. /nl/articles/2406/13/news123.jpg 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」