ニュース
» 2016年05月04日 21時20分 公開

必要な時間は1分! あっという間に電動アシスト付き自転車に変身できる「GeoOrbital Wheel」がKickstarterに登場

販売されている大人用自転車の95%が交換可能となっています。

[束子,ねとらぼ]

 わずか1分で電動アシスト付き自転車に変身できる前輪「GeoOrbital Wheel」が、クラウドファンディングサイト“Kickstarter”に登場。現在、出資者を募集しています。


GeoOrbital Wheel 1分でアシスト付き自転車に早変わりする「GeoOrbital Wheel」

 「GeoOrbital Wheel」は、アルミニウム製の本体が車輪の内側を3点で支えるように設計されています。そのうち1点にはモーターが設置され、モーター部分が高速回転することにより、あまりこがなくても走行する仕組みとなっています。また、交換に必要な工具はいっさいありません。誰でも簡単に、1分という短い時間で手早く装着ができます。


GeoOrbital Wheel 「GeoOrbital Wheel」を大きく4つに分けた図。

GeoOrbital Wheel 内蔵されたDCモーターが回転することで車輪を回します。

GeoOrbital Wheel 工具を使わず1分でトランスフォームが完了!

 サイズは26インチと700c(28/29インチ)の2種類があり、販売されている大人用自転車の95%が交換可能。タイヤも特殊な素材が採用されているので空気が抜ける心配もなく、釘が刺さってもパンクしません。バッテリーにはリチウムイオンバッテリーが使用されていて、フル充電すると約80キロの走行ができます。さらにUSBコンセントが内蔵されているので、緊急時にはスマートフォンの充電などを行う、強力な電力源としても利用できるようになっています。


GeoOrbital Wheel 釘が刺さって突き抜けてもパンクしない特殊素材のタイヤ。

GeoOrbital Wheel USBコンセントは緊急時に役立ちそうです。

 簡単に電動アシスト付き自転車になるだけでなく、パンク知らずで緊急時の電力源にもなる「GeoOrbital Wheel」。地震などの災害に備えるという面からみても便利なので、自転車で通勤・通学をしている人には、特にうれしい商品かもしれません。出荷は11月に予定されており、海外への配送にも対応。しかし「GeoOrbital Wheel」は最高で時速32キロもスピードが出てしまうので、自転車として日本の公道を走行することは残念ながら不可能となっています(道路交通法では、電動アシスト付き自転車の最高速度は24キロまで)。

束子

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン