「江戸川橋駅」はなぜ江戸川区にないのか? 地図から読み解く地理ミステリー「ジグソークーソー」の面白さ

「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第72回は、ちょっと変わった“地図”ミステリー「ジグソークーソー 空想地図研究会」を紹介します。

» 2016年07月24日 17時00分 公開
[虚構新聞・社主UKねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ねとらぼ読者のみなさん、こんにちは。虚構新聞の社主UKです。

 さていきなりですが、ここでクイズ。

 「江戸川駅があるのは東京都江戸川区。では、江戸川橋駅があるのは何区?」

 答えは文京区です。江戸川が流れる江戸川区に江戸川駅があるのはよいとして、どうして江戸川が流れていない文京区に江戸川橋駅があるのか?

 さて、今回紹介するマンガは、そんな地理にまつわるミステリーを地図を読み解きながら解明していく、高舛(たかます)ナヲキ先生の「ジグソークーソー 空想地図研究会」(〜1巻、以下続刊)。幻冬舎コミックスのWebサイト「デンシバーズ」にて連載中です。


ジグソークーソー 「ジグソークーソー 空想地図研究会」(〜1巻、以下続刊)→試し読み


地図を見れば昔の海岸線が分かる

 本作の主役は、頭脳明晰だけど怒りっぽい高校1年生・杜子(とし)ダイチと、同じく1年で地図が大好き、元気のかたまりのような巨乳女子・塔元チリエ

 首席で入学し、サークル新設の権限を持つ1年生筆頭になったダイチですが、完璧主義の性格といつも眉間にしわを寄せる怒りっぽさから、持ち込まれた新設申請書に片っ端から不許可、不許可、不許可、不許可……。結局1件も許可を出さなかったその日、締め切り時刻を遅れて申請にやってきたのがチリエでした。


ジグソークーソー 地図のことになると話が止まらないチリエ(巨乳)

 彼女が抱える大きな筒の中に入っていたのは、江戸川区の都市地図。

 「今時紙の地図なんか何に…」

 そう言って、ポスターよりずっと大きな地図をしげしげと眺めるダイチに目ざとく気付いたチリエは、江戸川区最南端の埋め立て地・葛西臨海公園を指しながら、ダイチに尋ねます。

 「埋め立て前の旧海岸線がどこだったか分かりますか?」

 即座にググろうとして、「いきなりネットに頼っちゃうんですか〜?」と煽られるダイチ。「検索かけてもなかなか出てきませんよ〜?」「それに調べなきゃ分からないことは質問しませんよ〜?」となかなか煽りスキルの高いチリエの言葉に、負けず嫌いの彼は地図を眺め、こんな答えを出しました。


ジグソークーソー 葛西臨海公園付近の旧海岸線は? ダイチの答えは……

 結論から言うと、これは正解。けれど、なぜ紙の地図を見ただけで、昔の海岸線が分かってしまうのか? 地図をじっくり眺めた末にダイチが挙げた「3つの根拠」は、実際に作品で確かめてもらうとして(収録の第1話は試し読みもできます)、そのどれもが「なるほど! 地図ってそうやって読んじゃうのか!」と、膝を16連打せずにはいられませんでした。確かにこの分かる快感は、ミステリーが解けたときと同じだ。

 地図を「読む」のではなく「読み解く」。今までグーグル殿がお示しになった経路以外は、ただの模様でしかなかったあの道この道、あの川この川、あの線路もこの線路も、全てちゃんとそこにあるだけの理由と歴史があるのです。これって当たり前と言えば当たり前かもしれないけれど、どうやって読み解くかを知るだけで目の前の地図が全く別のものに変わって映る。学校でも地図記号や縮尺みたいな地図の読み方だけでなく、こういう読み解き方も教えるべきじゃないかと思わずにいられませんでした。



地図を読み解く「地理ミステリー」の面白さ

 さて、葛西臨海公園のお話は、あくまで本作のチュートリアルみたいなもので、ここからが本題。チリエが申請したサークル「空想地図研究会」の活動許可と引き換えに、ダイチが出した条件は、彼が幼い頃に見た記憶の場所を探し当てること。その記憶に残っているのはこの4つ。

  1. 江戸川区
  2. 神社の境内
  3. お年寄りの多い病院
  4. 近くに橋

 これだけ手掛かりがあれば割とサクサク見つけられそうな気もしますが、江戸川区内に橋は29本、その上埋め立てや道路工事、新築改築が日々繰り返される東京において、なかなかその場所をピンポイントで探し当てるのは至難の業。果たしてダイチとチリエは地図から、記憶の場所を探し当てることができるのか……!?

 というわけで、地図を読み解く「地理ミステリー」としての本作「ジグソークーソー」。地図上の謎解きだけでなく、そもそもチリエが作ろうとしている「空想地図研究会」とは何か、そして普段は明るく活発な彼女の素性にもどうやら秘密がある様子。犯人と犯罪のトリックを暴き出すミステリーとはまたひと味違う謎解きの快感が味わえるのでぜひ読んでみてください。


ジグソークーソー 江戸川橋駅があるのは……文京区だ!

 最後に冒頭のクイズ、江戸川のない文京区に江戸川橋駅がある驚くべき理由ですが、残念なことに、その答えをここに記すには余白が狭すぎるので、これまたどうぞ作品でお確かめくださいませ。

 今回も最後までお読みくださりありがとうございました。


(C)高舛ナヲキ/幻冬舎コミックス


関連キーワード

地図 | ミステリー | 漫画 | 幻冬舎


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」