ニュース
» 2017年03月14日 07時00分 公開

ねっと用語知ったかぶり:実はすごく迷惑? Twitterでよく見る「巻き込みリプライ」ってどんな意味?

気をつけないと結構やりがちなんですよね。

[ねとらぼ]

 たまに見かけるネット用語を、勝手に知ったかぶりで解説する「ねっと用語知ったかぶり」。今回は「巻き込みリプライ」をご紹介します。


画像 巻き込みリプライ

巻き込みリプライ(まきこみ-りぷらい)

 巻き込みリプライとは、Twitter上で@付きのツイートを見た第三者が“全員返信”という形でリプライすることで、結果的に会話とは関係のないユーザーにリプライの通知が届いてしまうことを指します。巻き込みリプとも略されます。

 例えば、フォロワー同士のAさんとBさんがTwitter上で会話をしているとします。その会話を見たBさんのフォロワーであるCさんが、Bさんへ返信しようとして、「Aさんのユーザー名を含む形で」返信をしました。この段階で、本来はBさんとCさんだけの会話になるはずが、Aさんのユーザー名が含まれた状態で会話を進めてしまったため、Bさん・Cさんとの会話には無関係なAさんにも通知が届くようになってしまいます。


画像 巻き込みリプライの仕組み

 Aさんにとって、Bさん・Cさんの会話は「関係のないもの」。それなのにAさんのもとには通知が届く。Aさんはわずらわしさを感じて、最終的にBさんをブロックしたりミュートする……。そこまでいくのは極端な例ですが、関係ない会話に強制的に入らされる状態を想像すると、わずらわしい、迷惑だと感じる人が多いのではないでしょうか。

 このような巻き込みリプライは、ユーザーの間では歓迎されない行為であるとされています。では、巻き込みリプライを防ぐにはどうすればいいか? 返信の際に「あらかじめ無関係になると思われるユーザー名を削除してツイート」することで解消されます。

 巻き込みリプライは、「複数人への返信の返信」をしたり、引用ツイートの返信で「元々引用されたツイートのユーザー名を返信に含む」時に起こりやすいので、この部分を気をつけて返信すれば問題はないのですが……。Twitterを閲覧する際に使用するアプリが公式のものか、サードパーティーアプリかによっても返信の仕様が異なりますので、返信の際にはご注意を。


【使用例】

例1:なんかさー、最近巻き込みリプ多くてウザいんだよなー。

例2:普通に返信しようとしたら巻き込みリプライになりそうだったので気をつけた。


関連キーワード

Twitter | 解説 | ネット用語


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ