ニュース
» 2017年07月18日 09時00分 公開

植物はイモムシを共食いさせる 米大学研究

植物が身を守ろうとする仕組みが、イモムシを共食いさせることに。

[ねとらぼ]

 植物の身を守ろうとする反応がイモムシに共食いをさせる――こんな研究結果を、米大学の研究者が発表しました。

植物のイモムシへの対抗手段は?

 多くの虫は、状況が悪化すると共食いに走ることが知られています。また植物は虫に食べられるなどの危機に瀕すると、自身の味を悪くするなどして身を守ります。この植物の防衛反応より、普段は植物を食べる虫が共食いに走るのではないかとして米ウィスコンシン大学の研究者が実験を行いました。

 実験では、トマトの木とシロイチモンジョトウというイモムシを使用。また脅威が迫ったときに植物が発する化学物質「ジャスモン酸メチル(MeJA)」を用いました。この物質は他の植物に危機を知らせるもので、トマトの木はこの物質を感知すると毒素を生成します。

 実験では、MeJAを吹きかけていないトマトの木と、さまざまな濃度で吹きかけたトマトの木を使用。これらの木をイモムシと同じ容器に入れます。その結果、高い濃度でMeJAを吹きかけた場合はイモムシの共食いが他より早く始まり、トマトの木はほぼ食べられませんでした。MeJAを吹きかけていない場合や低濃度で吹きかけた場合は、木が食い尽くされてから共食いが始まりました。

共食いするイモムシ(クリックでモザイクが外れます)

 次の実験では、MeJAを吹きかけた木から採った葉と、そうでない木から取った葉を容器に入れ、1匹のイモムシを入れました。さらに一部の容器には共食い用のエサとして死んだイモムシを入れました。先の実験と同様、MeJAを吹きかけた場合のほうが共食いが早く始まり、食べた葉の量も少ない結果となりました。

 イモムシは結局共食いをしますが、そのタイミングが重要で、「捕食者を早く共食いさせられれば、植物は無傷で残る」と研究者は述べています。しかしこうした防御機構を発動させる代価は高く、植物がバランスを取り、事態の深刻度を判断している可能性があるとも語っています。

 研究結果はNatureに掲載されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む