コラム
» 2017年08月04日 11時00分 公開

牡蠣に牡(オス)の字が使われている意外な理由

カキ小屋で雑学を連発せよ!

[QuizKnock,ねとらぼ]

 「Rのつかない月には食べるな」(例えばAugust(8月)には"R"がつかないから食べるのやめとけ)と言われるカキですが、それはマガキの話

 イワガキは産卵時期が違うため、ちょうど夏場、今が旬です。さらに、保存・輸入技術の向上も相まって、今では通年でカキを味わえるようになりました。

 ところで、この「カキ」、漢字では『牡蠣』と書きます。この「牡」という漢字、読みは「オス」(牡馬(ボバ)の牡ですね)。

 なぜ牡蠣には牡という漢字が使われているのでしょうか。そしてメスはどうなったのでしょうか。

 今回は「カキ小屋で披露すると一目置かれる」雑学を、こっそり皆様にお教えします。

カキのオスメスは顕微鏡で判定する

 今でもカキのオスメスは基本的に顕微鏡判定です。そんなわけで、カキに「牡蠣」という漢字が当てられた時代には、その性別を鑑定できる術などありませんでした。

 そこで昔の人は思った。「カキは『白子』に似ているからオス」。そんな単純な、とお思いでしょうが、仕方ない事情もあります。

 例えば「サザエ」。これは内臓部分が白のものがオス、緑のものがメス。そんなわけで、「身が白い貝=オス」という固定観念が存在しても仕方なかったのです。

 こんな観念のもと、カキは全部オスだと思われ、漢字では「牡蠣」と書かれることになりました。もちろん、メスの牡蠣もいます。

昔の人の勘違い「磯のアワビの片思い」

 貝のオスとメス。恋の季節に覚えておきたい言葉を1つ。

 「磯のアワビの片思い」という、最近ではあまり聞かなくなった言葉があります。言葉の意味は「片思い」。片思いをシャレて言った言葉です。

 しかし、なぜ「アワビ」? これも、貝類に対する昔の人の勘違いから来た言葉です。これは「アワビが二枚貝の片側しか無い」ように見えたから。もう片方の「相方」を探している、と考えたのでしょう。

 それでは、なぜアワビは片側しかないのでしょう? それは……実はアワビは「巻き貝」だから。巻き貝なのであの形も当然なのです。

二枚貝の殻は「ピッタリ合う」

 さて、アワビから派生してもう1つ。雑学を畳み掛ける!

 昔の人は「二枚貝の殻はピッタリ合う」という認識を持っていました(だからアワビは奇妙だと思われたのでしょう)。

 例えば「ハマグリ」。大昔はハマグリの貝殻を「毛抜き」として使っていました。こんなことができるのも、貝殻がピッタリ合うから。

 そして平安時代には「貝合せ」という遊びが生まれます。ハマグリの殻を複数ばらまいて、同じ貝の貝殻を2つ見つける神経衰弱的ゲームです。

 ここから生まれた言葉があります。貝合せで失敗したとき、昔の人は「ぐりはま」といいました。「はま」と「ぐり」を入れ替えた言葉です。これが「ぐりはま」→「ぐれはま」→「ぐれ」と来て、現在で言う「グレる」が生まれました。室町時代から「グレる」という言葉が存在したとされています。

 「牡蠣」の字を当てられたカキ。メスもしっかり存在するので、オスのカキは片思いでは終わりません。

 一方で「牡」なんて言われたメスの側は、今頃グレているかも知れませんね。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露