ニュース
» 2018年03月16日 14時00分 公開

川崎市の町イベント、無許可で「かなまら祭コラボ」うたっていると誤解広まる 主催と神社、市の説明は

「川崎市後援」も無許可ではないかとの疑惑も広まっていたが、川崎市の担当者は「正式に後援している」と否定した。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 3月31日に神奈川県川崎市で開催されるイベント「川崎盛盛祭−Kawasaki Morimori Food Festival」が、市や金山神社に無許可で「川崎市後援」「かなまら祭コラボ」をうたっているといううわさがTwitterで広まっている。

 川崎盛盛祭実行委員会、川崎市まちづくり局拠点整備推進室、かなまら祭主催の金山神社に取材したところ、イベントが市から後援をもらっているのは事実。「かなまら祭コラボ」について同実行委員会の代表は、「かなまら祭とのコラボは無かったものの、打ち合わせ時にこちらの伝達ミスによってイベントの協力企業に『コラボしている』と誤解を与えてしまい、企業がそのままネットで告知する事態となってしまった。コラボをかたる意図はなかった」と説明している。

 金山神社と川崎盛盛実行委員会は本件について互いに了解を得ており、同実行委員会は「誤解を招いてしまい申し訳ございませんでした」と謝罪。市担当者は「川崎盛盛祭実行委員会は開催にあたって必要な手続きを全てとっている」と説明し、イベントは川崎市後援のもと今後適切な周知等を図りながら予定通り開催される。

川崎盛盛祭 かなまら祭 誤解 デマ 川崎市 ぷれこす 「川崎盛盛祭−Kawasaki Morimori Food Festival」公式サイト

誤解が広まった経緯

 事の発端は、コスプレ総合企業「ぷれこす」の告知文。川崎盛盛祭は会場の日進町エリアをコスプレイヤーに撮影・交流で開放する予定で、その企画運営を手掛けるぷれこすが3月11日に公式Twitter(@precosplay)で告知する際、「国内外で大注目の『かなまら祭』との初コラボイベント『川崎盛盛祭』開催」と紹介した。


 かなまら祭とは男根を模ったご神体を担いで川崎大師エリアを練り歩く奇祭。世界中から観光客が訪れる人気の祭りとして知られており、2018年度の開催を4月1日に控えている。

川崎盛盛祭 かなまら祭 誤解 デマ 川崎市 ぷれこす かなまら祭、2013年度開催時の写真(筆者撮影)

 12日に主催である金山神社の公式Twitterアカウント(@kanayamajinjya)は、「恐れ入りますが、当社かなまら祭実行委員会はこのようなコラボレーションのお話は伺っていないのですが、どういうことでしょう?」とぷれこすの告知ツイートを引用しながら質問。Twitterでは「祭りの知名度に便乗して無断でコラボをうたっているのでは」と川崎盛盛祭の運営に疑惑が広がった。

川崎盛盛祭 かなまら祭 誤解 デマ 川崎市 ぷれこす 金山神社ツイート

 さらに別の一般ユーザーが「川崎市に問い合わせたところ市は後援していないと回答をもらった」という趣旨の情報を発信したことで、記事冒頭のような誤解を持たれることに。金山神社のツイートは4000回以上リツイートされるなど話題となっている。

なぜ「かなまら祭コラボ」の告知が起こったか

 金山神社の担当者と川崎盛盛祭実行委員会の代表によると、事前に代表は金山神社にイベントの趣旨を説明しており、両者では特に「公式なコラボをする話は進めていなかった」とのこと。事実、川崎盛盛祭の公式サイトや川崎市の告知ページでは「かなまら祭とコラボ」という文言は一切使っていなかった。

川崎盛盛祭 かなまら祭 誤解 デマ 川崎市 ぷれこす 川崎盛盛祭の公式チラシ

 川崎盛盛祭は、かなまら祭で川崎市に訪れる多くの外国人に、外国人の誘致を進めている日進町エリアに足を運んでもらいながら、食や施設を通して日本文化を体験してもらおうというイベント。その上でかなまら祭に支障をきたさないようにという意図で「金山神社に開催概要を伝えた」のだという。

 後に川崎盛盛祭で日本文化の1つとしてコスプレイベントも実施することが決定し、ぷれこすに運営協力を仰ぐことに。しかし打ち合わせ時に開催概要について「同日行われる他のかなまら祭とのコラボイベントと同様、かなまら祭の外国人観光客にも楽しんでもらいたい」「開催については金山神社からも認識してもらっている」などの他説明もあり、ぷれこす側に「川崎盛盛祭はかなまら祭とコラボしている」との誤解を与えてしまい、先述の告知に至った。

 金山神社は告知に対し、開催については認識していたものの「コラボ」については覚えがなく、路上も使ったコスプレイベントも初耳であったため、Twitter上で例の質問を投げかけた。13日朝には代表が事情を説明しに神社を訪れ、告知の経緯について神社側も把握したという。

 同実行委員会の代表は、「こちらの伝達ミスにより多くの方々にご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした」と謝罪。「金山神社様とは、運営に関して『コラボ』といった直接的な関わりは無いことはあらためて確認しています。同祭につきましては中止になる事はございません」と説明した。

 川崎市担当者によると、同実行委員会ではコスプレイベント開催にあたって市役所職員に公道利用などしかるべき確認を行っており、市担当者にも共有しているとのこと。

 Twitterで「市から後援していないと回答をもらった」という情報が広がったことについては、「別の担当課に問い合わせがあり、イベントについて知らない者が対応してしまいました。こちらでも情報共有の徹底をするべきでした。市としてはもちろん、川崎盛盛祭が盛り上がるよう応援しています」と説明した。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」