ニュース
» 2018年05月01日 11時00分 公開

そこには肉の活火山が…… 新宿「にくベジ」驚異のニクボルケーノ、誕生の経緯は?

山好きな人が考えた肉の山がここに。

[あまにょん,ねとらぼ]

 先日、Twitter上であるローストビーフのツイートが話題になりました。ローストビーフにチーズをかけるという代物で、名前がニクボルケーノ。まさに活火山のごとくチーズのマグマが注がれる光景は、迫力がありすぎてマジうまそうなんですが……。



 というわけで、この「ニクボルケーノ」を提供している、新宿の「肉バル&野菜バル にくベジ 新宿駅前店」(Instagram)へ行って実物をいただいてみることにしました。


ニクボルケーノ ニクボルケーノ

ニクボルケーノ にくベジの入口

 「にくベジ」は新宿駅東口から歩いてすぐ。場所としては駅ビル「ルミネエスト」の向かい側のビルです。取材当日は平日ランチの時間を避けて入ったのですが、女子会的な感じのグループが多く、結構混んでいるな……という印象でした。カーテンによって仕切ることができるテーブル席があったり、内装もナチュラルな雰囲気で、この感じ女子好みそうだし喜ぶやつや……と思いました。ちなみに、ディナーの時間は女性客だけではなく幅広い客層の方が訪れるのだそうです。


ニクボルケーノ 内装。ナチュラルな感じですね。

ニクボルケーノ

 こちらのお店は、メニューが「肉 vs 野菜」の形で表記されていて、料理だけでなく飲み物も一部肉派・野菜派に分かれています。メニューに赤か緑で色分けされているのがそれぞれ肉派・野菜派のものとなります。


ニクボルケーノ メニュー。見た感じどれも美味しそう。おなかの余裕があれば食べたい…。

 では、さっそくニクボルケーノを注文します。お店の方いわく、通常サイズは4〜5人前、ハーフサイズ(1480円/税別)は2〜3人前として案内しているそうです。


  • ニクボルケーノ 2980円(税別)

ニクボルケーノ おお、肉じゃな……。

 いやあ……でかい……。通常サイズは400gの牛もも肉を使用しているので、見た感じ非常に迫力があります。

 ローストビーフの横にはレモンとライム、器に盛られたピクルス盛り合わせ(カリフラワー・きゅうり・スライスニンジン・ペコロス)とステーキソースが。そして真ん中にローストビーフの山がそびえたちます。周囲には粒状のレッドペッパーがかかっています。この状態で上にチーズをドローっとかけていくと、まるで活火山のような肉火山が現れます……! この様子については動画を撮りましたので、ぜひこの迫力を実感してください。



ニクボルケーノ チーズを…

ニクボルケーノ だばーっと……

ニクボルケーノ かけたんじゃよ……

 チーズはアッという間に固まるので、到着したらすぐチーズをかけてくれます。なので、写真や動画を撮りたい場合は、すぐ撮れる状況でニクボルケーノの到着を待ちましょう。

 山の大きさは、筆者のiPhone8を比較対象で置いてみましたが、うん、割とでかいよね。そりゃ写真映えするよね。


ニクボルケーノ 山の大きさ、iPhoneで比較しました

 ローストビーフは北海道産の牛もも肉を使用しているそうです。肉自体は割と厚めにスライスされていて、大きさにばらつきがあります。中には手のひらサイズ以上の大きさのものもあり、一口でほおばれない……といううれしい悲鳴も聞こえるほど。ローストビーフは厚みがあって食べ応えは充分。赤身肉ということもあり、お腹にもたれにくい感じがしました。


ニクボルケーノ

ニクボルケーノ そしてここでも大きさ比較

 ローストビーフ山の中身を分解していくと、山の土手はマッシュポテト。その上にローストビーフがてんこ盛りで盛り付けられているので、型崩れせずに山を保ってくれています。このマッシュポテト、味自体はかなり薄味であっさりとしています。ローストビーフと一緒に食べるもよし、そのまま食べるもよし。もちろんステーキソースをかけてもよし……という万能ぶり。もしローストビーフがなくても私このマッシュポテトだけ食べていられるな……と思いました。


ニクボルケーノ マッシュポテトが土手になっております。マッシュポテトうまい

 そして、チーズが乗っかったローストビーフ……おいしかったです。このチーズは、チェダーチーズとモッツァレラチーズと生クリーム、それと秘密のものが入っているのだそうで、かけた当初はトロトロ、食べ始めていくとチーズが徐々にかたまっていきます。濃厚でコクがあるチーズは牛もも肉にベストマッチ。チーズとマッシュポテトと一緒に食べてもおいしかったです。辛いのが苦手でなければレッドペッパーと一緒に食べてもいいと思います。


ニクボルケーノ 赤いぽつぽつがレッドペッパーです。

 味を変える場合は、一緒に添えられているレモンやライムを絞ったり、ステーキソースにつけたりするといいでしょう。レモンやライムはさっぱりした感じに変えてくれますし、ステーキソースはあまり濃くはないのですが、程よく甘みがあって牛もも肉にピッタリ。これもおいしいなあ……。ピクルスもさっぱりしていていい感じでしたよ。


ニクボルケーノ ピクルス

ニクボルケーノ ステーキソース

 とにかく肉を食べたぞ! という気分になれるし、ローストビーフ好きにはたまらない逸品だなと思いました。チーズをかけるところはまさにインスタ映えする料理だと思いましたし、そのために行って食べるのはありだなと思いました。

 結局、通常サイズをひとりで全て食べきりました。無茶しやがって……と言われそうですが、ひとりで食べるのは結構大変かと思います。ですので、お店の方がおっしゃる通り、何人かでシェアして食べることをおすすめします。


ニクボルケーノ よく一人で食べたな……。

 なぜこの店でニクボルケーノが生まれたのか、経緯を店長さんに尋ねたところ、「登山好きな前料理長が山にちなんで作ったと伝えられています」とのこと。ニクボルケーノは1日10〜25食程度注文があるそうで、これ目当てに若い女性が来店することが多いのだとか。うん。すごくわかる……。

 今回はニクボルケーノだけを食べましたが、他の料理も気になりすぎるので、今度は何人かで行ってみたいなと思いました。ごちそうさまでした!


ニクボルケーノ 入口の壁に牛さんがいっぱい。牧場か!

肉バル&野菜バル にくベジ 新宿駅前店

  • 住所:東京都新宿区新宿3-27-5 ケースリービル7F
  • 営業時間:12:00〜23:30
  • 定休日:なし


あまにょん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  2. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  3. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  4. /nl/articles/2108/04/news164.jpg 「可愛いいいい」「ハートに恋の毒が回りました」 本田真凜、『鬼滅の刃』胡蝶しのぶのコスプレでファンを魅了
  5. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  6. /nl/articles/2108/05/news122.jpg キモノ風ですてき! 英金メダリスト、プールサイドで編んでいたカーディガン披露「五輪を思い出させる何かが作りたくて」
  7. /nl/articles/2108/05/news142.jpg おうちに帰るまでがオリンピックです! 五輪参加アスリート&ジャーナリストが感動した日本式“お見送り”
  8. /nl/articles/2108/05/news015.jpg 飼い主がお風呂に入ろうとしたら……ワンコの先客が!? 一番風呂でくつろぐゴールデンレトリバーに爆笑
  9. /nl/articles/2108/04/news086.jpg パパから5歳娘へ「もし車に閉じ込められたら、クラクションを鳴らして」 注意喚起する漫画に「目からウロコ」「早速教えます」の声
  10. /nl/articles/2108/04/news154.jpg Twitterで「今見てたツイートが急にスクロールしてどっか行く現象」を抑える方法が話題 「助かる!」「地味にストレスたまってた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する