ニュース
» 2018年05月13日 11時00分 公開

「キャラクターをどうやって三次元に連れてくるか」 BANDAI SPIRITSが挑む、次元を超えた“変態技術”(後編)(5/5 ページ)

[しげる,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5       

「塗らなくていいプラモデル」が存在する意義

――しかし、ここまでやってあると「もう塗装しなくていいじゃん」という感じがありますけども、塗装する必要がないプラモに対してどうお考えでしょうか?

西村:僕自身が企画のコンセプトを立てる際の考え方としては、プラモデルというのはとても自由な遊びだと思っているんですね。プラモは好きに手を加えられる自由な商品なので、その中で「色を塗る」という行為は必須かどうかでいえば必須ではないと思います。別に塗らなくて満足ならそれでいいし、もっと楽しみたければ塗ればいいという感覚です。

――確かに、別に塗りたくなければ塗らなきゃいいですよね。

西村:ただ、塗らなくてもいいくらいまででき上がっていれば、技術レベルに関係なくそこまでは楽しめる。そこから先に行きたければ塗っても改造してもいい。最初から塗るのが前提になってなくて、塗料やエアブラシや筆を買わなくてもいいというのは、それだけで遊べる人の幅が増えると思うんです。逆に塗れる人は最初から色がついていようがなんだろうが塗ると思うんで。

 「塗らなくてもいい」って言っちゃうと遊びの幅を狭めているように聞こえるかもしれないですけど、意図としてはそこから先の表現や遊びの幅を広げるための素地として、より遊びやすいものを提供しているつもりです。

――そうか、「塗ってもいい」わけですもんね。

西村:「塗らなきゃいけない」よりは「塗ってもいい」くらいのほうが、気が楽に遊べるでしょって感じですね。キャラやアニメが好きな人が広く遊べるものの方がいいよねと思うところがあるので。

――バンダイの成形技術に関して、今後やってみたいことってなんだと思いますか?

西村:表現の幅は広げたいですね。今回は「透け感を伴った深みのある肌の色を出す」ということに成功して、ひとつ商品が出せました。今度は色を表現するということのバリエーションを増やしたいです。グラデーションをつけるとか、肌色以外の透け色はできるかとか。今回の作りは肌色の表現に特化したものになっているので、ほかのものにそのまま応用できないんですよ。

――例えば同じことを髪の毛でやってみようとしても、そのまま使えるわけではないんですね。

西村:樹脂は溶かして流すものだという、成形の都合を全て踏まえた上で今回この仕上がりになるよう調整をかけているので。だからこの色以外のものを出そうと思うとまた一から調整が必要になるんです。そこの幅を広げていきたいですね。

 今回のこの金型で実現できたのは肌の色の表現一点だけですけど、世にある塗装済みフィギュアではもっといろんな表現がされているんです。それが最初から部品の状態でできてて、ユーザーのスキルやロットのばらつきは関係なく同じ品質が出るというのを実現したいですね。

――モデラーがエアブラシや筆でやっていることを、金型レベルからやっていこうという話なんですね。

西村:モデラーさんたちがそうやって塗装するのはなぜかといえば、ひとつにはキャラクターのイメージがあって、それを三次元に起こしてくるための手法として塗装があるわけじゃないですか。僕らはキャラクターを三次元に連れてくるために成形を使いたい。そこの差なんです。

 色のついてないものを塗装して楽しむのはそれはそれでいいんですけど、それとはまた別の手法を使って、たどり着くべきはみんなが大好きなキャラクターというのが理想です。

――ネットでは今回のフミナ先輩も「変態技術」っていわれてますけど、そのへん実際どうですか?

西村:褒め言葉だと受け取ってる時の方が多いかもしれないですね。想像の限界を超えたものを見た時の、感嘆符のような意味で言ってくれていると信じているので(笑)!

山上:いきなりこんなものを見せられて驚いているという感じかなあと思います。もちろん成形や金型の知識がある人はいろいろ想像するところがあるみたいで、業界の人は「こういう技術を使っているのかな?」といろいろ考えてくれているみたいなんですけど。そうじゃない一般のユーザーさんは一緒くたに「そういう技術なんだ」と思ってくれているのかなと。

西村:「どうやってできているのか分からない、すごい謎の技術だ」というニュアンスと、「なんでこんなことをしようと思ったんだ?」というニュアンスと、多分2パターンの意味がある気がしますね(笑)。

 どちらにしても「思ってもみなかった」という意味で言ってくれている方がほとんどだと思うので、基本的にはいい意味で注目を集めることができたのかなと思ってます。頑張って作ったんで、それは素直にうれしいですね。

(了)


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声