ニュース
» 2018年07月15日 11時00分 公開

「エンジンを使って女の子が楽できるなら」 50年前の“やりすぎな耕運機”が、今プラモデルでよみがえる理由(後編)(2/6 ページ)

[しげる,ねとらぼ]

高久:当時のホンダのリリースには「耕運機界のロールス・ロイス」って書いてあるんですよ。まだ四輪もこれからやろうというときに、農機具の方でほかのメーカーの名前を出すかという。

中島:多分ロールス・ロイスのイメージがどこからきたかというと、この長いエンジンだったんでしょうね。初任給が5万円とかの時代に1台16万円で売ってましたからねえ。「あの名主さんなら持っててもおかしくないよね」っていうくらいの耕運機だったんじゃないですかねえ。

高久:これ、ハンドルのあたりについてるエンジン始動の方法を見ると、セルモーターついてるっぽいんですよね。セルがついてる耕運機って珍しくなかったんですか?



中島:この当時、二輪でもセル付のモデルは数少ないです。この観点では、さまざまな技術を耕運機で試したとも考えられます。

――いろんなものをテストしてた可能性があるんですね。

高久:ガンダムですよ、もう。剛体でいいだろうっていうところが全部パーツ分割されてる。

中島:今の感覚で見てみると、コストを度外視しているような作り方だと思います。

高久:このタイヤ幅も二箇所ポジションが調節できて、オプションでオーバーフェンダーつけられたりとか、履帯仕様もカタログに載ってたりするんですよ。ほんとに履帯をつけてテストしたかも分からないですけど。あと畝立て機っていう畑の畝を立てる社外品のオプションを搭載できるようになってたりとか。

――オーバースペックですね……。

高久:あと中島さんから聞いたのが、操縦系統がハンドルの周囲に集約されてるんですよね。で、セルがついてるからエンジン始動もワンタッチでできるという。だから基本的には女子でも手を汚さず、立ったままエンジンをかけられる。



中島:F60だったら、ここまで細かいスイッチとかはいらないんですよ。でもF90にはスイッチがついてて、しかもハンドルじゃなくて胴体側についてるレバーやスイッチってちょっと手元から遠いんです。機能性を重視したスイッチ等の配置とは考えにくい。じゃあどうして? という問いに対しては、もう誰にも分からないですね。

――かっこよさ優先だったんですね。

中島:これは二輪の先輩に聞いた逸話なんですけど、ホンダは過去にコンバインみたいな、田んぼの稲を刈ってまとめて倒していく車を作ったことがあるんですよ。先輩が新人時代にそれのテストに行ったんですけど、会社から田んぼまでナンバーつけて公道を走っていくんです。

 そのとき、二輪の人が作っているからか、ものすごくいい走りができた。もう楽しくてしょうがない。それで田んぼについて、いざ稲を刈ってみると田んぼを四角く刈れなくて、丸くしか刈ることができない。それに刈った稲がまとまるはずが、全部バラけちゃう。田んぼの持ち主の農家の人たちも「ふざけるな!」「まともなものになってからもってこい!」って怒りだしちゃって、「すいません!」って謝りながらみんなで稲を縛って回ったらしいんです。で、帰るときはまたすごくいい走りで楽しく帰ってくるという。

――走りだけはすごくいいんですね……。

中島:そうですね、昔からホンダのエンジンに対するこだわりは強いですよ。結果的に、先輩の話していたコンバインは発売されなかったとのことですが(笑)。

高久:この地面を掘り返す刃をパーツにするのも、最後まで工場で大変苦労しました。それで発売が遅れまして……。複雑すぎて金型から外れないんですよ。で「外れました!」って今度は全部刃が折れた試作品が届いて。これもノウハウの蓄積だなと。耕運機というか、失敗作と言ってもいいであろう変なメカなのに、格好と機能だけはすごくいいんですよね。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」