ニュース
» 2018年07月05日 16時45分 公開

「ほぼ親父しか解いてねえ」―― とあるお父さんが作った数独サイト、息子のツイートで一夜にして人気爆発

お父さんに、なぜ自分でサイトを作ろうと思ったかなど聞きました。

[池谷勇人,ねとらぼ]

 とあるお父さんが作った「数独」サイトがTwitterで注目を集めています。それまでは「娘夫婦、息子夫婦くらいしかアクセスしていなかった」のが、話題になってからは「爆発的なアクセス数」にまで伸びたとのこと。お父さんになぜ自分で数独サイトを作ろうと思ったのか聞いてみました。



 注目を集めたきっかけは息子さん(@kananira)のツイート。「ちまたの数独問題の難易度に満足できなくなった親父が、実家の俺の部屋を勝手にサーバールームにして自動で高難度の数独問題作るアルゴリズム組んでた」「ほぼ親父しか解いてねえ。誰かやってくれ」と呼びかけたところ、1万6000回以上リツイートされるなど話題に。息子さんの部屋を勝手にサーバールームにしてしまったり、自分でアルゴリズムを組んだりと、お父さんの本気ぶりがそこかしこから伝わってきます。



 「数独」は、9×9のマスの中に、“かぶり”が発生しないように1〜9までの数字を入れていくパズル遊び。ナンバープレイス・ナンプレとも呼ばれ、2000年台にイギリスで爆発的ブームとなり、これがきっかけで世界的に知られるようになりました。

 サイトでは中級者向けの「level2」から、最高難度の「level9」まで、全部で8段階(+α)の数独問題が出題されています。「level2〜5」までは毎日7題を入れ替えで出題、「level6」以上は固定ですが、「上級者向け」とある通り、かなりの難易度となっているようです(筆者も挑んでみましたが解けませんでした……)。ただ、難易度にはこだわりがあり、「仮置き(※)」をしなくても、全てロジックで解けるものだけを掲載しているとのこと。

※理詰めで数字を確定させるのではなく、分からない部分に取りあえず仮で数字を入れてみて解くこと


数独 中級者向けの「level2」。これくらいなら筆者でもなんとか解けました

 サイトの作りはシンプルですが、数独サイトとしては十分で、おまけに問題も本格的。今まで知られていなかったのが不思議なくらいで、息子さんのTwitterにも「数独好きなので面白いです」「数独大好きなので利用させていただきます!」など、喜びの声が多く寄せられていました。


数独 ちょっとトリッキーな「level?」(難易度的には「level9」の方が上ですが、こちらは「最初の1文字もなかなかわからない変な数独」とのこと。もちろん解けませんでした……)

 それにしても、なぜ自分で数独サイトを作ろうとまで思ったのか。サイトの作者(お父さん)に聞いてみました。



―― 自分で数独サイトを作ろうと思ったのはなぜですか?

 そもそものきっかけは、自分自身が数独を楽しむためでした。サイトにも記載しましたが、数独も難問になると、枠の中に可能性のある数字、例えば「1、3」とか「3、4、5」とかをメモ書きしないと私には解けません。紙上でメモ書きを繰り返していると、問題用紙がとても汚くなってしまうのが嫌だったのです。

 それから問題の質への不満もあり、自分で解く用に数独の問題を自作し、タブレットで遊ぶことにしました。そしてあるとき、帰省していた娘が私の作ったタブレット数独アプリで遊んでみたところ、「これハマる」と言って何時間も利用してくれました。自分だけ面白いわけではないのだなと分かったことが、サイト作成のきっかけです。

―― 「ちまたの数独問題の難易度に満足できなくなった」というのは本当?

 難易度ではなく、質に満足できなくなりました。難問をうたう問題が、仮置きしないと解けなかったり、複数回答があり得たりなどです。

―― 数独における「高難度」の基準はどう定めていますか。

 解が得られるまでの複雑さと、“盲点”の多さです。サイトにも記載していますが、「仮置きしないと解けない」「複数回答があり得る」など、行き当たりばったりな解きかたをしないと解けない難問は、問題として未完成なだけだと考えています。このためサイトでは完全に理詰めで解ける難問であることにこだわりました。

 ただし“盲点”については、プログラミング上はいまだ仮説にすぎず確証は持っていません。

―― ここまで数独に入れ込むようになったのはなぜですか。

 数独は奥が深い魅力的なゲームだからだと思います。もともと五目並べのようなゲームが好きで、個人的にはプログラミングよりもずっと奥が深いと思っています。

―― 今回の件で反響はありましたか。

 息子の紹介のおかげで爆発的なアクセス数になりました。いろいろな意見も寄せられています。すごくうれしいと思っています。今まで娘夫婦、息子夫婦くらいしかアクセスしていなかったものが、ツイートの翌日には、1日で5万3000アクセスになりました

 昔、「あなたは本日○○人目の訪問者です」というカウンターを付けていましたが、ほとんど自分しかアクセスしていなかったので、「自分が1日何回数独をやったか」の指標になってしまい、削除しました。今後復活させるくらいに固定ファンをつかむことができればうれしいです。



 話題になったことを受けて、その後トップページには「Level6からLevel?までの新作を追加する準備をしています」とのお知らせも。サイトには分かりやすい遊び方解説もあるので、初心者はまずはlevel2から(それでも中級者向けですが)、腕に自信のある人はぜひlevel6以上に挑戦してみてください。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」