ニュース
» 2018年07月16日 09時00分 公開

「カメムシは自分のにおいで死ぬ」 アース製薬の飼育員著『きらいになれない害虫図鑑』が興味深い

もともと虫が苦手だった飼育員が仕事のなかで知った、害虫たちの意外な一面を紹介。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アース製薬の飼育員が著した『きらいになれない害虫図鑑』(幻冬舎)が、7月26日に1296円で発売されます。「ゴキブリは人間を襲わない」「カメムシは自分のにおいで死ぬ」など、害虫たちの意外な一面を紹介しています。


書影 きらいになれない害虫図鑑(画像はAmazon.co.jpより)

帯 帯には害虫にまつわる知識のダイジェストが

 同社は商品開発や生態研究のために、ゴキブリ100万匹や蚊とハエ合計10万匹、ダニ1億匹など、約100種類の害虫を飼育しています。これを担う生物研究家の課長が、著者の有吉立(ありよし りつ)さん。もともとは害虫に限らず虫自体が苦手でしたが、仕事のなかで生態を知るうちに、恐怖心や偏見はなくなったといいます。


帯 「アース製薬研究所・飼育室より愛を込めて」

 登場するのはクモやアリ、ムカデやナメクジ、各種衣類害虫や園芸害虫など約20種類。いずれもコミカルなイラストで紹介されています。また、有吉さんが飼育に臨んだ奮闘記も。害虫のプロが伝える生態を知れば、恐怖も多少は抑えられるかもしれません。


事例事例事例 コミカルな挿し絵から、過酷な飼育の様子がなんとなく伝わる


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた