ニュース
» 2018年08月13日 10時00分 公開

「スイッチを切らないで」 ロボットに頼まれるとためらってしまう実験結果が発表

テレビや映画を見ていて感情移入してしまうように、私たちはロボットからの依頼も、そこに意思があるものだと思ってしまうようです。

[関口雄太,ねとらぼ]

 独デュースブルク=エッセン大学が、ロボットの「私の電源を切らないで下さい」という反発が人間の行動に影響を与えるかを実験したところ、多くの実験参加者が電源を切ることをためらうと明らかになりました。中には電源を切らなかった人もいたほど。ロボットに交渉されて、人間が従ってしまうという結果に……。


ロボットが人間を操作? 「スイッチを切らないで」と頼まれると躊躇してしまう実験結果が発表 人間はロボットに思わず従ってしまうのか(画像は論文より)

 この実験では、小型ヒューマノイドロボット「Nao」の学習アルゴリズム向上という名目で、ボランティアの参加者を集めました。参加した人々は、Naoが出題する「パスタとピザどっちが好き」といった二択の質問に答えていきます。しかし、本当の実験は、参加者がNaoの質問に答え終わってから。試験を終えた参加者がロボットの電源を切ろうとすると、「やめて!スイッチを切らないでください!」とNaoがお願いしてくるのです。


ロボットが人間を操作? 「スイッチを切らないで」と頼まれると躊躇してしまう実験結果が発表 二択の質問に答えてからが試験の本題(画像は論文より)

 Naoからの懇願は、ランダムに行われました。参加者のうち43人がスイッチをOFFにしないようにお願いされ、13人が電源を切りませんでした。残りの30人は電源こそ切ったものの、懇願されなかった参加者よりも2倍の時間をかけて電源を切りました。どうやらロボットからお願いされると、人間は行動をためらってしまうようです。


ロボットが人間を操作? 「スイッチを切らないで」と頼まれると躊躇してしまう実験結果が発表 電源OFFを躊躇してしまう(画像は論文より)

 実験報告では、今回の結果はメディア等式の延長線上にあると触れられています。メディア等式とは、人間はメディア(ロボット)を現実のものとして認識するという理論のことで、テレビや映画を見ていて感情移入してしまうように、私たちはロボットからの依頼も、そこに意思があるものだと思ってしまうようです。


 実験を主導したエイキ・ホルストマン博士は海外メディアのインタビューにて、人間がロボットを現実の人間のように扱ってしまうのではという心配の声を「たくさん耳にします」とした上で、「(今まで地球にいる社会的な生き物は人間が中心だったが)ロボットとの区別を付けられるように適応しなければなりません」と述べています。ロボットの生き物らしさは日々増していますが、あくまでもロボットは機械であり、人間とは違うものであると意識するべき時代なのかもしれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声