ニュース
» 2018年08月23日 10時30分 公開

「セーラームーン」クラシックコンサートが東京・大阪で開催 セットリストだけでもう泣ける

キングレコード平野Pに「セーラームーン楽曲の魅力」を語ってもらいました。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 セーラームーンの音楽をオーケストラで楽しむ――セーラームーンに憧れる老若男女がときめくコンサート「美少女戦士セーラームーン Classic Concert 2018」が東京と大阪で開催されます。名曲「ムーンライト伝説」「乙女のポリシー」はもちろん、劇伴やキャラクターソングなど全21曲が奏でられます。

 セーラームーンクラシックコンサートの開催は、2017年8月の東京公演、2018年4月の大阪公演に続き、今回で3回目。オーケストラだけでなく、三石琴乃さん(月野うさぎ/セーラームーン役)、小坂明子さん(作曲家)、堀江美都子さん(「ニュームーンに恋して」ほか、セーラーギャラクシア役)の3人がゲスト出演し、ピアノ・歌・せりふでセーラームーンの世界観を盛り上げます。

 セットリストだけでも涙腺が刺激されそうなコンサート。開催までの経緯やコンサートのこだわりを、キングレコードの平野宗一郎プロデューサーに聞きました。

セーラームーンのクラシックコンサートが開催!

セーラームーンの音楽はどこを切り取っても“1本つながっている”

――セーラームーンクラシックコンサートの企画は、どのようにしてスタートしたのでしょうか?

 「25年に渡るセーラームーン音楽の歴史と魅力をオーケストラサウンドで表現したら、きっと新しい音楽体験の場になるのではないか」と思ったのが企画の始まりです。東京公演、大阪公演とお客さんの反響が非常に大きかったので、「またやってみよう」と今回の公演が決定しました。

――前回公演の来場者層は、どういった方が多かったですか?

 原作や90年代のアニメシリーズからの大ファンの方はもちろん、「Crystal」シリーズや復活したミュージカルから入られたファンの方もいらっしゃいましたね。世代を超えて愛される普遍的なタイトルだということを、さまざまな場面で感じます。

前回公演の様子

――前回の2公演での、印象に残っているエピソードを教えてください!

 アンケートを来場者にお配りしたのですが、びっくりするほどの回収率でした! たくさんの方が、裏面までぎっしりと感想を書いてくださいました。こんなにアンケートを書いていただくことは今までにない経験でした。

 そして満足度98%と高い評価をいただきつつも、「こういうのがあったら!」「次はこの曲も!」というとても熱いコメントが多かったです。1つ1つのコメントを何日もかけてスタッフ全員で読み、今回の公演に結び付けました。

――セットリストも、オープニング曲だけではなく、カリスマたっぷりの「ウラヌス&ネプチューンメドレー」やスリーライツメドレーなど、「この曲が来たか〜!」というセレクトですね。

 前回公演とはセットリストを変えています。ポップスアレンジをよりシンフォニックにし、70以上の音が同時に奏でられるオーケストラコンサートならではの醍醐味をより感じていただくようにしました。東京公演では東京フィルハーモニー交響楽団さん、大阪公演では関西フィルハーモニー管弦楽団さんが演奏します。有澤孝紀さんの劇伴音楽をたっぷり聴いて頂けるコーナーや、バンダイミュージカルオフィス版ミュージカルの楽曲やキャラソンのコーナーもありますよ。

今回の公演セットリスト。こだわりがいっぱい

 また、ぜひ堪能していただきたいのは、ゲストのみなさんのパフォーマンス。小坂明子さん、SUGURUさん、寺下真理子さんをはじめ、今回はなんと堀江美都子さんに歌と声の出演で参加していただきます。オーケストラと共鳴する堀江さんの歌声も必聴ですし、三石琴乃さん演じるセーラームーンとセーラーギャラクシアのドラマパートも楽しみにしていてほしいです。

ALTALT 三石琴乃さん(セーラームーン)×堀江美都子さん(セーラーギャラクシア)のドラマパートも

――セーラームーンの世界にとことん浸れる時間になりそうです。

 セーラームーンは世代を超えた普遍的な作品だと思います。だからこそ、90年代のアニメシリーズでも、「Crystal」シリーズでも、どこの音楽を切り取っても“1本つながっている”んですよね。圧倒的な世界観があるので、生まれる音楽も時代は違えどセーラームーンだとすぐ分かる。これはとてもすごいことだと思います。

 さまざまな年代に生まれた名曲がたっぷりと、極上のサウンドで披露されますので、ぜひセーラームーン音楽の時間を楽しんでもらえたら幸いです!


 各公演終了後には、キャストによるお見送りや出演者のサインが当たる抽選会も予定しています。会場にセーラームーンファンのエナジーが集まりそう……!

FC会員限定の回替わり来場者プレゼント

 東京公演は8月28〜29日(各日2公演、14時開演/19時開演)に東京芸術劇場、大阪公演は9月7日(19時開演)にフェスティバルホールで開催されます。チケット料金は東京公演がS席8900円・A席7900円、大阪公演がS席9800円・A席8800円・BOX席1万2000円(全て税込)です。

(C)武内直子・PNP・東映アニメーション



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  3. /nl/articles/2110/25/news079.jpg 浜崎あゆみ、帝王切開の経験を告白 「お腹の傷を愛おしく誇りに思う」と“消えない偏見”に思いつづる
  4. /nl/articles/2110/25/news007.jpg 「ロード・オブ・ザ・リング」の重要アイテムがカプセルトイで登場 “ひとつの指輪”も手に入ってしまう
  5. /nl/articles/2110/25/news051.jpg 「アッ...アッ......困りますお客さま…!」 子猫を迎えて2日目、すっかり懐いて飼い主を無事メロメロにしてしまう
  6. /nl/articles/2110/24/news049.jpg 本田望結、小型船舶免許を取得し免許証を公開 姉・真凜もびっくり「凄っ、知らんかったって笑」
  7. /nl/articles/2110/23/news032.jpg 『ちいかわ』が“幸福論を問う作品”であるという決定打 なぜ「オフィスグリコちゃんのカエル」でTwitterがどよめいたのか
  8. /nl/articles/2110/24/news027.jpg 所さんのピンクのフィアット500が事故で「水没」 めっちゃかっこいい、からの「普通に失敗しちゃうところも好き」の声
  9. /nl/articles/2110/24/news044.jpg 深田恭子、2022年のカレンダーで花に囲まれた美女ショット ファン「美しすぎる」「来年も一緒に過ごします!」
  10. /nl/articles/2110/21/news028.jpg 本当にあったZoomの怖い話 母がうっかりカメラON、100人に実家が丸見えになった実録漫画が地獄みしかない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる