レビュー
» 2018年12月19日 11時00分 公開

月刊乗り鉄話題(2018年12月版):列車もトークもガンガン加速 “爆速”ローカル鉄道、ほくほく線「鉄分たっぷりツアー」が楽しすぎた (2/4)

[杉山淳一,ねとらぼ]

ふだんは立ち入り禁止「儀明斜坑」で列車の風圧体験 そこで見たのは……!?

 次のイベントは「儀明斜坑」の見学。松代駅で列車を降りて、2台のマイクロバスで向かいます。ほくほく線建設時の最大の難所、鍋立山トンネルの工事のために作られた、暗くて長い坂道トンネル。現在はトンネルの点検作業の出入り口。また、万が一、トンネルで列車が立ち往生した場合の避難通路の役割もあります。大型バスでは入れないため、マイクロバスで近くまで行き、さらに山道を歩きます。

北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 松代からは2グループに分かれてマイクロバスに乗り換え。久野さんと南田さんは行きと帰りで交代。それぞれの単独トークも大盛り上がり
北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 バスを降りて斜坑入り口まで歩く。鉄板の壁は外部からの侵入を防ぐためではなく、トンネルからの突風で周囲に迷惑を掛けないためだそうです
北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 斜坑入り口に到着。まずは列車の通過で起きる風を体験

 もちろんふだんは立ち入り禁止。敷地の門とトンネル入り口には頑丈な鍵が掛かっています。トンネル入り口に立つと、ちょうどトンネルを列車が通過するところでした。坑道から強い風が吹き出します。しばらくすると風向きが逆に。坑道に吸い込まれそうになります。列車が通過すると、空気が引っ張られていくんですね。ここに入るのかと思うとドキドキしますよ。「蛇がいるかもしれないので気を付けてくだいさいねー」なんて注意が。冗談かもしれませんが、体験と言うより探検です。幸い、蛇はいませんでした。

北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 トンネル入り口から吹き出す突風を自らの髪で表現する久野さん。そこまでやるか……というより、すごく楽しそうなんですけど
北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 南田さんはトンネルに吸い込まれる風の勢いを枯れ葉の吸い付きで表現。いつも張り合っている2人。負けられない戦いがあるのか……

 長い下り坂を下りていき、いよいよ線路際に到着。全員しゃがんで列車の通過を待ちます。ここも列車がすれ違う設備「儀明信号場」となっています。列車は奥の線路を通過するのでちょっと安心。しばらく待っていると風が吹き始め、遠くから列車が近づき、ごう音を立てて遠ざかっていきました。2両編成でも大迫力です。シビれた〜。

 長い下り坂の帰り道は長い上り坂。ヘトヘトになりつつバスにたどり着き、松代駅に戻って来ました。松代駅は道の駅を兼ねていてお土産屋さんもあります。そして線路の反対側にある総合文化施設「農舞台」のレストラン「越後まつだい里山食堂」でランチタイム。新潟県十日町のおいしいお米と野菜、鶏のから揚げなどを堪能します。

 農舞台は、2000年から開催されている世界最大規模の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の中核施設です。トリエンナーレとは「3年に1度」という意味。2018年が開催年に当たり、7月29日から9月17日まで、彫刻や建築などさまざまな作品が十日町市と周辺の4町1村に作られました。恒久設置作品も多数あるため、会期が終わっても楽しめます。松代駅周辺には草間彌生さんの作品「花咲ける妻有」もありました。全て見て回るならば、レンタカーや宿泊が必須です。

北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 松代に戻ってランチタイム。オシャレなレストラン。窓から芸術作品を鑑賞できた
北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 地元の食材を使った料理をモリモリいただいた
北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 食後の散歩で芸術祭作品を鑑賞。前衛芸術の女王こと草間彌生さんの彫刻とほくほく線電車のツーショット
北越急行ほくほく線 乗ってみた 乗り鉄 久野知美 南田裕介 農舞台内にある1室を使った作品「関係 - 黒板の教室」は現代芸術家、河口龍夫さんの作品。あらゆるものが黒板の素材でできている。チョークで落書きを楽しめる。左の棚にある地球儀も黒板。ファンタジー世界のマップを描けてしまう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.