ニュース
» 2019年01月07日 18時25分 公開

新iPad Pro、ちょっと曲がってない?→指摘にAppleが見解表明 「湾曲は0.4ミリ以下を基準に検査している」

前世代モデルよりも精度は高いとしています。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「第3世代iPad Pro(2018年11月発売)は筐体が湾曲しやすい」と一部で指摘されている件について、Appleが見解を述べました


iPad Pro

 この新型iPad Proは厚み5.9ミリと歴代最薄で、携帯性がアピールされてきました。その一方で、「使用中に筐体が曲がってきた」「開封時点でわずかに湾曲していた」など、一部の個体に見られたケースをWebメディアThe Vergeなどが指摘。薄さゆえとおぼしき問題が懸念されていました。


iPad Pro

 指摘に対し、Appleはまず筐体の一部をアンテナとして機能させる、セルラーモデルの仕組みを説明。この部分の製造に新たな工法を導入したことで、精度は前世代以上に向上したと述べています。

 さらに厳格な検査で、筐体の湾曲は0.4ミリ以下に抑えられていると説明。特定の角度から見ると曲がっているように見えるかもしれないが、通常の使用では知覚できないとしています。なお、これらの仕様を製品が満たしていないと思う場合は、Appleサポートに問い合わせてほしいとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.