ニュース
» 2019年03月07日 12時30分 公開

「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる 【我孫子】で河童と文学の香りに思いを馳せる(1/3 ページ)

今回はミニベロで。

[中山順司,ねとらぼ]

 我孫子(あびこ)駅ってご存じですか?

 千葉、埼玉、東京だとそれなりに知られた名前ですが、他府県の中には「なんて読むの?」って方も多いかも。

 千葉県北西部の東葛地域に位置する……って言ってもよく分かんないですね。利根川と手賀沼に挟まれた茨城県との境にある人口約13万人の市……だとイメージつきやすいでしょうか。

 江戸時代には水運が栄え、大正から昭和初期にかけて我孫子は「北の鎌倉」と称されることもあったらしいです。後述しますが、かつて志賀直哉、武者小路実篤、柳宗悦、バーナード・リーチなど多くの著名な文化人が居を構えたり別荘を持ったりしたことで、白樺派の拠点となっていたんだとか。

 「駅名は知っているけど、訪れたことはない」

 そんな街にあえて足を運び、徒然なるままに探索してみる。そんな休日の過ごし方があってもいいと思うのです。旅は道連れ世は情け、全ての街は誰かの地元、きっと愛する人がいる、別れはいろいろあるけれど、会うが別れの始めとは、貴方はなぜなぜ私を捨てた、つらく悲しい街の歌。

 それでは出かけてまいりましょう。


中山順司(なかやま・じゅんじ)

ロードバイクをこよなく愛するオッサンブロガー。“徹底的&圧倒的なユーザー目線で情熱的に情報発信する”ことがモットー。freee株式会社勤務&経営ハッカー編集長。ブログ「サイクルガジェット」運営。

ロードバイクが好きすぎる筆者の過去記事



※意外に読めない人が多い地名だったりします


そもそも我孫子駅ってどこにあるの

 このへんです↓。


柏市のやや東

 東川口駅からミニベロを積んで武蔵野線に乗り、新松戸駅で常磐線に乗り換えて向かいました。


北と南に出口あり

駅前はふつう

 我孫子って未開の地で、千葉の辺境にあると思ってた……意外に文明あるじゃないですか(失礼)。いやですね、なんでそう思い込んでいたかというと、子どものころは東海地方に住んでて、親戚じゅうから「千葉に我孫子という辺境があってな……東京のそのまた先にある、それはそれは遠いところにある街なのじゃ……その我孫子には●●叔父さんが住んでいるのじゃよ……」と聞かされていたから。そのイメージが大人になった今でも残っていたわけ。

 当時の脳内での我孫子のロケーション↓。


そこ、もはや茨城だからっ……!

志賀直哉とか武者小路実篤とか、我孫子市にゆかりがあるそうな

 ちなみに今回は千葉出身の友人が一緒です。籠原駅編の記事を読ませたら、「俺もそういうのしたい〜〜連れってってよ〜〜ねぇ〜〜」とせがむのでOKしました。それにしてもこんな日帰り旅に行きたいだなんて……奇特だな。


自分が生まれた年(1971年)に志賀直哉は亡くなったのか……48年前

手賀沼周辺にはかつての文化人らの史跡がいっぱい

 駅から1分も走るとそこはもう手賀沼。

 手賀沼とは、千葉県北部、柏市、我孫子市、白井市、印西市にまたがる利根川水系の湖沼で湖沼水質保全特別措置法指定湖沼なんだそうです。江戸時代はウナギもよく捕れたそうな。


白樺派を代表する小説家の1人、志賀直哉の邸跡に行ってみた


あんな小さい家に住んでたの……? あばら家じゃん

 掃除しているおじいさんに聞いたら「これは書斎だよ」とのこと。そりゃそうですよね。お屋敷そのものは跡形もなくなっていた。


思ったより濃い顔つきの志賀直哉(「小説の神様」って呼ばれてたんだ)

 代表作は「暗夜行路」「和解」「城の崎にて」ですかね(ですかねって、一作も読んだこともないし、あらすじも知らないけど)。

 えーーーーっと……、恥を忍んで告白しますが、明治大正昭和初期のいわゆる文豪……夏目漱石、島崎藤村、武者小路実篤、与謝野晶子、石川啄木、正岡子規、森鴎外、谷崎潤一郎、芥川龍之介、川端康成、井伏鱒二……何ひとつ読んだことありません。今も興味ないし、きっと生涯読むことはないと思う。

 たぶん、「小説の書き出しを読んで作品名を当てる」って国語のテストで辟易(へきえき)してしまったのが理由だと思う。

 こういうのやりませんでした?

Q. 親譲の無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。

A. 『坊っちゃん』夏目漱石

Q. 石炭をば早積み果てつ。中等室の卓のほとりはいと静にて、熾熱燈の光の晴れがましきも徒なり。

A. 『舞姫』森鴎外

Q. 道がつづら折りになって、いよいよ天城峠に近づいたと思うころ、雨脚が杉の密林を白く染めながら、すさまじい速さでふもとから私を追って来た。

A. 『伊豆の踊子』川端康成

 不毛でイミフなテストのせいで、一人の少年が(読みもせずに)日本文学への興味を失ってしまったのです。こういう悲劇を繰り返してはなりません。



ここで「暗夜行路」を書いたんですって


白樺文学館前にある謎のオブジェ


手賀沼の北側(我孫子側)って何気に文学的な観光地だと知る

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  5. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  10. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい