連載
» 2019年04月18日 12時00分 公開

大井川鐵道「井川線」の秘境駅で駅弁を喰らう幸せ 静寂と孤独がスパイスだぜ月刊乗り鉄話題(2019年4月版)(3/3 ページ)

[杉山淳一,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

(おまけ)大井川鐵道で売っているオモシロ缶バッジ

 鉄道関係の記念品として缶バッジがありますね。乗車記念にもらえたり、お土産屋さんで売っていたり。

 例えばこれ。岡山を起点に瀬戸内各方面で運行している観光列車「ラ・マルド・ボァ」の乗車記念品です。

乗り鉄 大井川鐵道井川線 観光列車「ラ・マルド・ボァ」の乗車記念 1乗車につき1個もらえる

 そんな記念品、大井川鐵道にもあります。「新金谷駅の売店」でたくさん売っています。でもちょっとヘンなのです。

乗り鉄 大井川鐵道井川線 わーいたくさん。種類が豊富です。しかし、よく見ると、ヘンだぞ……
乗り鉄 大井川鐵道井川線 大雨警戒標識、駅から運転士さんへ伝達するための標識。よく見ると取り付け穴やサビも表現されていてリアル。実物を撮影して作ったそうです
乗り鉄 大井川鐵道井川線 これも時節柄、要注意ですね。視界不良とかくしゃみとか……え、こんな標識あったっけ?
乗り鉄 大井川鐵道井川線 おまえ、絶対サボってるだろ

 という感じで、鉄道標識に似せたオモシロ缶バッジがたくさんあります。記念すべき最初の作品はこれだったそうです。

乗り鉄 大井川鐵道井川線 うん。ワンマン運転ね。バスも鉄道も増えましたよね。人生もワンマンです。寂しくなんかないんだからね
乗り鉄 大井川鐵道井川線 ワンマンバッジとセットで買いたいワンマンタオルもあります
乗り鉄 大井川鐵道井川線 人生が遅延しています。どこで間違っちゃったんだろうなあ
乗り鉄 大井川鐵道井川線 だめ、ぜったい
乗り鉄 大井川鐵道井川線 世間の目が冷たいのでひっそりと走ります
乗り鉄 大井川鐵道井川線 もうね。寝るの
乗り鉄 大井川鐵道井川線 帽子に付けとくと、満員電車から降りるときにドア横の人がどいてくれそう
乗り鉄 大井川鐵道井川線 お、おう。走ってないよね、知ってる

 この缶バッジは1つ300円。ワンマンタオルは1500円。考案者は大井川鐵道で売店や土産品などを担当する社員さん。ちょっと話を聞きました。

 ふと思い付いたワンマンバッジの試作品を上司に見せて、「これ売ってもいいですか?」「いいんじゃない〜」で決定。売り出したら鉄道ファンや観光客にウケてしまって、このようにシリーズ化したとのことです。随時新作も作っているとか。

 販売場所は「新金谷駅」の売店のみ。大井川鐵道に来てくれた記念にしてもらいたいからと、Web販売などの予定はないそうです。欲しくなったらぜひ現地の新金谷駅へ。また、新製品をチェックしに何度も大井川鐵道に乗りに行きましょうね。

杉山淳一(すぎやま・じゅんいち)

乗り鉄。書き鉄。1967年東京都生まれ。年齢=鉄道趣味歴。信州大学経済学部卒。信州大学大学院工学系研究科博士前期課程修了。出版社アスキーにてPC雑誌・ゲーム雑誌の広告営業を担当。1996年よりフリーライター。IT・ゲーム系ライターを経て、現在は鉄道分野で活動。鉄旅オブザイヤー選考委員。ITmedia ビジネスオンラインで「週刊鉄道経済」連載。著書に『(ゲームソフト)A列車で行こうシリーズ公式ガイドブック(KADOKAWA)』『ぼくは乗り鉄、おでかけ日和。(幻冬舎)』『列車ダイヤから鉄道を楽しむ方法(河出書房新社)』など。公式サイト「OFFICE THREE TREES」ブログ:「すぎやまの日々」「汽車旅のしおり」。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」