「ママチャリの電アシ」と何が違う? 欧州系e-bike「Tern Vektron S10」買っちゃった「Tern Vektron S10」ロードテスト(1)(1/3 ページ)

「趣味用スポーツ自転車に電動アシストなどいらねー」などと言っていた筆者が心変わってe-bikeにドハマリ。ママチャリ型電アシ自転車と何が違うのか、そしてなぜ買っちゃったのかを冷静に振り返ります。

» 2019年08月14日 12時00分 公開
[志田原真俊ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 「電動アシスト自転車」というと皆さんはどんな自転車を思い浮かべますか? 日本では、買い物や子どもの送り迎えなどの日常的な足として使う自転車にアシストモーターを積んでラクに乗れるようにした「シティーサイクル型/ママチャリ型の電動アシスト自転車」がかなり広く普及しています。

 その一方で海外に目を向けると、同じ「人力+電動モーター」でも少し違うところを目指しているようでして、ママチャリ型はあまりなく、スポーツ志向の「e-bike」というジャンルが欧州を中心にヒットしています。

e-bike Tern Vektron 試乗でほれ込んでしまって、まさかのe-bikeデビュー。これが買ってしまった「Tern Vektron S10」

 ビアンキやトレック、キャノンデール、スペシャライズド、ジャイアント、ルイガノなど有名どころの自転車ブランドも続々e-bikeを商品化しています。バッテリーやモーター、電力制御システムなどの電動化の核の部分となる「電動ユニット」は、限られたメーカーが供給しています。ここはコンポーネントの状況と似ています。

 フレームを作り、完成車として製品化する自転車メーカーは無数にありますが、コンポーネント(フレーム、フォーク、ホイール、タイヤ、サドル、ハンドルを除いた自転車の基本パーツのこと。変速機、ブレーキや変速レバー、ボトムブラケット、ギアなどが相当します)の大半は、世界3大コンポーネントサプライヤーである日本のシマノ、イタリアのカンパニョーロ、米国のスラム(SRAM)のいずれかを採用しています。特にシマノは自転車界のインテルと言われるほどとすると、PCに詳しい人ならばその規模感、存在感が分かるでしょうか。

e-bike Tern Vektron 欧州で広くシェアを持つボッシュ製のe-bikeユニット

 e-bikeにおいては電動ユニットもコンポーネントに含まれますが、サプライヤーの顔ぶれは少し違います。e-bikeの本場である欧州市場で随一のシェアを持つのはドイツの「ボッシュ(BOSCH)」です。この他に、ヤマハ発動機、パナソニック、そしてシマノなどがあります。

 前置きが長くなりましたが、このボッシュ製電動ユニット「Active Line Plus」を採用したe-bikeとして、最初に日本上陸を果たしたモデルがTern(ターン)の「Vektron(ヴェクトロン) S10」でした。

 日本市場の自転車用電動アシストユニットで先行するメーカーにはヤマハ発動機やパナソニックなどがあります。例えばヤマハにはシティーサイクル型で知名度の高い「PASシリーズ」(関連記事)だけでなく、ロードバイク(を含むスポーツ車)型の「YPJシリーズ」(関連記事)も存在します。こちらを和製e-bikeとするならば、ボッシュ製電動ユニットを搭載したVektron S10は、いわば日本の公道で体験できる最初の「欧州基準のe-bike」と謳われています。

 なお2019年現在、日本におけるボッシュ製ユニット搭載車も既にかなりのモデルが上陸した他、シマノもe-bikeユニット「STEPS」の展開を加速しています(関連記事)。日本でのe-bikeは、いよいよこれからが旬のホットなジャンルとなりそうな予感がします。

 続いて本題である「e-bikeは、日本のママチャリ型電アシ自転車と何が違うのか?」を確認してみます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news161.jpg 24歳人気女優、愛車の大型バイク&金髪ショットを番組で紹介 共演者驚き「街で会っても分からない」
  2. /nl/articles/2405/29/news024.jpg でっかいヤゴを育ててみたら…… とんでもないトンボの誕生に「ただただ感動」「滅多に見られない、生命の神秘!」と100万再生突破
  3. /nl/articles/2405/30/news021.jpg 1歳双子、退院した姉が妹と再会する“瞬間”が551万再生 思わず涙こぼれる様子に「何回でも見ちゃう」「かわいすぎる!」
  4. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  5. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  6. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  7. /nl/articles/2405/30/news034.jpg みなとみらいに出没した不穏な影に騒然、“ミラッシー”ではないか 「シーバスにしてはデカい」「なにこれ!?」と推測集める
  8. /nl/articles/2405/30/news065.jpg こ、これは! 実物サイズの戦闘車両プラモを作った人のお宅が厳重すぎて二度見必至「ツッコミどころ満載」
  9. /nl/articles/2405/30/news153.jpg ぴっちりニットの伊織もえ「前通っていい?」→「前通れないだろこれ」 破壊力抜群のショットにファンざわざわ「2度見しちゃう」
  10. /nl/articles/2402/06/news112.jpg 伊織もえ、バニーガール写真に“疑惑”「見えるヤツって」→まさかの答えにファン騒然「拡大しました」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評