ニュース
» 2019年10月26日 16時45分 公開

人気漫画『はたらく細胞』の「乾癬編」が無料公開中 乾癬患者への誤解や偏見を減らすためのきっかけに

漫画で知ることが患者さんの支えになります。

[宮原れい,ねとらぼ]

 日本に40〜50万人の患者がいるとされる皮膚疾患「乾癬(かんせん)」。その主なメカニズムを多くの人に知ってもらうため、人気漫画『はたらく細胞』とのタイアップ漫画「はたらく細胞〜乾癬編〜」が無料公開されています


はたらく細胞 乾癬編 世界乾癬デー 2019 特別企画 タイアップ 漫画 無料公開 「はたらく細胞〜乾癬編〜」 (C)清水 茜/講談社

 認知率と理解が国内において一般的に低い乾癬は、「カンセン」という響きから“感染”するという誤解を受けたり、それにより乾癬患者が病気を人に伝えづらく、人前に出ることがストレスに感じてしまうといった環境を生んでいます(関連記事)。同タイアップ漫画は、そんな誤解や偏見を減らすため、乾癬の主なメカニズムをわかりやすく伝え、理解するきっかけのひとつとして無料公開。

 専門情報サイト「乾癬パートナーズ」、電子書籍サイト「honto」(2020年7月20日まで)で読めるほか、池袋駅構内の広告スペースにも10月27日まで掲出中です。


はたらく細胞 乾癬編 世界乾癬デー 2019 特別企画 タイアップ 漫画 無料公開 JR池袋駅北口改札外北通路 ※写真はイメージです

 10月29日の「世界乾癬デー」にあわせ、セルジーンが体内細胞擬人化漫画である『はたらく細胞』の原作者・清水茜先生とコラボ。制作にあたった清水先生は、「乾癬という病気が多くの方を苦しめているとはじめて知りました。少しでも理解が広まり、その苦しみがうすれることを願います。はたらく細胞が、乾癬の知識を広めることに役立てればとても幸いです」とコメントも寄せています。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン