ニュース
» 2019年11月22日 17時09分 公開

無印良品からコオロギの粉末使った「コオロギせんべい」 来春発売

昆虫食の研究の第一人者の徳島大学と開発します。

[ねとらぼ]

 無印良品は、2020年春にコオロギを使った「コオロギせんべい」を発売すると発表しました

無印がコオロギを食材に

 同ブランドは、社会のさまざまな課題に目を向けている中で、「世界の急激な人口増による、今後の食糧確保と環境問題は避けてはとおれない課題」と説明。これらの課題を考えるきっかけになればという思いから、コオロギを食材とする取り組みを始めたとしています。

 昆虫食の研究の第一人者の徳島大学と協業。同大学の研究をベースに量産されたコオロギをパウダー状にして、せんべいに練りこみ商品化する計画です。コオロギを食用とするメリットとしては、主要な栄養素、たんぱく質やカルシウム、鉄分などを体内に多く含み栄養価が高いこと、生育する際の温室効果ガス排出や必要な水など環境負荷が少ないこと、飼育しやすく安定して生産でき、他の昆虫よりも成長が早く約35日で収穫できることを挙げています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.