レビュー
» 2019年12月13日 17時55分 公開

「モトカレマニア」最終話をレビュー 3組の男女の恋愛は“完全無欠のハッピーエンド”に(1/2 ページ)

「好きなものは好きでいい、好きなことを全力で追いかける」「マコチ、好き!」」

[寺西ジャジューカ, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 昨日、12月12日に「モトカレマニア」(フジテレビ系)の第9話、最終話が放送された。今どき全員が全員、これほどハッピー全開で終わったドラマは記憶にない。ラブラブで何よりだ。


モトカレマニア なんだかんだでユリカとマコチは再びラブラブに イラスト/たけだあや

さくら&白井は、この先の未来も見てみたい

 最初に結論を出したのは丸の内さくら(山口紗弥加)だった。駒込和真(淵上泰史)を呼び出したさくらは「14歳のときからずっと、田端さくらは駒込和真が大好きでした」と告げ、自分が書いた小説を全て和真にプレゼントした

 「いろんな思い出をありがとう。全部、ここに書いてあります」(さくら)

 重い。何冊もの本は物理的に重いし、さくらの思いも重い。そして、「じゃあな」と言い残して彼女は和真の元から去った。

 「私のことは私が幸せにする」(さくら)

 吹っ切ったように見えなくもないが、そんな簡単には吹っ切れない。傷心のさくらを吹っ切らせてくれそうなのは白井忠文(関口メンディー)である。

 「『がんそば』の男の子、カッコイイっすもんね。『俺が幸せにする』って、こんなの言えないな。僕が言うなら、『一緒に幸せ探しましょう』。……どうっすか。ロマンス感じました?」(白井)

 誰かと一緒に色んな場所へ遊びに行ったり、おいしいものを食べに行く。そういうことが今のさくらには必要だ。白井が家に泊まりに来たとき、同じように爆睡していた自分にさくらは驚いた。わかる。一緒に眠れるかどうかって物凄く大事だから。白井と一緒にいれば、さくらは落ち着けるということ。

 さくらを待ち伏せていた白井は「僕はあなたのことが大好きで〜す!」と絶叫。そして、さくらを抱えたままメリーゴーランドのように回った。まさに、メンディーゴーランド! まさか、一番ステキなシーンがこのカップルから生まれるとは夢にも思わなかった。さくらと白井に関しては、この先も見てみたい。誠実とは真逆だった初恋の男が忘れられないさくらを一途に想う白井。徐々にさくらは吹っ切れ、そして白井に引かれていく……。2人はこのドラマのダークホースだったと思う。


モトカレマニア 初期主要登場人物相関図。関口メンディー、ダークホースでした イラスト/たけだあや

山下&むぎのラブストーリーがこのドラマのメインだった

 山下章生(浜野謙太)はいきなり北海道に飛び、来栖むぎ(田中みな実)の前に現れた。むぎのことが好きだから「地元でDJとして活動する」という彼女の気持ちを尊重し、「東京に残れ」と言わなかった山下。そんな彼が自分を犠牲にして北海道行きを決意したのは矛盾に感じた……、が。

 「研究室に戻りたいんだ。やり残したことがあるから」(山下)

 つまり、「研究室に戻りたい」という山下の気持ちも邪魔できないということ。ただ、大人だから生活のこともある。

 「会社、辞めようと思う。だから、相談しに来た」(山下)

 すでに辞めたのではなく「相談に来た」というのが山下らしい。安定した生活を送るか、好きな人と一緒にいるか。どちらに幸せを感じるかは、人によって違う。この選択に相違がある男女は、歪みが出ていつか別れることになるだろう。安定よりむぎを選びたい山下は、それでもむぎに相談しに来た。この2人を描くと、他のカップルより大人仕様になる。

 正直、このドラマのラブストーリーは山下&むぎのカップルがメインだったと思う。視聴者の一番人気・山下がハッピーエンドを手にすることができて、本当に良かった。

初回から見えていた結末へブレずに到達したユリカ&マコチ

 難波ユリカ(新木優子)と“マコチ”こと福盛真(高良健吾)は、最後まで揉めている。クリスマスツリーの下で待っていたのに、イルミネーションが消えると代わりのツリーを買いに行くマコチに「そんなのいいからここにいてよ!」とキレたユリカ。あ〜、怒らせちゃった……と思っていたら、ユリカは唐突に「あ〜、好き!」と悶絶した。

 彼女のマコチへの想いはジェットコースター並みに上下する。こういう感情の起伏が激しい子が苦手な男は多い。そんなユリカをマコチは受け止めるのだ。結局、ユリカにはマコチじゃなきゃダメだ。

 周防ひろ美(ガンバレルーヤよしこ)&克也(小森隼)夫妻が一緒に入られる秘訣(ひけつ)として語った「好きだから」は、そのままユリカの答えになった。

 「私、やっぱりマニアなんだ。自分の好きなもの、夢中になれるものに全力で熱中して浸る。他人に迷惑さえ掛けなければ、それは個人の自由。人生を豊かにする幸せなの! 私、マコチマニアをやめられない。マコチ、好き!」(ユリカ)


モトカレマニア 結論=好きなものは好きでいい。 イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」