インタビュー
» 2020年02月18日 20時00分 公開

どうぶつタワーバトルがeスポーツ化していないのは“ゲームとして優秀過ぎるから”かもしれないこのeマイナースポーツがスゴい(1/2 ページ)

これからのDTBの話をしよう。

[ねとらぼ]

 2017年末に大ブームを巻き起こし、「次世代eスポーツか」とまで言われ、今なおプレイヤー主導で大会が開かれる(中には賞金が出るものも!)ほどの人気を維持しているゲームタイトルをご存じでしょうか?

 「どうぶつタワーバトル」(略称:DTB)です。


アプリ起動画面より抜粋

 本記事はあのブームから約2年たった今、「どうぶつタワーバトルとは何だったのか」「これからどうなるのか」を考える連載企画。今回は、同作のeスポーツシーンを広めるために活動しているというだずんさん(@dazun_dtb)に、「DTBが現時点でeスポーツになれていない理由」を伺いました。

実は企業スポンサー付き、賞金アリの大会もあるDTB

―― だずんさんは「どうぶつタワーバトルのeスポーツ化」に向け、各種活動を行っています。その中の1つである「DTB獣王杯」の大会運営は、どのような経緯で始まったのですか?

 僕がDTBをプレイし始めたのは2017年末のブームが起こったときから。「DTB獣王杯」を始めたのは2018年3月からで、卜部さんというトッププレイヤーの方が「段位戦をやってみたいな」というツイートをしているのを見て、DMで「大会を開きましょう!」と提案したのがきっかけです。

 「DTB獣王杯」は毎週土曜日の夜に開催。階級別リーグ制を採用しているのですが、これは「ぷよぷよ」のプレイヤー主催の大会「おいうリーグ」をヒントにしたものです。

 DTBのトッププレイヤーになると、安定した勝率が求められるレート戦は「いかに運負けを防ぐか」という戦いになってしまうところもあるんですよね。大会なら上位勢との熱いバトルが楽しめますし、普段レート戦しかしていない人にとってはとても刺激のある場所だと思います。

 今は毎週30人ほどの参加者がいて、80回以上続いています。ユーザー主導の大会で、こんなにも続かせてもらってるのはほんとにありがたいです。

―― 企業スポンサー付きで賞金が出る大会も運営されていますが、始まった経緯は?

 「超獣王杯」のことですね。BlueStacks様(いつもお世話になっております)からお声掛けがありまして、「Game.tv」という大会運営ツールを使うことを条件に、スポンサーしていただけることになりました。不定期ですが月に複数回は開催しています。

 「DTBグランドマスターズ杯(グラマス杯)」という大会も賞金があるのですが、こちらは基本的に大会運営者たちで出しています。

 ちなみに、僕以外のプレイヤーが主催している大会もあるんですよ。

  • 禽王杯:しょうろさん(@laid4sale)が開催。「大きいステージ限定」などの特殊ルールで行う
  • Evo杯:ham.さん(@ham_game_)が不定期開催
  • れみぃ杯:れみぃさん(@rmydtb2)が配信内で開催

DTBがeスポーツになれていないのは“ゲームとして優秀過ぎるから”かもしれない

―― DTBは登場当初から「次世代eスポーツ」と言われることがありましたが、ネタか本気か判断が難しいニュアンスがあったような気がします

 トッププレイヤーたちのやっていることは完全にeスポーツだと思うのですが、どうしてもカジュアルなゲーム止まりになってしまうところがあるのかな、と。

―― 個人的な意見なんですが、ブーム当時は「確かに戦略性もあるんだけど、BGMや動物たちがほっこりテイストで、“eスポーツっぽさ”が弱いなあ」と思っていました

 その個人的意見、言われるの2回目です(笑)。

 noteの「esportsになれないどうぶつタワーバトル」という記事にも書いたのですが、カジュアル層とトップ層で認識が違っていて。

 カジュアル層は「気軽にできて楽しい」「運要素が強く、負けてもそんなに気にならないゲーム」、対してトップ層は「常に盤面を考えながら10秒以内に最善手を打っていく、頭を使うゲーム」「むしろ運要素は低く、実力が8割以上を占めるゲーム」と捉えています。

 逆に言うと「ゆるくもガチでも楽しめる」というわけで、ゲームとしてはめちゃくちゃ優秀だと思うんですよね。

―― 「間口が広くて奥が深い」って長所の両取りですもんね

 でも、多くの人はガチ対戦の面白さを知らないまま、「カジュアルな楽しいゲーム」止まりでそのうち飽きてしまうんですよ。

 もちろん、どんなゲームだっていつかは飽きるものでしょうけど、「ガチでやるのが楽しい!」「DTB界隈に入りたい」となってくれると人と人のつながりができて、もし飽きてもいつか復帰してくれるかも。そんな環境が生まれると、ガチ勢が増えて盛り上がっていくと思います。

―― 「DTBのeスポーツ化」を実現するには、何が必要だと思いますか?

 僕はそのためにいくつか活動をしていて、例えば、2018年には半年かけて「どうぶつタワーバトル攻略wiki〜虎の巻〜【DTB】」を作りました。「強いプレイヤーを増やして、もっと楽しく遊べるようにしたい」という目的からです。

 それから、「そもそもカジュアル層で止まってしまう人が多いのは、ガチのプレイを見る機会がないからでは?」と、2019年6月から実況解説動画の投稿も始めたんですが……なかなかうまくいきませんね(笑)。

 DTBはeスポーツの一員になれるタイトルだと思うんですけど、やっぱり観戦してくれる人がいてこそのeスポーツですから。ミラティブ(スマホ向けゲーム配信アプリ)で各人が配信しているのが現状で、もっと気軽に見られるものにしていく必要があるのかなとも思っています。

「eマイナースポーツ」としてのどうぶつタワーバトル

 日本eスポーツ連合(JeSU)によれば、広義のeスポーツとは「コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称」。

 本気でプレイを楽しむ人たちがいて、大会も開催されているDTBもこの定義に当てはまるかもしれませんが……同作をeスポーツタイトルに数えている人は、おそらくかなり少数派。強いて言えば、草の根的に楽しまれている「eマイナースポーツ」といったところでしょうか。

 もしもこれから、大会規模が拡大して高額賞金が出るようになり、観戦者数が増加したならば――― 未来のことは分かりませんが、この“eスポーツの卵”が孵化する日がやってくるかもしれません。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」