レビュー
» 2020年05月17日 12時00分 公開

ファンタジー作品に出てくるやつだ! 鉱石を磨いて作る“ストーンナイフ”、制作過程を追った同人誌にわくわくする司書みさきの同人誌レビューノート

心をくすぐる造形。

[みさきねとらぼ]
同人誌 本棚 図書館 司書 コミケ

 新緑、青空、日ごとに変わりゆく季節。夜明けの白んでいく風景や、茜色に染まる夕焼け……そんな色すらも写し取ったような自然の鉱石をさらに鋭い美しさに磨き上げた、今回はストーンナイフの同人誌です。

今回紹介する同人誌

『Stoneknife's World』B5 16ページ 表紙・本文カラー

『Stoneknife's World 番外編 EXTRA EDITION』B5 16ページ 表紙・本文カラー

著者:西園寺真之


同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 自然の鉱石を使った深い輝きが光ります


ストーンナイフとは? 石から作る“使える”ナイフ

 『Stoneknife's World』はストーンナイフにひかれる作者さんが、そもそもストーンナイフとはどんなものか? どのような作品があるのか? といった解説を写真とともに解説したご本です。瑪瑙(めのう)や水晶などから作られるナイフのうち、特に鋭く削って研磨し、ナイフとして機能するものをご本では“ストーンナイフ”と紹介されています。鉱石を美しく形作るだけでなく、さらに研ぎ澄まされた切っ先が美しいです。これ、ファンタジー世界で授けられたりしませんか!? と思ってしまうほどの妖しい輝きに、カラーページをまじまじと眺めます。

 ナイフとして機能するとはいえ、もともとの素材によって繊細な扱いが必要なこと、そしてナイフだからこそ所持するときの注意など、材料や入手について以外も、ストーンナイフを初めて持つ人に向けてのポイントがコンパクトにまとめられているのは、「同志よ、さあこちらへ!」と、作者さんの力強い導き力を表しているようです。

同人誌 図書館 司書 鋭くも滑らかな刃から、石をよく磨いたやわらかさが伝わるようです

とりこになったら作ってみる! 自作への道をひた走る

 さて今回は同サークルさんのご本をもう一冊紹介します。『Stoneknife's World 番外編 EXTRA EDITION』は、先のご本が同志への呼びかけだとしたら、こちらは叫び。野球マンガで投手がボールを放つのに「うおおお!」と咆哮するような熱血の記録。ネットでストーンナイフの存在を知ったものの、なかなか実物を手に取る機会がない……それなら自分で作れないか!? という衝動そのままに走り出した作者さんの足跡が記されています。

 いえ、文体も、工程や工具の紹介も順を追い、すっきりと読みやすくまとまっているんですよ。決して騒がしいわけではないんです。でも、ご自身を「ド田舎在住、専門知識や特殊なコネを持たず、やる気はともかく予算には限りがあるという著者」と振り返りながらも、材料や道具をそろえて思い付いた方法を試し、失敗を繰り返し、ついにはストーンナイフ作家の北林竹二さんの工房見学でお話を聞くことで、制作の大きな階段を上がる様子はなんとドラマチックなことでしょう。

同人誌 図書館 司書同人誌 図書館 司書 制作のあゆみが機材の写真つきで解説されています


地道さの末にたどり着く造形美

 ページを見たときにはっとした美しさは、実に丁寧な工程を経て仕上げられていたのだと、2冊を読んで気付きます。

 ストーンナイフの基礎的な取り扱い、魅力をまとめた“静”的な『Stoneknife's World』。実践と取り組みの“動”の記録『Stoneknife's World 番外編 EXTRA EDITION』。石を研ぎ、自分の目指す形にどのように取り組むのかという心持ちまでが示され、読み終えると一つの華麗な作品の向こうにはたくさんの準備と手間と、情熱があることがあらためて胸にしみます。

同人誌 図書館 司書

サークル情報

サークル名:March Rabbit's

Twitter:@PsyonG

Webサイト:https://www.marchrabbits.com

現在入手できる場所:通販直販(通販・直販とも完売の場合はお問い合わせ下さい。反響次第で、増刷または増補改訂を検討します<作者より>)

※レビュー記念に、BOOTH直販でC96会場限定だった番外編セットを限定復刻中(発送にお時間を頂く場合があります)。



今週の余談

 鉱石に興味を持ったのは、宮沢賢治作品が最初か、ますむらひろしさんのマンガの世界に引っ掛かりを覚えたのか、長野まゆみさんの小説でダメ押しだったのか……しかも今回、新たに美しい発展系を知ることができてうれしいです。入口はそこら中で待っていますね。

みさき紹介文

 図書館司書。公共図書館などを経て、現在は専門図書館に勤務。自身でも同人誌を作り、サークル活動歴は「人生の半分を越えたあたりで数えるのをやめました」と語る。


関連キーワード

同人誌 | 図書館 | コミケ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/25/news016.jpg 8人目の赤ちゃんが誕生、兄姉たちとの初対面が愛にあふれている 300万再生の光景に「号泣です」「素敵すぎて、尊くて……」
  2. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  3. /nl/articles/2402/24/news009.jpg かなり危ういほど小さく、獣医師から「育たないかも」と告げられた子猫が豪快に成長し…… 現在の姿に感嘆「あー涙出ちゃう」
  4. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  5. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. /nl/articles/2402/24/news017.jpg 雑草で荒れた庭を柴犬のために劇的ビフォーアフター 約2万円で実現した夢の自宅ドッグランが「イイお買い物」と話題に
  7. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  8. /nl/articles/2402/25/news059.jpg 「吉本の給料上がらず」 山田花子、“リアルな台所事情”さらし共感の嵐 割引駆使する“ママの顔”に「親近感」「見切り品も買って偉い」
  9. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  10. /nl/articles/2402/25/news028.jpg 赤ちゃんの目の前で横になってみたら……? 思わぬ展開に「泣いていい?」「号泣」と780万いいね【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」