インタビュー
» 2020年08月07日 20時00分 公開

子どもへの性教育、親自身がすると家庭内はどう変わるのか 『おうち性教育はじめます』著者インタビュー

子どもへの性教育を通じて、自分の気持ちが楽になる親もいる?

[ねとらぼ]


 子どもの性教育、どうすればいいのか―― これはおそらく育児における難問の1つ。子育て世代のなかにも「自分だって、学校や親からあまり教わった覚えがない」という方が少なくないのでは?

 そんな“教える側の大人さえ性教育を受けていない”という現状を踏まえて制作されたというエッセイマンガ『おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方』について、著者であるフクチマミさんにインタビューしました。マンガ本編も合わせて掲載します。

マンガ『おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方』とは?

自分の子どもに対して「赤ちゃんがどうやって生まれるのか」「性犯罪からどうやって身を守ればいいのか」「なぜお母さんは立っておしっこしないのか」、どうやって説明しますか?

 こういった場面で現れる“子どもに対して性の話をする抵抗感”と向き合うところから本作りが始まったという『おうち性教育はじめます』。著者は2児の母として性教育に取り組んできたというマンガイラストレーター・フクチマミさんと、元高校教員(保健体育)で長年性教育に携わってきた村瀬幸浩さん。

 性教育が持っている「思春期に、“性交や妊娠出産”などについて“あの気まずい雰囲気”の中で教えるもの」というイメージに反して、本書は「幼児期から、性交や妊娠出産に限らず“自他を大切にするための考え方”について“家庭での日々の会話”で教えよう」と提案。これから性教育を受ける子どもだけでなく、これまでにあまり性教育を受けてこなかった大人にもヒントを与える作品となっています。

著者プロフィール:フクチマミ(Twitter:@fukuchi_mami/Webサイト:フクチマミのイラストレーション

マンガイラストレーター。日常生活で感じる難しいことを分かりやすく伝えるコミックエッセイを多数刊行。著書に高橋基治氏と共著の『マンガでおさらい中学英語』(KADOKAWA)ほか、『マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK』(主婦の友社)、『マンガで読む 子育てのお金まるっとBOOK』(新潮社)などがある。

著者プロフィール:村瀬幸浩

東京教育大学(現筑波大)卒業後、私立和光高等学校保健体育科教諭として25年間勤務。この間総合学習として「人間と性」を担当。1989年同校退職後、25年間一橋大学、津田塾大学等でセクソロジーを講義した。現在一般社団法人“人間と性”教育研究協議会会員、同会編集による『季刊セクシュアリティ』誌編集委員、日本思春期学会名誉会員。


第5話「何でも相談できる親子関係を作るには?」



















その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


家庭で性教育をしたら“あのソワソワ照れくさい感じ”がなくなった

―― フクチさんも最初は抵抗感があったという家庭での性教育。実際にしてみてどうでしたか?

フクチマミさん(以下フクチ):本書のように「プライベートパーツ(口・胸・性器・お尻)は他人に勝手に触らせたり、触ったりしていけないよ」「大事な場所だから自分で洗おうね」といった風に教えるところから始めて、日常の中で体のこと、自分や他人を大切にすることなどを伝えるようにしていって。家の中から“あのソワソワ照れくさい感じ”が消えて、性の話がタブーではなくなりました。おかげで、性に関する質問をされたときもポジティブに答えられる雰囲気に変わった印象です。

―― 子どもと性に関する話をするとき、性器の呼び方などはどうするのがよいのでしょうか?

フクチ:例えば男性器の場合、監修の村瀬先生は「おちんちん」じゃなくて「ペニス」と呼びましょう、とおっしゃっていますね。「前者は幼児が使う言葉なので、正式名称で伝えてほしい」という考えのようです。

 私はもうそれに慣れてしまったんですが、きっと抵抗感がある人もいますよね。この点については先生と何度も話し合って、本書では「病院や公の場では正式名称を言いましょう」という段階的なアドバイスをしています。

 まずは、どんな表現を使うのであれ家庭内でちゃんと会話できるかが大切。それとは別に、体の各部位の正式名称や仕組みを頭に入れておいて、病院や家の外などでも話せるようにしておこう、という考え方でも良いと思います。

 もう1つ表現の問題で言うと、私は子どもと性に関する話をするときは、科学のように淡々と話すようにしていますね。自分が子どものころ、何か質問したときに「そういうお年頃になったかな」とニヤニヤされるのがすごく嫌だったこともあって。

家庭で性教育をすると、大人の考え方も変わる?

 あと、これは子どもではなく大人側の話なのですが、性教育を学んだことで私は心が軽くなりました。同じことを言っている人はけっこういますね。

―― というのは?

フクチ以前のインタビューで、「現在の私たちの生活の中には『性にまつわる事柄=不潔、恥ずかしいこと、悪いこと』というイメージが浸透している」という話をしましたが、そういったところからくる抵抗感を感じなくなったり、これまで抱えていた自分を責める気持ちがなくなったり。

 それから、今まで子どもに言いにくかったことでも、伝えやすくなりました。

 この本を作るときの話なんですが、ネーム段階から他の親御さんに読んでもらって意見をいただいていたんですね。不思議なことに、そういう状況だと皆必ずバーッと話しだすんですよ。そんな風に世の中には“思っていることがあるけど、口に出せずにいる人”がたくさんいるんじゃないかと思います。

―― 性に関する話題となると「あまりそういうことを話していると、そういう人だと思われてしまう」みたいな不安があったのかもしれませんね。

フクチ:最後に、話すときのアドバイスなのですが、「性について話すこと」と「自分の性体験を話すこと」は別問題。この線引きをすると性教育や性の問題と向き合いやすくなると思います。

 大事なのは、性について話す必要があるときにちゃんと言葉を持っていること、しっかり考えられること。個人的な体験はプライバシー。どんな時であっても、無理に話したり聞いたりする必要はないと思います。

(了)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる