インタビュー
» 2020年07月31日 20時00分 公開

「我が子のお尻がかわいいから」と触るのが“性教育的に”良くない理由 『おうち性教育はじめます』著者インタビュー

「何歳であろうとダメ。お世話をする必要があるとき以外に触るのは避けるべき」

[ねとらぼ]


 子どもの性教育、どうすればいいのか―― これはおそらく育児における難問の1つ。子育て世代のなかにも「自分だって、学校や親からあまり教わった覚えがない」という方が少なくないのでは?

 そんな“教える側の大人さえ性教育を受けていない”という現状を踏まえて制作されたというエッセイマンガ『おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方』について、著者であるフクチマミさんにインタビューしました。マンガ本編も合わせて掲載します。

マンガ『おうち性教育はじめます 一番やさしい!防犯・SEX・命の伝え方』とは?

 自分の子どもに対して「赤ちゃんがどうやって生まれるのか」「性犯罪からどうやって身を守ればいいのか」「なぜお母さんは立っておしっこしないのか」、どうやって説明しますか?

 こういった場面で現れる“子どもに対して性の話をする抵抗感”と向き合うところから本作りが始まったという『おうち性教育はじめます』。著者は2児の母として性教育に取り組んできたというマンガイラストレーター・フクチマミさんと、元高校教員(保健体育)で長年性教育に携わってきた村瀬幸浩さん。

 性教育が持っている「思春期に、“性交や妊娠出産”などについて“あの気まずい雰囲気”の中で教えるもの」というイメージに反して、本書は「幼児期から、性交や妊娠出産に限らず“自他を大切にするための考え方”について“家庭での日々の会話”で教えよう」と提案。これから性教育を受ける子どもだけでなく、これまでにあまり性教育を受けてこなかった大人にもヒントを与える作品となっています。

著者プロフィール:フクチマミ(Twitter:@fukuchi_mami/Webサイト:フクチマミのイラストレーション

マンガイラストレーター。日常生活で感じる難しいことを分かりやすく伝えるコミックエッセイを多数刊行。著書に高橋基治氏と共著の『マンガでおさらい中学英語』(KADOKAWA)ほか、『マンガで読む 育児のお悩み解決BOOK』(主婦の友社)、『マンガで読む 子育てのお金まるっとBOOK』(新潮社)などがある。

著者プロフィール:村瀬幸浩

東京教育大学(現筑波大)卒業後、私立和光高等学校保健体育科教諭として25年間勤務。この間総合学習として「人間と性」を担当。1989年同校退職後、25年間一橋大学、津田塾大学等でセクソロジーを講義した。現在一般社団法人“人間と性”教育研究協議会会員、同会編集による『季刊セクシュアリティ』誌編集委員、日本思春期学会名誉会員。


第3話「勝手に触らない・触らせない プライベートパーツ」















その他の一部エピソード、購入先などはWebマンガ誌「コミックエッセイ劇場」に掲載されています


性教育の入り口に「プライベートパーツ」

―― 第3話で紹介されている「プライベートパーツ」とは、どんな考え方なのでしょうか?

フクチマミさん(以下フクチ):体は全部分がその人のものですが、中でも特に「プライベートパーツ」と呼ばれるのは「口・胸・性器・お尻」の4カ所。この言葉には「そこは他人が勝手に触ったり/他人に触らせたり、見たり/見せたりしてはいけない大事な部位なんだよ」という意味合いがあります。「プライベートゾーン」「水着ゾーン」と呼ばれることもありますが、意味は変わりません。

 家庭で性教育をするなら、ここが入り口にしやすいと思います。実際、私も娘にプライベートパーツを教えることから始めました。

 幼児期から、日常の中で教えやすいんですよね。子どもに胸やお尻を触られたときに「ここは勝手に触ったり、他人に触らせたりしていい場所じゃないんだよ」、一緒にお風呂に入ったときに「そこは体の中でも大事な場所だから、自分でキレイに洗おうね」という風に、具体的に伝えられます。我が家では最初、親の方にちょっと照れがあったんですが、子どもは意外と素直に聞いてくれましたね。

―― 「口・胸・性器・お尻は侵害してはいけない場所」というのは、誰もがぼんやり認識していることかもしれません。それをしっかり伝えることに、どんなメリットがあるのでしょうか?

フクチ:例えば、カンチョー。男の子向けのマンガでは今でもギャグとして使われていますよね。されて嫌だと感じても「これは笑うべきことなんだ」と空気を読んでしまって、やめてと言いにくい場面もあると思います。

 ただ、カンチョーなどから始まる性的いじめは自殺につながることが少なくないそうです。あまり意識されていないことですが、男性も性暴力の被害者になりえますし、「男の子ならお尻などのプライベートパーツを触られても平気」というわけではありません。

―― する側が軽い気持ちでも、重い悩みにつながってしまう可能性があるわけですよね

フクチ:そういったトラブルの深刻化に歯止めをかけるために、「プライベートパーツは大事な部位で、そこを侵害するのは良くないことなんだよ」「嫌なことをされたときは、ちゃんと相手にNOと言おうね」と伝えおくわけです。

 また、いじめ加害者になるのを防ぐために、カンチョーなどがギャグとして出てくるマンガを読んでいるときに「これは架空の世界のお話なんだよ。本当にやったら、相手が嫌な思いをするかもしれないよ」と言っておくのも良いのでは? そもそも作品内で行われていることは何をしてもいいのなら、爆破だって暴力だって構わないことになりますからね。

思春期から性教育を始める場合はどこから?

―― 「プライベートパーツは幼児期からでも教えやすい」という話がありましたが、思春期から性教育を始める場合はどうでしょうか?

フクチ:どちらにせよ、プライベートパーツから入るのが良いのではないでしょうか。年齢にかかわらず大事な部位ですし、思春期以降の場合は「自分の性器などについて、なぜ学ぶ必要があるのか」を理解するのにも役立つんじゃないかな、と。

 性交に関しても、プライベートパーツという考え方を使うと「自分の体の大事な部分を、他人に明け渡す行為」と説明できるようになるので、子ども自身でする・しないの判断がしやすくなるのではないかと思います。

「かわいいから、自分の子どものお尻を触る」もNGである理由

―― 2歳の子どもを持つ一人の母親としてちょっとショックだったんですが(笑)、親が子どものお尻を触るのもダメと解説されていますね。

フクチ:そこはけっこう反響がありましたね(笑)。子どものお尻はすごくかわいいですし、本当は私も触りたいですよ。この本を監修されている村瀬先生に「何歳までならOKなんですか!?」と聞いてしまったくらい。

―― どうだったんですか?

フクチ:「何歳であろうとダメ。お世話や看護をする必要があるとき以外に触るのは避けるべき」だそうです。

 プライベートパーツを教えるねらいの1つに、「性犯罪被害にあう一歩手前で子ども自身のアラートが鳴るようにする」というのがあって。例えば、他人に体を触られても「これっていけないことなのかな、怖いことなのかな」とよく分からない子もいるわけです。特に相手が顔見知りだったりすると、余計に分かりにくくなる。

 しかし、教える親自身がプライベートパーツという考え方を無視してしまうと……。

―― 言っていることとやっていることがチグハグで、説得力がないですよね。

フクチ:子どもの中でしっかり線引きできるように、大人も意識を変える必要がある点なんだと思います。

(続く)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」