ニュース
» 2020年11月06日 21時00分 公開

【レポ漫画】バキが好きすぎて「烈海王が異世界転生するスピンオフ漫画」を描いてしまった作者にバキ好きのホストが会ってきた話

衝撃のスピンオフはどのように誕生したのか――秋田書店に取材しました。

[れんじ, 高橋史彦,ねとらぼ]

烈海王 異世界転生 カラーはQ-Gakuさん。バキシリーズ本家の塗りも担当している猛者です

 11月6日発売の月刊少年チャンピオン12月号で『バキ外伝 烈海王は異世界転生しても一向にかまわんッッ』(原案/板垣恵介 原作/猪原賽 漫画/陸井栄史)がスタートしました。刃牙シリーズの主要キャラが“異世界転生”する。異例の企画が一体どのように実現したのか取材しました。オタクのホスト・れんじさんによるレポ漫画とあわせてご覧ください。

(取材・文/ねとらぼ編集部 高橋史彦

陸井栄史

漫画家。大学卒業後に働きながら賞を獲り、2012年に『いきいきごんぼ』で連載デビュー。2017年に『サ上とラップ〜自由形〜』を連載。同作のYouTube連動企画で時代の先を走った。(Twitter@o7214545621

担当・中村

月刊少年チャンピオン編集部員。異動前は週刊少年チャンピオン編集部所属。ラップに詳しいとの理由で『サ上とラップ』のサブ担当をなしくずし的に務めていた。

れんじ

オタク。本業はホストで、2019年に年間売上1億円を達成し、代表取締役に。プリキュアやポケモンが好き。(Twitter@bittan1201


レポ漫画


烈海王異世界転生 レポ漫画
烈海王異世界転生 レポ漫画
烈海王異世界転生 レポ漫画
烈海王異世界転生 レポ漫画

ゲリラ的スピンオフが誕生ッッ!!


烈海王 異世界転生 左から陸井さん、れんじさん、担当中村さん

ねとらぼ


今回の企画はどうやって実現したんですか。


烈担当


1年前、秋田書店の公式オンラインストアを盛り上げる漫画のために陸井さんと打ち合わせをしました。そこで出たアイデアの一つが「烈海王異世界転生」だったんです。


陸井栄史


ストアのコンセプトをいまいち理解していなかったんですが、打ち合わせの様子をレポ漫画にして。そのときは異世界転生はネタの一つでした。


【レポ漫画】出版業界サバイブ系ガチ実録漫画『月チャン編集部の秋田書店オンラインストア向上委員会』のこと。秋田書店オンラインストアを盛り上げるため、月チャン2020年1月号〜10月号に掲載された。


烈担当


雑誌発売後のある日、そのコマがバズったんです。そしたら編集長が「一コマでこれだけ反響があるんだったら、実際にやらないのは秋田書店としてどうなのか」と言い出して、本当にやることになりました。


【編集長】月チャンの信田編集長。高橋ヒロシ先生の『WORST』などを担当。秋田書店オンラインストアの責任者でもある。

烈海王 異世界転生 『オンラインストア向上委員会』
烈海王 異世界転生 赤枠が注目を集めた

ねとらぼ


実際にやることになった感想は。


陸井栄史


漫画に描いた通りです。加藤へ向けられる言葉がどこからともなく聞こえてきました。


【加藤へ向けられる言葉】バキシリーズ初期から登場する加藤清澄には時々厳しい言葉が投げかけられる。例:「アンタじゃムリだオレがかわる」(範馬刃牙)、「君では無理だ」(死刑囚・ドリアン)。

烈海王 異世界転生

ねとらぼ


レポ漫画の最終話で「ジャ●プ+へ行ってやる」と描いてました。本当に行ったんですか?


陸井栄史


行ってません(笑)。ただ、「烈やってほしいから、この漫画はもう終わり」みたいな感じで唐突に終了したのは本当です。


ねとらぼ


ちなみに『オンラインストア向上委員会』の単行本がでる予定は?


烈担当


…………。いつか、烈が爆売れしたら……。


陸井栄史


…………。(真顔で担当を見つめながら)


ねとらぼ


「烈海王異世界転生」のアイデアを聞いたとき、イケると思いました?


烈担当


私はもともと板垣先生の担当で、週刊少年チャンピオン編集部時代は『刃牙道』をやっていました。だから、本当は踏み込みたくなかったんですが、先ほどもいったように編集長から「これをやらずして月チャンにはいられんぞ!」と圧を与えられて板垣先生に伝えるときは本当に震える思いでした。


れんじ


秋田書店さんのノリはすごいですね。


烈担当


板垣先生はとても心が広いので、作品はいじってくれていいよというタイプなんです。ただ、スピンオフとなるとハードルが高くて、烈は大事なキャラクターですし。板垣先生には雑誌が出来上がったその日の夜に初めて持って行ったんですよ。


れんじ


当日!?


烈担当


一応事前に「陸井さんが烈を描きます」と報告はしていたのですが、原稿を見せたのは本当に当日で。板垣先生は「異世界ってなんだ?」「なんで死んだらこんなとこにいくんだ?」とシンプルに尋ねてくるので、「先生、異世界転生ってこういうもんなんですッッ」と無理やり説明して。非公認で構わないので始めさせてください、と。


陸井栄史


僕はその場にはいなくて、現地の画像だけ送られてきたんですが、それでも怖かったです。


れんじ


それで非公認なんですね。


烈担当


まっとうなやり方をまったくしていないゲリラ的スピンオフです。今後、公認を取れるよう頑張ります。


ねとらぼ


板垣先生の感想はどうでしたか?


烈担当


楽しんでいただけたのではと思っています。今回の原稿は陸井さんが全て描いているんですが、烈のコマを見たときに先生が「俺の原稿を使ったな!」と仰られて。克巳のシーンも「描いた記憶あるよ」と感心されていましたこれ本当に陸井さんが描いているんですよ! 何箇所か勘違いされないように「※陸井さんが描いています」と注釈付けようかと思いました(笑)。


烈海王 異世界転生 烈のコマ。原作は「共に分かち難く……」

陸井栄史


克巳のところは原作のシーンそのままにするか、アングル変えようか考えて、象徴的なシーンなのでこれでいっちゃおうと。


烈担当


あと、ちょいちょい出てくる剣士とかモブキャラの顔が刃牙の観客顔なので、「こういうのチラチラやられるとサブリミナル的に刃牙を読んでいる気分にさせられる」とも仰っていました(笑)。


烈海王 異世界転生 モブキャラ

ねとらぼ


陸井さんはどうしてこんなに絵が上手なんですか。板垣先生のアシスタント経験があったりするんですか?


陸井栄史


全然ないです。板垣組にはむしろ落ちたことがあります。以前、ネットで募集があったとき提出したらスルーされました(笑)。刃牙絵は学生時代から練習していて、殴るときに笑っているの斬新だなとか。デビュー前は関西在住だったんですが、それだと漫画家アシスタントはなかなか見つからないんですよ。応募しても誰も雇ってくれないのでそのままデビューしました


烈海王 異世界転生 (C)板垣恵介(秋田書店)1992

先のことを考えると刃牙にならないッッ!!


れんじ


今回、一挙3話で80ページ載ってますね。制作体制はどんな感じですか?


烈担当


最初は陸井さん1人で挑戦していたんです。でも、刃牙のノリを再現しながら異世界転生的なネームを作るのと、さらに刃牙の絵に寄せていく作業を同時にやるのは難しくて。もう1人の力が必要だとなって、猪原さんに参加していただきました


れんじ


先の展開は決めているんですか?


烈担当


猪原さん側の話になりますが、当初は異世界らしくある程度決めていたんです。「ここでお城行って、ここで誰か助ける」とか。でもそうやってやると刃牙にならないんですよ! それで何回かネーム切ってもらったあとに「もう先のことを考えるのはやめましょう」と話して。だからどうなるのかわれわれもわからない。


ねとらぼ


先のことを考えないと刃牙っぽくなるんですね(笑)。バキの花山vsスペックも描きながら結末を考えていたそうですしね。


烈担当


板垣先生的ネームの作成に時間もかかりましたし、陸井さんには一気に80ページを埋めてもらう感じでした。


陸井栄史


ドンってきて。むちゃくちゃなと思いながらやりました。実はアシスタントさんが加わったのが締切1カ月前で、それまでは「正直無理かな……」と思っていたんです。でも、中村さんが今までにない真剣なトーンで、延長交渉できる空気じゃなくて。


烈担当


すみませんでした! くみ取っていただいてありがとうございます! でも1カ月で80P描けるとはいいこと聞きました。


れんじ


中村さんは結構煽ったんですか?


烈担当


締切的にはそうかもしれないですけど、絵的には冒頭8Pの下書きを見たときに「陸井さんマジだな」と感動して。もうあがってくるものを楽しみに待つだけでした。ネームからの変更点もそれなりにあるんですが、陸井さんが一番詳しいので、猪原さんとは「陸井さんがそういうんだったら、刃牙ってそうだよね」と受け入れています。2人の力が合わさってより刃牙に近づいている!


烈海王 異世界転生 (C)板垣恵介(秋田書店)1992

『刃牙道』担当編集として烈海王の最期を見届けたッッ!!


ねとらぼ


陸井さんと刃牙の出会いを聞かせてください。


陸井栄史


小〜中学生の頃に『浦安鉄筋家族』を読んでいたら、作中で刃牙パロディが出てきて、それで存在を知りました。初めて読んだのは刃牙vs猪狩。兄が買ってきた雑誌に猪狩の「シャイシャイ」が載っていたんですよ。あれは印象に残りました。そこからトーナメント編を飛び飛びで読んで、斗羽と猪狩の外伝でガーンとなって、死刑囚編からどっぷりハマりました


【斗羽と猪狩の外伝】『グラップラー刃牙 外伝』のこと。プロレス界のレジェンド・アントニオ猪狩とマウント斗羽の対決を描いた。斗羽のモデルであるジャイアント馬場さんが亡くなった1999年に発売された。

烈海王 異世界転生 (C)板垣恵介(秋田書店)1992

れんじ


死刑囚編いいですよね。花山薫が大好きです。刃牙はホスト仲間でも人気で、後輩が花山薫という源氏名つけようとしていました。まだ飲むかい? みたいな。


陸井栄史


(笑)。僕はスペックのヤバい奴っぷりが好きです。側にいてほしくないけど見ている分には面白い。当時学校で死刑囚で誰が一番強いかと話していて、自分は絶対シコルスキーだと力説していたんですけど、本編がだんだん予想外なことになって……。


ねとらぼ


刃牙の世界は強さがゆらぎますからね。中村さんは刃牙担当をどれくらいしていたんですか?


烈担当


『刃牙道』の序盤から武蔵vs本部の途中までです。だから烈が死ぬときの担当だったんですが、まさか転生まで担当することになるとは……。


ねとらぼ


烈が死んだときどう思いました?


烈海王 異世界転生 (C)板垣恵介(秋田書店)1992

烈担当


刃牙は展開が決まっているわけじゃないので、担当も毎週どうなるかわからないんですよ。「先生、宮本武蔵が剣持ったらもう相手は死ぬじゃないですか」「そうだなぁ死ぬかもなぁ」と話していて、ある日ネームみたら死んでいて驚きました。先生自身「ここで死ななきゃ俺は信用されない」と仰っていて、「じゃあ……やっちゃうんですね」と話した記憶はあります。


陸井栄史


読者的にはあっさりしすぎというか、ちょっと信じられない部分がありました。「徳川の力でよみがえるんじゃないか」と思っていました柳龍光だって「REVENGE TOKYO」で復活したじゃないですか。でも、しばらくして板垣先生の発言があり、読み返すと背骨両断されて内臓出ているし「こりゃ死んだわ」と。


【REVENGE TOKYO】最凶死刑囚5人の「その後」を描いたエピソード。新装版『バキ』13巻より収録。2020年にアニメ化され、Netflixで配信中。


異世界の烈海王は別個体!?


ねとらぼ


ファンの間では、烈海王復活は定期的に話題になっていました。同人誌の烈海王異世界転生もクオリティが高くて。


烈担当


技術力高かったですね。われわれも負けないようにしないと。


ねとらぼ


『バキ道』で克巳の右腕として復活したじゃないですか。あれについては?


陸井栄史


予想外でした。でも、あくまでこちらは外伝であって、本編で右腕だけ残っていても異世界の烈とは関係ない。もし今作を読んで「こんなの烈じゃねぇ」と思ったら、別個体として捉えていただければ


ねとらぼ


陸井さんはTwitterで刃牙のパロディを描いていますね。あれがとても上手で。


陸井栄史


原稿の練習として描いています!


烈担当


そう言われると……(笑)。Twitterは見なかったことにしています


烈海王 異世界転生 「更なる高みへ昇る為 YouTuber活動を始めたジャックハンマー」
烈海王 異世界転生 「その日を境に世界中の格闘士達が次々とYouTuber化を開始めたというのじゃが………(略)」

ねとらぼ


『バキどもえ』も公式スピンオフなのにはっちゃけていたので、ギャグには寛容なのかなと思っていました。陸井さんの絵は最新の刃牙とは違いますよね。グラップラーとバキの中間というか。


陸井栄史


原作の再現シーンでは、多少中間に寄せています。


烈担当


絵柄は変化していますからね。陸井さんの絵の加減は沢さんも絶賛していましたよ。


【沢さん】現秋田書店取締役。『週刊少年チャンピオン』の9代目編集長。『チャンピオンRED』の初代編集長でもあり、『グラップラー刃牙』や『シグルイ』を立ち上げた。


れんじ


僕も刃牙の絵を時々描くんですけど、手本を見ないとわからないですね。ほっぺの筋肉がすごかったり。


烈担当


あれ先生の作りなんですよ。あんなところに筋肉ある人はいない。「これ描くと強そうに見えるんだ」と言ってました。他に資料がない絵ですからね。


烈海王 異世界転生 ポケホスの刃牙絵

烈海王異世界転生は一大プロジェクト!!


ねとらぼ


今後の目標はありますか。


陸井栄史


この場にはいませんが猪原先生と協力して皆が見たい烈海王を描ければと思います。あと短期間でたくさん烈を描きすぎてアシスタントに烈がいる夢を見たので(うなされて目覚めたのでジャンルは悪夢)今後はリアルシャドーで烈を見れる様にしたいです。


れんじ


アニメ化もいけそうですよね。


陸井栄史


Netflixさんお願いします!


烈担当


目標はまずは公認! あと私が楽しみにしているのは全ページ、陸井さんが描いたとは思えない原稿がくることです。「全部コピーじゃないですか!」と思ってしまうようなのが届いたら感動します。


れんじ


この作品が実現したことで刃牙の可能性が広がったと思います。これで大成功したら、もっといろんなことがいけるでしょうね。烈海王がYouTuberになったり。


陸井栄史


天内悠異世界転生とか。


【天内悠】米大統領のボディーガード。範馬勇次郎の推薦で最大トーナメントに出場し、愚地独歩と対戦。試合終盤で乱入した勇次郎に致命的なダメージを与えられた。2001年のアニメ版だと最終回に生存描写がある。

烈担当


もう一大プロジェクトですよ! これは重いですよ!


陸井栄史


頑張ります。


烈海王 異世界転生 (C)板垣恵介(秋田書店)1992

(了)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/23/news039.jpg 梅宮アンナ、娘の20歳バースデーに“姉妹のような親子”ショット 2002年にアメリカで出産「あれから20年かぁ」
  2. /nl/articles/2201/23/news005.jpg 雪道で「ルンルン♪」と木の棒を運ぶワンコ→次の瞬間 雪が落下するハプニングに混乱!!【ノルウェー】
  3. /nl/articles/1903/17/news030.jpg 武田久美子、離婚した米国人夫との写真公開 “日にち薬”の効用か「隣に居ても何とも思わなくなりました」
  4. /nl/articles/2201/23/news006.jpg 和尚様「この水あめは子どもが食べると毒」 → クロマトグラフで分離分析 全て数学で解決する漫画“理系一休さん”が頓知ゼロ
  5. /nl/articles/2201/23/news024.jpg ガンプラが品薄で買えないならランナーで作ればいいじゃない→できあがったガンダムが不思議と本物に見える
  6. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  7. /nl/articles/2201/23/news032.jpg 武田久美子、皮膚科医を目指す娘と2ショット 親密な姿にファン「姉妹にしか見えん」「憧れます」
  8. /nl/articles/2201/23/news013.jpg 【漫画】「パニック発作でバスに乗れない」とタクシードライバーに打ち明けたら…… 優しく愛あふれる言葉に涙した話
  9. /nl/articles/2201/22/news028.jpg 「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」
  10. /nl/articles/2001/14/news135.jpg つるの剛士ショック! 保育士免許取得に向けて勉強を始めるも受験資格満たせず 「受験資格をみて愕然…」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」