ニュース
» 2021年01月30日 09時00分 公開

松阪駅「松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼」(1500円)〜名松線に重ねる「あきらめない」気持ち!

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは松阪駅「松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼」(1500円)です。

[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
駅弁 松阪駅「松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼」(1500円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年4月14日)

駅弁 キハ11形気動車・普通列車、名松線・伊勢奥津駅(2017年撮影)

紀勢本線・松阪駅と伊勢奥津駅を結ぶ「名松線(めいしょうせん)」。

沿線の市長さんが、自ら「奇跡の名松線」と記すほど、ドラマのある路線です。

国鉄の「赤字83線」「特定地方交通線」となりながら廃止を免れ、平成21(2009)年の台風被害では不通区間のバス転換を打診されるも、地元の熱意で復活を果たしました。

現在は、JR東海エリアではココだけとなったキハ11形気動車が活躍しています。(参考)広報つ!(2016年8月1日号)ほか

駅弁 松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼

名松線の始発駅・松阪の駅弁を手掛ける「新竹商店」。

長距離の移動はもちろん、外出も厳しいご時世にあっても、駅弁の「通信販売」に対応しているので、自宅から外出しなくても、「駅弁」をいただくことができます。

今回は、「松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼」(1500円)も一緒に注文してみました。

平成13(2001)年10月から販売されている焼肉&そぼろ丼の駅弁です。

駅弁 松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼

「松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼」は、紐を引き抜いて蒸気で温める「加熱式駅弁」。

いつでもどこでも、ホカホカの駅弁をいただくことができるのが嬉しいですね。

なお、通信販売のクール便ですと、加熱式駅弁もかなり“冷え冷え”の状態で届きます。

冷えたまま紐を引き抜くと、発熱材の熱量が不足してしまう場合がありますので、できれば、『常温に戻して加熱』するのがお薦めです。

駅弁 松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼

【おしながき】

  • ご飯(三重県産コシヒカリ)
  • 国産黒毛和牛焼肉
  • 牛肉そぼろ煮
  • 錦糸玉子
  • 紅生姜
  • かまぼこ
  • ごぼう
  • しいたけ煮
  • うぐいす豆
  • さくら大根漬
駅弁 松阪名物黒毛和牛 うま〜いどん丼

新竹商店自信の国産黒毛和牛を使った焼肉丼と、自慢の牛肉そぼろ煮を使ったそぼろ丼がダブルで楽しめる「うま〜いどん丼」。

“ドンドンお召し上がりください!”の意味を込めたネーミングだといいます。

蒸気で温まるまで、食べたい気持ちをグッと我慢してからふたを開けると、白い湯気と共に、彩りのある弁当が現れて、その名の通り、箸が“どんどん”進む駅弁です。

駅弁 キハ11形気動車・普通列車、名松線・家城駅(2017年撮影)

平成28(2016)年の名松線全線運転再開に当たっては、地元の皆さんの熱意が大きかったと伝えられています。

JR・自治体を大きく動かしたこの復活を「あきらめない」気持ちには、苦しい状況に置かれた、いまの私たちも気持ちが重なる点が多いと思います。

再び移動が自由になる時期が来たら、改めて足を運びたい名松線です。

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください



松阪駅「元祖特撰牛肉弁当(鳥羽のキハ5828)」

松阪駅「松阪名物黒毛和牛 モー太郎弁当」

和歌山駅「熊野牛の巻寿し」

和歌山駅「めはり寿司」

和歌山駅「さば寿司」

和歌山駅「熊野牛弁当」

沼津駅「静岡風便り 春めぐり」

伊東駅「五目ちらし寿し」

熱海駅「静岡いいところ弁当」

和歌山駅「小鯛雀寿し(6個入り)」



おすすめ記事

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響